【台湾情報】絶景インフィニティプールが話題。高雄の文化を牽引する5つ星ホテルが誕生!その0

【台湾情報】絶景インフィニティプールが話題。高雄の文化を牽引する5つ星ホテルが誕生!

2022-11-05
10770 Point
台湾の国境が開かれ、各地を訪れる人々が日ごと増える今日この頃。コロナ禍の間に景色が激変した場所も少なくなく、久々の台湾は驚きに満ちた旅となることでしょう。発展目覚ましい高雄の現在も、ぜひご自身の目で確かめてほしいエリアのひとつです。例えば、総合再開発地「アジア新湾区」の中心地に10億元超(約47億円)を投じて造られたホテル「承億酒店TAI Urban Resort」がそびえる景色と存在感。2022年9月に正式オープンした5つ星クリエイティブ&デザイン・ホテルをご紹介します。

開国直前にオープン。復興を願う人々は、そのタイムリーさを大歓迎。

開国直前にオープン。復興を願う人々は、そのタイムリーさを大歓迎。
【台湾情報】絶景インフィニティプールが話題。高雄の文化を牽引する5つ星ホテルが誕生!その2
コロナ禍の只中、中華圏最大のクリエイティブ&デザインホテルブランドを牽引する承億グループが、時代に逆行するかのように打ち立てた計画は、高雄に5つ星ホテル「承億酒店TAI Urban Resort」をオープンさせることでした。承億グループによるホテルで島内一周を…というプランを推し進めるなか、高雄の地が選ばれたのです。この計画に寄せる高雄市の期待は大きく、9月にホテル内で行われた記者発表会には、高雄市長の陳其邁氏、副市長の史哲氏、中國信託慈善基金會の辜仲諒会長、台灣人壽の莊中慶統括部長ら、政界、産業界、学術界の錚々たる面々が参列。陳高雄市長は「この2年にわたるコロナ禍で、観光業界は全世界的に打撃を受けました。幸いなことに、現在は終息段階にあり、台湾の観光業界が開国に向けた準備を始めたまさにその時、承億酒店が開業にこぎつけたわけです」と、タイムリーなオープンを祝福。そして「この承億酒店の誕生により、高雄のアジア新湾区が五つ星ホテルの激戦区となり、観光資源が豊富な商業地区に新たな活力を吹き込むことでしょう」と、エリアの発展への展望を語りました。

マスコミも大絶賛! 台湾最長の高層インフィニティプール。

マスコミも大絶賛! 台湾最長の高層インフィニティプール。
【台湾情報】絶景インフィニティプールが話題。高雄の文化を牽引する5つ星ホテルが誕生!その4
この会見が行われたのは、24階に造られた台湾唯一の全長50mの高層インフィニティプール。眼前に広がるのはアジア新湾区のパノラマビュー。市街の景色はもちろん、西子灣の夕陽の鑑賞にも絶好のロケーションです。8月の試験営業中に台湾全土から訪れたゲストたち、そして会見に訪れた取材陣も、このインフィニティプールに魅了され“高雄で最も熱いチェックインポイントとなりうる”と評判を呼びました。日中は、暖かく差し込む日差しを浴びながら高雄港と空が青色でつながる絶景を。夕方の陽が沈む時間には、空一面に夕陽が輝き、夜にはキラキラの高雄の夜景を。どの時間帯に訪れても、心身のリラックスがかなうスポットです。承億酒店は、高雄の最も美しい景色を世界に紹介するホテルであることを宣言しています。

高雄市立図書館と空中回廊で繋がる、斬新なありように注目。

承億グループの躍進は、2011年に嘉義から始まりました。地元の文化を通したホテル美学の打ち出しを得意とし、各館に一つのテーマを設けた、文化的で創造性の高いデザインホテルブランドを創出してきました。そして、グループ内ホテルで、台湾本島をひとつなぎにすることを計画。今回は、山と海に抱かれた港街の高雄が選ばれました。また、承億酒店は、完璧なリゾート体験を提供すべく、総合宿泊施設とハイエンドダイニングの融合に重点を置いているのが特徴。ホテルの建物は高雄市立図書館の本館と空中回廊で繋がっていて、ホテル内の豊富なアートコレクションやインスタレーションに加え、さまざまな読書の視点からの本のディスプレイに出合うことができます。ほかにも。シリーズ構成された展覧や体験活動もあり、それらはこの承億酒店に独自性をもたらし、“アジア新湾区の文化サロン”としての存在感を高めています。

コンセプトは“ホテルを旅行の目的地に”。書物が導く文化的体験を。

ブランドを支える原動力となっているのは、承億グループの総指揮者である戴俊郎会長。「“ホテルを旅行の目的地にする”ことが承億グループの目標であり、高雄の承億酒店はグループ8軒目のホテルです。高雄市のビジョン、建築士の劉培森氏の企画、そして中國信託と台灣人壽をはじめ、多くのパートナーの協力があって、予定通りの営業がかないました。この承億酒店を国際レベルのホテルへと成長させるだけでなく、高雄への旅行や国際的図書館での読書によって、台湾の美しく独自性のある地元の文化を世界に伝えていく…そんな文化的空間となることを願っています」と語ります。

館内設備も大充実。肝入りの書店では展覧会やイベントを多数開催。

レジャーとビジネスの両方の巨大な観光資源を有する高雄のアジア新湾区において、“旅行の目的地”となりうるホテル承億酒店。その運営は従来のホテル運営とは異なっています。客室は、景観も多様な全208室。そして5軒のテーマレストラン、景観が楽しめる3軒のオープンエアバーを擁し、高層階のフィットネスジムと高級SPAもまもなく始動します。また、台中の有名なウエディング・ブランド「萊特薇庭Light Wedding」とのコラボレーションによる3階建ての披露宴ホールは、南台湾のハイクラスな式場マーケットを再編する影響力があるものと期待されています。

そうしたハイエンドな飲食サービスとハード面の充実に加え、7階にある承億グループが強力にサポートする書店「承風青鳥」では、高雄総合図書館の読者とホテルの宿泊客との双方向ストリーミングを主導。斬新な試みが注目されています。

レジャー&エンタメの新時代をアジア新湾区がリードする予感。

9月の記者発表会のクライマックスは、新世代のインディーズバンド「老王樂隊」がウォーターステージにサブライズで登場し、名曲を次々と披露したシーンでした。この日の緻密に計画されたプログラムとパフォーマーの姿は、承億グループが若者の夢を実現する機会づくりに常に取り組んできたことの証といえるでしょう。

承億酒店の戴淑玲統括部長は「高雄を訪れるすべての友人を歓迎します。承億酒店は高雄のナイトライフの新しいターゲットとなり、港湾都市のレジャーとエンタメの新時代を創出することに力を尽くします」と語ります。

高雄で開催される大規模イベントにも協力。文化が薫るホテルに。

近年、台湾の主要なイベントは高雄で開催されていて、2022年は2月のランタンフェスティバル(燈會)、7月の第33回ゴールデン メロディ アワーズ(金曲獎)、8月のクリエイティブ・エキスポ(文博會)が執り行われ、この港湾都市の文化的発展と芸術文化活動をより多様なものにしました。承億ホテルは“アジア新湾区の文化サロン”として、高雄市政府が推進する芸術文化活動計画の受け皿となり、9月には「高雄城市書展:左圖右書」を7階の承風青鳥書店に展示。また、10月30日まで開催の高雄フィルム・フェスティバル(電影節)の各種会場にもなっていて、華々しい賑わいを見せています。こうしたイベントは、高雄市民はもちろん、台湾全土から旅行客を招き、魅力ある文化を共に体験し、世界の人々に高雄らしさを見てもらう絶好の機会に。そして、これからは、各国からのゲストを迎え、高雄の観光業が再び活気づく…承億酒店のオープンは、そんな新時代の始まりを教えてくれているようです。

◆承億酒店TAI Urban Resort
住所:高雄市前鎮區林森四路189號

海外 台湾 旅行 旅色 絶景 高雄 ホテル