旅に出かけたら立ち寄りたい!大自然が広がる岩手県の美景スポット4選その0

旅に出かけたら立ち寄りたい!大自然が広がる岩手県の美景スポット4選

2017-11-12
9480 Point

image source: tabiiro.jp

旅にでかけるなら、ぜひ足をのばしてほしいのが景勝地と呼ばれる美景スポットです。世界遺産・平泉で知られる岩手県には、三陸海岸や渓谷といった大自然に恵まれたエリアも多くあります。建物やグルメもいいですが、絶景に出合う旅をしてみてはいかがでしょうか。

岩手県にある美景スポット①北山崎

岩手県にある美景スポット①北山崎

tabiiro.jp

およそ8kmにわたり200mもの断崖が連なる「北山崎」。太平洋の荒波に揉まれてできた奇岩怪石、そして大小さまざまな海蝕洞窟などが見られ、迫力ある海岸線をつくり出しています。

この絶景は展望台から一望することができるほか、特に晴天時は太陽の光を反射して輝く海と合わさって、更に美しく輝きます。「海のアルプス」とも呼ばれる、三陸随一の景勝地です。


◆北山崎
住所:岩手県下閉伊郡田野畑村北山
電話番号:0194-33-3248(田野畑村総合観光案内所)


岩手県にある美景スポット②浄土ヶ浜

岩手県にある美景スポット②浄土ヶ浜

tabiiro.jp

江戸時代、ここを訪れてある僧が「まるで極楽浄土の様である」と評したと伝えられる「浄土ヶ浜」。青く澄んだ入り江は波が静かで、鋭くとがった白い岩と松の緑、そして海の青が絶妙なコントラストになっています。冬場の雪化粧をした姿も一見の価値あり。

レストハウスも近くにあるので、ゆっくりと自然の美しさを堪能しましょう。


◆浄土ヶ浜
住所:岩手県宮古市鍬ヶ崎
電話番号:0193-68-9091


岩手県にある美景スポット③厳美渓

岩手県にある美景スポット③厳美渓

tabiiro.jp

岩手県を流れる磐井川の中流に位置する「厳美渓」は、あの戦国武将の伊達政宗が絶賛したという逸話も残っている景勝地です。磐井川の浸食によって生まれ、その距離は約2kmにも及びます。

国の名勝天然記念物に指定され、上流では川の水が岩にぶつかり豪快な水しぶきを上げる様子が、下流ではうってかわって静かな流れに変わるなど、場所によって異なる景観を楽しめる点も魅力。長い年月を経て作り出された絶景は、いつまでも眺めていたくなるほどの美しさです。


◆厳美渓
住所:岩手県一関市厳美町
電話番号:0191-21-8413


岩手県にある美景スポット④龍泉洞

岩手県にある美景スポット④龍泉洞

tabiiro.jp

日本三大鍾乳洞に数えられている国の天然記念物「龍泉洞」は、奥から湧き出ている水がつくりだす地底湖の透明なブルー、芸術的な形の鍾乳石、そして洞内に棲むコウモリと、まるで探検をしているかのような気持ちで見て回れるスポットです。

内部は現在判明しているだけで3,600mあり、そのうち700mが公開されています。神秘の世界を感じさせる、不思議な体験ができるでしょう。


◆龍泉洞
住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉神成1-1
電話番号:0194-22-2566(龍泉洞事務所)
営業時間:8:30~18:00、10~翌4月は~17:00
定休日:無休
入館料:大人1,000円、小・中学生500円


岩手県 旅行 観光 国内 絶景