定番だからこそ、もう一度。改めて訪れたい鳥取県の観光スポットその0

定番だからこそ、もう一度。改めて訪れたい鳥取県の観光スポット

2017-10-18
25184 Point

image source: tabiiro.jp

山陰の豊かな自然や文化に触れられる鳥取県。今回は、一度は行ったことがある方でも、また行きたくなる魅力がある観光スポットをご紹介します。

鳥取砂丘

鳥取砂丘

tabiiro.jp

鳥取県で外せない観光スポット、「鳥取砂丘」。東西は約16キロ、南北は約2.4キロに及ぶ砂丘は天然記念物にもなっています。近くにはドライブインレストラン「鳥取砂丘会館」やレストハウス、おみやげ屋、「鳥取砂丘砂の美術館」も揃っているので一通り観光するに便利な場所にあります。

風や潮によって砂に模様がついていく姿を眺めたり、砂と海の交わる絶景を眺めたり、ラクダに乗ったりと砂漠を満喫しましょう。


◆鳥取砂丘
住所:鳥取県鳥取市福部町湯山
電話番号:0857-22-3318


白兎海岸

白兎海岸

tabiiro.jp

「白兎海岸」は、日本の神話である「古事記」に出てくる「因幡の白兎」の舞台です。むかしむかし、兎が隠岐の島から海を渡る時に「何匹いるか数えてあげる」とワニザメをだまして背中を渡ったためにワニザに毛をはがされたものの、大国主神に助けられたという兎の話です。

「白兎海岸」は日本の渚百選にも選ばれていて、水がきれいな浜としても有名。のんびり散策して自然と触れ合うのもおすすめです。夕暮れ時には美しい夕陽が眺められるので、ぜひカメラをもって訪れてみてください。


◆白兎海岸
住所:鳥取県鳥取市白兎
電話番号:0857-22-3318


三徳山三佛寺

三徳山三佛寺

tabiiro.jp

鳥取県を代表するパワースポットである「三徳山三佛寺」は、日本一危険な国宝と言われている投入堂があることで有名。投入堂までは宿入橋から700メートル先にあり、そして高さが200メートルあります。とにかく約40分と時間もかかるので、参拝すれば人生観が変わるとも言われています。

岩壁に建つ荘厳で美しい建築や、四季折々の姿も見どころです! 参拝にはわら草履が推奨されているので、ぜひわら草履をはいて雰囲気を味わいましょう。


◆三徳山三佛寺
住所:鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
電話番号:0858-43-2666
営業時間:8:00~17:00(閉門) ※投入堂は~15:00(最終受付)
料金:400円、志納金(投入堂参拝)200円


大山

大山

tabiiro.jp

日本百名山にも数えられ、中国地方を代表する最高峰の「大山」も、鳥取県の定番観光スポット。神聖な山として古くから崇められ、鳥取砂丘と並ぶ鳥取県を代表する自然遺産です。

夏山登山やキャンプ、冬のスキーなど、四季を通じてアウトドアを楽しめるレジャースポットでもあります。その美しさから、東の富士山、西の大山と称されることもあるんだとか。登山だけではない楽しみがあるのも、大山の魅力のひとつと言えるでしょう。


◆大山
住所:鳥取県西伯郡大山町大山
電話番号:0859-52-2502


鳥取県 定番 観光 旅行 国内 自然