京町家カフェ「然花抄院」の色が変わる!?不思議なかき氷その0

京町家カフェ「然花抄院」の色が変わる!?不思議なかき氷

2018-07-30
31536 Point
カステラや焼き菓子など、洗練されたパッケージも人気の菓子店「然花抄院」。築300年の町家をリノベーションした京都・室町にある本店にはカフェスペースがあり、夏限定の甘味が楽しめます。京都らしい雅な装いのスイーツはうっとりするほどキレイで涼しげですよ。

Text:田口真由美

京都らしさとデザインを追求。京町家に佇む「然花抄院」

京都らしさとデザインを追求。京町家に佇む「然花抄院」
地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩5分、室町通り沿いに店を構える「然花抄院」は、築300年の商家を改装した菓子店。地元京都の素材を贅沢に使ったカステラや焼菓子など、オリジナリティ溢れるお菓子が並んでいます。
京町家カフェ「然花抄院」の色が変わる!?不思議なかき氷その2
中でも看板商品は紙の器で焼き上げた「然」かすてら。丹波黒豆を食べ京都で育った鶏の卵を使用していて、もっちり、しっとりした生地は黄身の味が濃厚。華美な装飾を削ぎ落としたシンプルで美しいパッケージがおもたせにぴったりです。

ティールームで楽しむ、夏限定の涼し気な甘味

ティールームで楽しむ、夏限定の涼し気な甘味
京都室町本店は商家を改装しており、町家といっても間口も奥行きもあり広々とした空間が広がっています。暖簾をくぐると、販売スペースのほか、中庭を望むカフェやギャラリーもあって、落ち着いた和の佇まい。茶寮「然カフェ」では色々なお菓子を少しずつ楽しめるセットのほか、ここでしか味わえない期間限定のメニューもあり、街歩きの立ち寄りスポットとしても人気です。
京町家カフェ「然花抄院」の色が変わる!?不思議なかき氷その4
「然カフェ」ではこの夏限定で、黒蜜やすだちをかけて楽しむ爽やかな甘味「水車厘(みずぜりぃ)」が登場しました。天然水をほんのり甘いゼリーに仕立てていて、見た目でも喉越しでも涼を楽しむことができます。

色と味の変化に驚き!爽やかな夏限定のかき氷

さらに毎年「然カフェ」で人気を集めているのが「然花抄院」ならではの上品な氷菓「然ノ氷」。

中でもこの夏の新メニューとして注目を集めているのがキレイな紫色をした「光蜜氷(みつみつごおり)」です。リキュール入りの砂糖菓子が散りばめられたかき氷で、味の変化が楽しめるよう蜂蜜レモンのシロップが添えられていますが、これをかけると氷がピンク色に一変。目でも楽しみながら味わうことができる、不思議なかき氷なのです。
この「光蜜氷」は8月中旬までの期間限定。「然カフェ」では味わい豊かな京都産の抹茶も提供しているのでぜひ一緒に楽しんでみてください。


◆然花抄院 京都室町本店
住所:京都府京都市中京区室町通二条下ル蛸薬師町271-1
電話:075-241-3300
http://zen-kashoin.com/muromachistore/
 

【関連記事】発酵が結び付けた滋賀の食を満喫「星野リゾート ロテルド比叡」

星野リゾートが手掛ける宿泊施設「ロテルド比叡」は“発酵ガストロノミー”を提案しているオー...

かき氷 スイーツ 旅行 国内 カフェ 京都府