世界第2位の広さ!世界遺産に登録された「ベリーズ珊瑚礁保護区」とはその0

世界第2位の広さ!世界遺産に登録された「ベリーズ珊瑚礁保護区」とは

2017-01-02
63402 Point
カリブ海にある見事な珊瑚礁郡が世界遺産にも指定されているベリーズ珊瑚礁保護区。
美しい海には、見事なダイビングスポットがありバカンスにも人気です。

ベリーズサンゴ礁保護区とは?

ベリーズサンゴ礁保護区とは?
カリブ海のユカタン半島南部にあるベリーズの海外から約20kmの沖合に広がる珊瑚礁が“カリブの宝石”とも呼ばれているベリーズ珊瑚礁保護区です。

世界第最大のオーストラリアのグレートバリアリーフについで、世界第2位の広さを持つ珊瑚礁で、その美しさか1996年にユネスコの世界遺産に登録されています。

ベリーズ珊瑚礁保護区の海の透明度は非常に高く、海水の温度は平均20℃以上です。そのため、珊瑚に必要な栄養や酸素が十分に供給されており、65種類ものサンゴを観ることができます。
また、ベリーズ珊瑚礁保護区の周辺にはイルカが生息しており、シュノーケリングでイルカと一緒に初心者でも泳ぐことができる人気のスポットです。

海の怪物の寝床「グレートブルーホール」

ベリーズサンゴ礁保護区には、「海の怪物の寝床」と呼ばれる「グレートブルーホール(Great Blue Hole)」があります。

ブルーホールとは、かつて洞窟や鍾乳洞といった地形の場所がなんらかの理由によって海中に水没してできた陥没穴です。

グレートブルーホールは、直径313mあり、巨大なサンゴ礁でぐるっと周囲を丸く囲まれています。グレートブルーホールの中をダイビングできるツアーもあり、丸い洞窟の中の側面にある鍾乳洞はダイナミックで見ごたえ充分です。

潜るだけでなく、空からグレートブルーホールを観る空中散歩のできるツアーもありますよ。
ただ、グレートブルーホールでのダイビングは、常に現地の参加者でにぎわっているので、日本で予定を組んでから参加することをおすすめします。

ベリーズ観光の拠点「キー・カーカー」

ベリーズ観光の拠点「キー・カーカー」
ベリーズサンゴ礁保護区には、サンゴ礁でできた「キー」と呼ばれる小島が150以上あります。
その島最大の町ベリーズ・シティからスピード・ボードで約45分の場所にあるのが「キー・カーカー」です。キー・カーカー島は、ベリーズ珊瑚礁保護区の中でも一番美しいと言われており、昔ながらの自然がそのまま残っています。

2つの小島から形成されているキー・カーカーで、観光に特化しているのは長さ1km程の島の方で、美しいシュノーケリングスポットがあり、マリンスポーツにも適しています。

ホテルやキャンプ場もあるので、時間の概念を忘れてただ飲んびりと過ごすことができます。

海だけじゃない!森にはロマンの香る「マヤの遺跡」

海だけじゃない!森にはロマンの香る「マヤの遺跡」
ベリーズ島は、美しい海だけでなく、歴史のロマンが眠る場所でもあります。密林の奥深くには「マヤの遺跡」があるんです。

マヤ文明の歴史は、紀元前1500年頃から15世紀にスペインに滅亡させられるまで続きました。約20程ある遺跡の中で、最もおすすめなのがベリーズ・シティから日帰りで行くことができる「アルトゥン・ハ」です。マヤ文明の太陽神のヒスイでできた頭部が発見されたことで有名となりました。

森の中に眠るマヤ文明の遺跡から、ロマンと不思議な魅力を感じてみてください。

おわりに

ベリーズ珊瑚礁保護区は、日本では体験できない自然はもちろんのこと、時間の流れなども味わうことができます。
大切な人と訪れてもいいですし、一人旅の旅行先としても選ぶ方もいます。
旅行のメインはシュノーケリングなどの海のレジャースポーツ! 海が大好きな方はぜひ訪れてみてください。

カリブ海 世界遺産 ベリーズ 旅行 海外