京都の進化系コッペパン
「HAPPY BUNS」のひんやり冷たい夏限定コッペパン
その0

京都の進化系コッペパン 「HAPPY BUNS」のひんやり冷たい夏限定コッペパン

2018-08-14
12015 Point
観光名所、三十三間堂にほど近い場所で、京都らしいコッペパンを創作し人気を集めているお店があります。楽しいメニューは朝ごはんやブランチにぴったり。さらに夏限定で新たなひんやりメニューも登場し、暑い京都にぴったりな食べ歩きフードとなっています。

文/田口真由美

楽しくて美味しいコッペパン専門店「HAPPY BUNS」

楽しくて美味しいコッペパン専門店「HAPPY BUNS」
智積院や三十三間堂など、京都の観光名所が点在する京都・七条エリアにあるベーカリー&カフェ「HAPPY BUNS」はコッペパンの専門店。今までにない新しいコッペパンを創作して注目を集めているお店です。
京都の進化系コッペパン
「HAPPY BUNS」のひんやり冷たい夏限定コッペパン
その2
お店のショーケースを見ると、塩味の麺やうずらの煮卵、ナルトなど、本物のラーメンの味を詰め込んで再現した「ラーメン」や揚げを玉子でとじた京都のご当地丼、衣笠丼をイメージした「キヌガサ」など、どれも個性的。和のテイストを取り入れたユニークなコッペパンが並んでいます。

アイス感覚で楽しめる不思議なコッペパン

アイス感覚で楽しめる不思議なコッペパン
そんなコッペパンの専門店がこの夏新たに開発したのが、冷たいコッペパン「COLD BUNS(コールド バンズ)」。冷たいパンというとアイスクリームを挟んだものを想像しますが、コッペパンの中に入っているのはアイスクリームではなく、トッピングしている具材に合うクリーム。だから時間が経っても溶けることがなく、おいしく味わうことができるようになっています。フレーバーは「ベリー」「シロクマ」「スモア」の3種類。「ベリー」にはヨーグルトクリーム、「スモア」にはチョコレートクリームが入っていて、フルーツやローストしたマシュマロなど具材との相性も抜群です。
京都の進化系コッペパン
「HAPPY BUNS」のひんやり冷たい夏限定コッペパン
その4
凍った桃、パイン、みかん、甘納豆をトッピングした「シロクマ」には練乳カスタードクリームを合わせていて、シャリシャリ、ポリポリといろいろな食感。口の中で、鹿児島名物のあの「シロクマ」の味になる、不思議なコッペパンになっています。

一緒に楽しむドリンクはコッペパンに合うようにブレンドされたオリジナルブレンドコーヒーがおすすめですが、「レモンスカッシュ」や紫蘇のシロップで作る「バイスソーダ」など爽やかなオリジナルドリンクもそろっているのでこちらと合わせてみても。
「COLD BUNS」は夏の期間限定。涼しくなってきたら終了なので、京都を訪れたらぜひ楽しんでみてください。

◆HAPPY BUNS
住所:京都府京都市東山区東瓦町690
電話:075-354-5498

京都 コッペパン 旅色