新しいメディア型ホテル 「商店街HOTEL 講 大津百町」がグランドオープンその0

新しいメディア型ホテル 「商店街HOTEL 講 大津百町」がグランドオープン

2018-07-03
51853 Point
2018年8月10日、滋賀県・大津市に「街に泊まって、食べて、飲んで、買って」をコンセプトに掲げる、新しいメディア型ホテル「商店街HOTEL 講 大津百町」が開業します。
築100年以上の町家7軒を改装し、現代に合わせた快適性も備えた空間に生まれ変わった宿は、旅の新しい出会いの場を提供してくれそうです。
新しいメディア型ホテル 「商店街HOTEL 講 大津百町」がグランドオープンその1
大津はかつて「大津百町」と呼ばれるほど賑わった、東海道五十三次最大の宿場町。

「商店街HOTEL 講 大津百町」は、旧東海道と並行するアーケード商店街にある、築100年以上の7軒の町家をリノベーションし、デザイン面はもちろん、実用性と快適性を重視して、今後さらに100年使用できる“現代の町家”として蘇らせました。
新しいメディア型ホテル 「商店街HOTEL 講 大津百町」がグランドオープンその2
商店街で空き家となった町家を利用し、全室にバス・トイレを完備。防音・断熱も古民家としては最大限の工事を実施しています。7軒のうち5軒は家族や友人との旅に適した一棟貸切りタイプ、2軒はひとり旅やビジネスにも最適な部屋割りタイプとなっています。

フロントにはコンシェルジュが常駐。おすすめの飲食店はもちろん、朝食に最適なパン屋、モーニングのある喫茶店、昔ながらの提灯屋や簾屋など、街の見どころを案内してくれます。町家という特殊な空間に滞在しながらも、ホテル同等のサービスが受けられるのが特徴です。
新しいメディア型ホテル 「商店街HOTEL 講 大津百町」がグランドオープンその3
「商店街HOTEL 講 大津百町」では、各地の宿泊税や入湯税と同じように宿泊者一人から150円を宿泊料金に内包し、その総額を商店街に寄付して活性化に役立てます。

「講」が位置する大津周辺には、比叡山延暦寺、三井寺、石山寺を筆頭に、日吉大社、映画「ちはやふる」のロケ地である近江神宮、明智家の墓がある西教寺など、多くの歴史的資産が点在。
県内には佐川美術館やルイ・ヴィトンのショーが開催されたこともあるミホミュージアムなど、全国的にも著名で優れた美術館が多く、現在改装中の滋賀県立近代美術館も2020年にオープン予定となっています。
新しいメディア型ホテル 「商店街HOTEL 講 大津百町」がグランドオープンその4
朝食は江戸時代から続く日本のファーストフード「お茶漬け」をリ・デザイン。うなぎは長等商店街の川魚専門店「タニムメ水産」から。無添加の醤油や酒などの調味料を納入して、特別に製造してもらいました。

そのほか朝食では、コアユやスジエビなどの貴重な琵琶湖の幸、滋賀の郷土食材である、えび豆や湯葉、赤こんにゃくなどを提供します。もちろんすべて化学調味料無添加。滋賀・大津の食材が持つ「本来の美味しさ」を楽しめます。
京都駅から大津駅はJRでわずか2駅9分、新大阪駅からは新快速で35分。「商店街HOTEL 講 大津百町」は、滋賀の魅力を体験する旅をしたいときも、関西観光の拠点としても、京都や大阪で駅から離れた宿泊施設に泊まるより、はるかに便利なロケーションにあります。

町屋をリノベーションし、快適さも追求し、大津とのつながりを大切にしたホテルで、新しい旅の醍醐味を味わってみてはいかがですか?


◆商店街HOTEL 講 大津百町
所在地:滋賀県大津市中央1-2-6 近江屋(フロント棟)
電話番号:077-516-7475(10:00~21:00)
棟数:全7棟 ※うち5棟貸切タイプ、2棟に8室(1棟3室+1棟5室)
客室単価:9,900円~(1室2名利用時の1名料金/税別・サービス料込)
 

【関連記事】日本初上陸「レインドロップ」がついに解禁!大型グランピング施設営業中

2017年6月グリーンパーク山東敷地内にオープンした大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」で...

滋賀県 旅行 国内 宿 オープン 大津