効率のいい食べ方してる?バイキングを120%楽しむ方法その0

効率のいい食べ方してる?バイキングを120%楽しむ方法

2017-02-25
110584 Point
たまには、思い切って心ゆくまで美味しいものを堪能したいですよね。そんなとき、お得に美味しい物を数多く、たくさんいただけるのがバイキングやビュッフェです。お得なバイキングを、さらに楽しむ方法をご紹介します。

バイキングを120%楽しむ方法①情報収集は必須!

バイキングを120%楽しむ方法①情報収集は必須!
バイキングやビュッフェを120パーセント楽しみ尽くすために、必要不可欠なのが事前の情報収集です。有名なホテルのバイキングでも、ちょっと立ち寄ったデパートなどに入っているバイキング式のお店でも、そのメニューの中で特別なものは必ずあります。

たとえば、シェフが目の前で焼き上げてくれるオムレツが目玉だったり、そこでしか食べられないフルーツサンドがあったり、焼き立てのステーキが振る舞われたりしますよね。そんな情報を事前に知っていないと、たまたま提供していない時間に取りに入って気がつかない、なんてことにもなりかねません!
目玉のお料理は他と同じように並べておらず、自分でオーダーする場合もあるので、知らないと食べ損ねることもありますよ。

バイキングを120%楽しむ方法②列に並ぶ前にチェックしておく!

バイキングを120%楽しむ方法②列に並ぶ前にチェックしておく!
人が多いバイキングで、一列に並んだまま張り切ってお皿に盛りつけながら進んでいたら、最初の方のメニューばかり取っていた、という経験はありませんか?
それを反省して、次はどんなメニューがあるかぜんぶ把握しながらお皿に取っていこうと決めても、実際はなかなかうまくいきません。そこで、列に並ぶ前に、一通りどんなメニューがあるか把握しておくことをおすすめします。一度並んでしまうと列から離れられませんし、お皿を持ってないのにお料理の前をうろうろするのも恥ずかしいですよね。

なので、席から料理をとる列へ行く間に、さりげなくチェックしておくことが重要なんです。

バイキングを120%楽しむ方法③コース感覚で

バイキングを120%楽しむ方法③コース感覚で
バイキングのお皿は大きめですし、何度も取りに行くのが面倒だからと一度にたくさんの種類をよそってしまっていませんか?
そうして、ついメインばかり食べてしまったり、いきなり炭水化物に飛びついてしまったりするのはバイキングやビュッフェでの最善の行動とは言えません…。

そのため、気をつけるべきポイントはコース感覚で盛っていくことです!
自分で好みのコース料理を作っていくように、最初に並んだ時は前菜や野菜を、次に並んだときにメインを、そして最後にデザートだけを取るようにしましょう。このほうが、お皿にもキレイに盛りつけられますよ。

バイキングを120%楽しむ方法④胃袋を過信しない

バイキングを120%楽しむ方法④胃袋を過信しない
野菜料理、メイン、デザートなど、食べたいものがたくさんあって目移りしてしまいますよね。そんなとき、せっかく来たのだからと欲張って思いのままに食べようとするのは危険です!

食べ始める前は、美味しい物はいくらでも食べられるという気持ちになりますが、もちろんそれは無理な話です。胃袋の大きさを過信したり、別腹を期待した結果、一番食べたいものを食べるまえにお腹がいっぱいということになりかねません。

お腹いっぱいの状態では、せっかくの美味しいものの味も存分には味わえません。絶対に食べたいメニューがある場合は、ちゃんと胃袋に余裕があるかどうか、きちんと自分で確認しながら食べ進めましょう。

おわりに

有名レストランの料理をお得に食べられるランチバイキングや、デザートに特化したデザートビュッフェなど、最近ではバイキングのお店や種類も増えていますよね。休日の楽しみに、たまには思い切って好きなものをたくさん食べましょう!

【関連記事】絵本の中にいるみたい! 岡山県津山市のカフェ&ダイニング「モンレーヴ」

岡山県津山市の丘の上に、まるで西洋のおとぎばなしの中に出てくるようなかわいらしいカフェ...


【関連記事】美術館に迷い込んだような空間。「あかん湖 鶴雅ウイングス」の魅力

旅先を選ぶときは、何に重点を置きますか?食べ物、アクティビティ、ロケーション……色々あり...

バイキング 方法 旅行 ホテル 宿 旅館 ビュッフェ