#台湾からの伝書鳩 日本で馴染みの春水堂からも! 応戦メッセージが届きました。その0

#台湾からの伝書鳩 日本で馴染みの春水堂からも! 応戦メッセージが届きました。

2020-06-09
19988 Point
緊急事態宣言が解除され、少しずつ街中に賑わいがもどってきました。とはいえ気兼ねなく旅行に行くにはもう少し時間がかかりそう。海外旅行はさらにハードルが高く、世界でもいち早く終息した台湾でさえ海外渡航者の受け入れは10月からを想定しているとか。そんな中注目されているのが台湾在住の日本人ライターnezumi_tokuhainさんが企画する「#台湾からの伝書鳩」と題した日本に向けられた応援メッセージの数々。同じ難局に立ち向かう同志から集められたメッセージをご紹介します。

台中に本店を構えるタピオカミルクティー発祥の店「春水堂」からは動画でメッセージが

日本でも15店舗を構える「春水堂(チュンスイタン)」。台中にある本店は1Fから3Fまでと広々とした空間で、一躍大ブームを引き起こした「タピオカミルクティー」はもちろん、オリジナルのフレッシュティーやフードも楽しめます。


#台湾からの伝書鳩 日本で馴染みの春水堂からも! 応戦メッセージが届きました。その2
メッセージボードには「一緒にがんばろう」「コロナはきっと終わる!素晴らしい時はきっと来る!」「信念を持ち続け果敢に前に進もう!」など、励ましの言葉が並んでいます。

「日本にも春水堂の店舗が15店舗あるので、みなさまが大変な思いをしているのがとてもよくわかります。スタッフたちの元気な笑顔を通して、みなさまへの心からの想いと前へ向かう力を感じていただければと思います。またすぐにお会いできると信じています。(一部引用)」/二代目経営者の劉(リゥ)さん

◆春水堂(台中本店)
住所:台中市西區大墩19街9號
電話:04-2327-3647

台湾料理のイメージが変わる! 台湾料理とシャンパンのお店・富錦樹台菜香檳(フージンツリー)も

台湾料理とシャンパンとともに楽しむ新しいスタイルの店として人気を集めているこちらのお店。日本でも2019年9月、日本橋の「コレド室町テラス」に初上陸しました。屋台で食べるローカルフードのイメージが強い台湾料理ですが、洗練された空間でシャンパンとの組み合わせを楽しめば、新しい本場の味が見つかるはずです。

#台湾からの伝書鳩 日本で馴染みの春水堂からも! 応戦メッセージが届きました。その4
「日本に留学経験がある私は日本に対して大変深い思い入れがあります。台湾のおいしい料理を通して、日本人観光客の方々にすばらしい思い出を作っていただけるのが、私にとって何よりも光栄です。 今回のコロナの状況は非常に厳しく、私たちを離ればなれにしました。お互い遠い所にいますが、心はいつも一緒です。(一部引用)」/富錦樹グループ創始者Jayさん

◆富錦樹台菜香檳(台北本店)
住所:台北市松山區敦化北路199巷17號1樓
電話:02-8712-8770

飲食店だけじゃない、台北で人気のホテル「華泰王子大飯店」からも

メッセージは飲食店のものだけではありません。中山区のホテル「華泰王子大飯店」(GLORIA PRINCE HOTEL Taipei)からも。日本語が話せるスタッフがいる安心感がありつつも、本格的な台湾グルメを楽しめるほか、観光やショッピングに便利な立地のため、リピーターが多いホテルです。

「何ヶ月か前までは、当ホテルのレストランや客室で必ずといっていいほど日本の皆さんの姿を目にする事ができ、日本語での楽しそうな話し声や笑い声が聞こえていました。今回のコロナウィルスの件で、私たちはしばらくの間、みなさまの笑顔にお会いすることができません。 でも私たち全員がよく手を洗い、マスクをするなどの対策をし、実行していけば、コロナは過去のものになると信じています。(一部引用)」/ホテルのみなさん

◆華泰王子大飯店
住所:台北市林森北路369號
電話番号:02-2581-8111

メッセージは40通以上! 日本からのお返事も募集中

#台湾からの伝書鳩 ではほかにも、ドライフルーツやお茶などのお土産を扱う「新點子食品」や、村全体に描かれたカラフルなイラストが写真映えすると人気のスポット「彩虹眷村」など、40件以上の施設からの応援メッセージが集まっています。

この活動をはじめた台湾在住のnezumi_tokuhainさんによれば、旅行に行けない期間にも自宅で台湾料理をつくったり、過去の旅行の写真をSNSにアップしたりと、日本人のみなさんから”台湾愛”をひしひしと感じたのがきっかけだったそう。お世話になったお店に企画書を送ってメッセージを集めはじめたところ、想像以上に多くの施設から届いたといいます。

「今では、企画書を送ったお店以外にも、Instagram上でリクエストコメントを募集して、みなさんが会いたがっているお店の方々に替わりに会いに行き、現状の様子を伺ったり、メッセージをもらったりしています。意外だったのは、有名店へのリクエストだけでなく‟親切にしてくれた店員さんに会いに行ってほしい”という声が多かったこと。料理のおいしさや景色の美しさだけでなく、人のあたたかさの魅力に改めて気づかされました」

今後も伝書鳩として、日本からのメッセージも発信していきたいとのこと。過去にお世話になったお店、旅行のたびに行く定番スポット、いつか行きたい憧れのホテルなど、思い浮かぶ方はぜひ活用してみて。

おわりに

「早く台湾旅行が解禁になってほしいので、この企画が長引かないように、というのも願いのひとつです」とnezumi_tokuhainさん。世界中で観光に関わる多くの施設が、この現状を乗り越えようと奮闘しています。日本と馴染みの深い台湾ではなおのこと、観光客を心待ちにしている人がたくさんいることが伝わりますね。メッセージはもちろん、来るべき台湾旅行の候補地としてもInstagramにて「#台湾からの伝書鳩」をぜひチェックしてみてください。

旅行 台湾 春水堂 海外旅行 タピオカ コロナ