ラグビーワールドカップ決勝戦に行く人におすすめなホテル
その0

ラグビーワールドカップ決勝戦に行く人におすすめなホテル

2019-09-18
29086 Point
9月20日にスタートするラグビーワールドカップ2019。アジアでは初の開催ということで、気になる人も多いのでは?注目の決勝戦は、11月2日に横浜国際総合競技場で開催。決勝前は会場に行きやすいホテルに泊まり、万全の状態で応援に行きましょう!

横浜定番の観光地も徒歩圏内 ホテルJALシティ関内 横浜

横浜定番の観光地も徒歩圏内 ホテルJALシティ関内 横浜

test.tabiiro.jp

日体大通り駅から徒歩約5分の「ホテルJALシティ関内 横浜」。周辺には中華街や山下公園、赤レンガ倉庫などがあり観光にも便利なホテルです。横浜国際総合競技場へは、電車で約45分ほどの距離です。

デザイナーが手掛けたという客室は、機能的で過ごしやすいことはもちろん、デザインも洗練されています。シモンズ社のベッドを採用し、寝心地の良さも抜群。また「コンフォートフロア」には、JALのファーストクラスでも使われている「エアウィーブ」のマットレスと枕を用意。移動で疲れた体を優しく包み込み、翌日は抜群のコンディションで応援に向かえます。

全室加湿器付空気清浄機が設置され、バスルームにはミストシャワーを完備。和・洋・中40種類以上の料理が楽しめるブレックファストブッフェは、7:00~10:30の間開催されているので、少しくらい寝坊しても食べ損ねる心配がありませんよ。


セキュリティー万全で女性のみの宿泊も安心 三交インGrande東京浜松町

セキュリティー万全で女性のみの宿泊も安心 三交インGrande東京浜松町

test.tabiiro.jp

「三交インGrande東京浜松町」は、浜松町駅から徒歩約3分のホテル。東京モノレールで羽田空港と直結しているから、首都圏以外から応援に来る場合とっても便利です。横浜国際総合競技場へも電車で約40分と行きやすいですよ。

全米で人気のSerta社のマットレスと羽根布団を採用した客室は、バス・トイレ・洗面台がそれぞれ独立して使いやすいのが特徴。基礎化粧品をはじめとしたアメニティーが充実していて、手ぶらで宿泊しても困らないくらいです。これなら荷物をだいぶ軽くすることができますね。また、備え付けの枕が合わない時は、まくらBARから好みのものを選ぶのがおすすめ。低反発ウレタンや羽根など6種類から選べます。これで、ぐっすり寝られそうですね。

夜は入口がロックされ、宿泊者のみ出入り可能。エレベーターにまでセキュリティーシステムが導入され、女性だけの宿泊でも安心感があります。ロビーには無料で使えるパソコンとプリンターも設置。ネットで調べた情報をすぐにプリントアウトできますよ。出発前に決勝戦までの道程やラグビーのルールを調べたり、会場周辺の観光スポットをリサーチするのに便利ですね。


世界一の朝食シェフとのコラボ朝食が自慢 ホテル龍名館東京

世界一の朝食シェフとのコラボ朝食が自慢 ホテル龍名館東京

test.tabiiro.jp

「ホテル龍名館東京」は、東京駅八重洲北口から徒歩約3分の好立地ホテル。他にも4駅6路線が徒歩10分圏内にあるから、どこへ行くにも便利です。横浜国際総合競技場へも、電車で約35分とアクセス抜群ですよ。

目的別に選べる12タイプの客室は全室禁煙。もともと旅館からスタートした名残から、和室を繋げた部屋もあり広さも十分。家族やグループでの宿泊にピッタリです。

また、このホテル1番の自慢は、日本一の朝食シェフとして知られる矢吹シェフと総料理長がコラボした朝食「東京ブッフェ」。地元食材を含め、日替わりで36種類もの新鮮な野菜を楽しめるほか、腕によりをかけた和洋折衷料理を堪能できます。


おわりに

どのホテルも決勝戦の会場に行きやすいだけでなく、普通の旅行でも泊まってみたくなるほど魅力にあふれた場所ばかり。すぐに満室になってしまう可能性が高いので、早めの予約で部屋を押さえておきましょう。

ラグビー ワールドカップ 宿 旅行