感動の一枚の頂点は?旅色×JTBトラベルギフト「第2回フォトコンテスト」結果発表その0

感動の一枚の頂点は?旅色×JTBトラベルギフト「第2回フォトコンテスト」結果発表

2016-12-27
171482 Point
好評につき、今年も開催された「第2回旅色フォトコンテスト 忘れられない一枚」。今までに訪れた旅先で撮影した『風景』や『スポット』などなど、もう一度訪れたい、また誰かと行きたい、忘れられない旅の思い出の一場面を募集しました。この度厳正な審査の結果、3名の受賞が決定!
気になる受賞作をご紹介します。

グランプリ

グランプリ
・撮影者
ako さん

・撮影場所
北海道 美瑛 青い池


・写真にまつわる思い出
「青い池では2年前から冬にライトアップがされるようになり、それが見たくて初めて冬の美瑛を訪れました。この日の青い池は月が出たと思ったら雪がチラついたりと様々な表情を見せてくれたので、マイナス10℃の中、1時間以上も滞在してしまいました。「冬の北海道」にはまるきっかけとなった旅です」

撮影場所の「北海道 美瑛 青い池」とは?

撮影場所の「北海道 美瑛 青い池」とは?

tabiiro.jp

北海道上川郡美瑛町白金にある「青い池」は、枯れた木が立つ幻想的な風景があることで有名なスポット。

突如として生まれたという神秘的な水は、美瑛川に地下水が混ざり、コロイドという成分ができたために青い色をしているそう。雪が降ると、あたり一面が真っ白となり、いっそう幻想的な風景となります。

現在、17~21時の間にライトアップもされ、多くの観光客が訪れています。ライトアップは来年2月末までの予定なので、この機会にぜひ訪れてみたいですね。


準グランプリ

準グランプリ
・撮影者(ニックネーム)
kei さん

・撮影場所
山口県 角島大橋

・写真にまつわる思い出
「外国人の彼女が初めて日本に来た時、一緒に行った山口県の角島大橋。”just beautiful”この言葉が聞けただけで、嬉しくて、そして日本を誇らしく思えた」

撮影場所の「山口県 角島大橋」とは?

撮影場所の「山口県 角島大橋」とは?

tabiiro.jp

通行無料の橋として日本屈指の長さを誇る「角島大橋」。その長さは1780mで、コバルトブルーの海の美しさも相まって多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

橋の両端には公園が整備されているので、こだわりの一枚が撮影できます。

自動車のCMのロケ地としても有名なので、ぜひドライブがてら立ち寄りたい場所です。


JTB賞

・撮影者(ニックネーム)
mai さん

・撮影場所
京都府 永観堂

・写真にまつわる思い出
「紅葉が大好きな母と初めて紅葉に行った時の写真です。 ずっとこの写真を撮りたかったので、永観堂に行きました。遠いところに住んでいる祖父と祖母に写真を送ったらとても喜んでくれたので嬉しかったです」

撮影場所の「京都府 永観堂」とは?

tabiiro.jp

古くから紅葉の名所として知られる「永観堂」は、緑に囲まれた山の中腹に建っています。そのため、紅葉の時期になると真っ赤に燃える風景のなかに佇む、堂々とした多宝塔の姿を望めます。

通年紅葉シーズンはライトアップも行われますが、見ごろは2週間弱と短期間。美しいものこそ、はかなく散ってしまうことを教えてくれるスポットでもあります。


旅色×JTB トラベルギフト 「旅色フォトコンテスト」とは?

トラベルウェブマガジン「旅色」と、世界でたった1枚だけのオリジナルデザインができる「カード型旅行券 JTB トラベルギフト」が共同で行ったフォトコンテスト。

第2回となった今回は、約3400枚の作品の応募がありました。入賞された3名には「カード型旅行券 JTBトラベルギフト」が贈呈され、喜びの声が届いています。

今回のコンテストの結果をうけて、「月刊旅色」ではコンシェルジュが案内する「入賞写真の撮影場所」を巡る旅を掲載。各受賞者が撮影したスポットを詳しく紹介する予定です。

1月25日発行の「月刊旅色」2月号より随時掲載していくので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「第2回旅色フォトコンテスト 忘れられない一枚」の詳細はこちら

「JTBトラベルギフト」の詳細はこちら

旅行 旅色 JTB トラベル ギフト 写真 フォト コンテスト