全部答えられる?日本の三大「美肌の湯」と知っておきたいポイントその0

全部答えられる?日本の三大「美肌の湯」と知っておきたいポイント

2016-12-18
131497 Point

image source: www.photolibrary.jp

温泉に入ると、体が温まるだけでなく肌もつるつるになりますよね。
日本に温泉は数多くありますが、その中でも特に肌への効果が期待される日本三大「美肌の湯」。
全部答えられますか?

日本三大美肌の湯

日本三大「美肌の湯」とは、数ある温泉の中でも特に美肌に効能があるとされる温泉を中央温泉研究所と温泉評論家の藤田聡氏が定めたものです。
日本三大「美人の湯」というのもありますが、こちらは昔から言われているものの、その由来はよくわかっていません。

中央温泉研究所は日本の温泉の成分などを調査する公益財団法人です。
温泉の化学分析、詳細な調査、給湯設備の計画設計、温泉地計画における情報提供を担っている機関なので、ちゃんとした調査に基づいて設定されたのが三大「美肌の湯」なんですね。

嬉野温泉

日本三大「美肌の湯」のひとつ目は、佐賀県嬉野市にある嬉野温泉です。
泉質はナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉で、ぬめりのあるお湯が角質化した皮膚をなめらかにするので、肌をつるつるにしてくれるのが特徴です。

九州を代表する温泉街があり、嬉野川をはさんで多くの温泉旅館が立ち並んでいるので、どこがいいのか迷ってしまうかもしれません。
無料の足湯や日帰り温泉もあるので、そちらもチェックしてみてくださいね。

この温泉は飲むこともできて、嬉野温泉を使ってつくられた温泉湯豆腐は嬉野温泉の名物となっています。

斐乃上温泉(ひのかみおんせん)

日本三大「美肌の湯」の二つ目は、島根県の奥出雲にある斐乃上温泉です。
泉質はアルカリ性単純温泉で、美肌効果のほかに美白効果も期待できます。
肌がつるつるになり、冷え症や疲労回復にも効果があるので女性には嬉しい温泉です。

斐乃上温泉にある温泉旅館は、「斐乃上荘」と「民宿たなべ」の二軒です。
山の麓にあり、豊かな自然の中で温泉に入れる斐乃上温泉は、大きな温泉街ではないのでちょっと通な感じがしますよ。

喜連川温泉(きつれがわおんせん)

日本三大「美肌の湯」の最後は、栃木県にある喜連川温泉です。
泉質はナトリウム塩化物泉で、硫黄、鉄分、塩分を含んだ珍しい泉質の温泉なんです。
トロリとしたお湯が気持ちのいい温泉ですが、美肌の他にも冷え症や疲労回復に効果があり、すぐに効果が実感できると評判のお湯です。

いわゆる温泉街はありませんが、日帰り入浴施設も充実しています。
「道の駅きつれがわ」でも日帰り入浴をすることができ、これは日本で最初の温泉を併設した道の駅としても知られています。
温泉スタンドもあるので、お湯を持って帰ることもできます。

おわりに

温泉に行った後の肌の手触りがいいと、嬉しくてつい何回も入ってしまいますよね。
そんな温泉の中でも特に美肌効果の高い「日本三大美肌の湯」に入れば、肌の調子も良くなるかも?
今度の温泉旅行の参考にしてください。

日本 三大 美肌の湯 温泉 国内 旅行 嬉野温泉 喜連川温泉 斐乃上温泉