見て、習って、踊れる!?「盆踊り居酒屋」が新宿に限定オープンその0

見て、習って、踊れる!?「盆踊り居酒屋」が新宿に限定オープン

2019-05-22
38586 Point
2019年5月24日(金)、お好み焼き、焼き鳥、海鮮、肉バルが楽しめる歌舞伎町にある居酒屋「新宿産直横丁」にて、「盆踊り居酒屋」が限定オープンします!日本に昔から伝わる「盆踊り」を、見て、習って、一緒に踊れる楽しいイベントです。外国人観光客も多く参加することが予想されるので、ちょっとした異文化交流もできちゃうかも!?

踊っても鑑賞しながら飲んでもよしの「盆踊り居酒屋」とは?

踊っても鑑賞しながら飲んでもよしの「盆踊り居酒屋」とは?
2019年5月24日(金)に新宿歌舞伎町にある横丁形態の居酒屋「新宿産直横丁」で限定オープンする「盆踊り居酒屋」は、日本文化の盆踊りを浴衣と飲食とともに体験できる参加型のエンターテインメントです。

お好み焼きや肉バル、海鮮、焼き鳥が楽しめる「新宿産直横丁」で飲食をしながら全国で人気の盆踊りを鑑賞したあとは、自分たちも実際に浴衣を着て一緒に踊ることができます。5月17日(金)に初開催され、今回2回目となりますが、一年中盆踊りを楽しめることを目標に、今後も定期的な開催が予定されています。

プロの踊りを体感するプログラム

プロの踊りを体感するプログラム
日本で昔から続いている文化「盆踊り」を体験できる「盆踊り居酒屋」は、約千年の歴史を持つ伝統を体験してもらいたいという思いから、「日本盆踊り協会」と居酒屋チェーンがコラボして企画したもの。

席に着いたら30分ほどドリンクやフードを楽しむ時間があり、その後盆踊りショーがはじまります。盆踊りの定番「東京音頭」と「炭坑節」を鑑賞したあと、プロのパフォーマーが直接盆踊りの仕方をレクチャー! 参加者みんなで輪になって盆踊りを始めます。もちろん、踊りへの参加はちょっと……という人は見ているだけでも大丈夫。ショーを鑑賞しながら、ドリンクやフードを楽しんでください。

外国人観光客との異文化交流も

外国人観光客との異文化交流も
「盆踊り」は北海道から沖縄まで、これからの夏のシーズン日本全国で行われる夏の風物詩です。千年近い歴史を持ち、日本の昔ながらの浴衣を着て、独特のリズムで踊る「盆踊り」は外国人観光客にとっても注目の文化。ところが、実際に盆踊り会場に行っても浴衣を持っていなかったり、踊り方がわからなかったり、地域の人々ばかりだったりして中に入りづらいという意見も。

そのため、踊り方を教えてくれて誰に対しても開かれているこの「盆踊り居酒屋」は外国人観光客の初めての盆踊り体験としてはぴったり! 場所もロボットレストランやサムライミュージアムで人気が高まっている新宿歌舞伎町なので、観光案内がてらおすすめしてみてください。当然外国人観光客が多く参加するので、改めて日本の文化を見直しながら、異文化交流をはかるチャンスにもなりそうです。

日本ならではの食も楽しめる

日本ならではの食も楽しめる
「盆踊り居酒屋」では、日本ならではの食文化や盛り上がるお酒の席が体験できるのも特徴のひとつ。会場となる「新宿産直横丁」では、産地にこだわった新鮮な食材を、気取らない陽気な空間で楽しめるのが魅力です。

居酒屋メニューとして人気があり、日本では夏のビールのお供に欠かせない枝豆や、新鮮なお刺身の盛り合わせ、定番メニューの焼き鳥に、日本のソウルフードといえる香ばしい焼きおにぎりなど、日本の夏をひと足早く楽しみましょう!


◆盆踊り居酒屋
場所:新宿産直横丁
会期:2019年5月24日(金)
時間:19:00~21:00
料金:6,500円 飲み放題付

おわりに

日本の夏をひと足早く体験できる「盆踊り居酒屋」は、踊りを見て、習って、自分も踊ることができる体験型のエンターテインメント。楽しい夜になること間違いなしです。日本の夏の風物詩、盆踊りをみんなでワイワイ楽しみませんか?

盆踊り 居酒屋 限定 旅行