【旅行プランナー・旅色コンシェルジュが提案】日本酒・温泉・酒蔵見学!夫婦二人で行く1泊2日の新潟旅その0

【旅行プランナー・旅色コンシェルジュが提案】日本酒・温泉・酒蔵見学!夫婦二人で行く1泊2日の新潟旅

2017-04-01
144403 Point

image source: tabiiro.jp

トラベルウェブマガジン「旅色」が提供する、ひとりひとりの要望に合わせた旅行プランを無料で作成する「旅色コンシェルジュ」。数々の旅程を提案してきた“旅行プランナー”が今回ご紹介するのは、日本酒好きの夫婦におすすめしたい、新潟県への旅行プランです。温泉、酒蔵見学、日本酒……すべて満喫できますよ!

1日目①:新潟駅到着後「佳肴 あさひ山」で昼食

1日目①:新潟駅到着後「佳肴 あさひ山」で昼食

tabiiro.jp

東京駅から新幹線で約2時間で新潟駅に到着。ここから1泊2日の旅が始まります。まずは昼食をとって腹ごしらえをしましょう。

今回おすすめするのは日本酒の「久保田」で知られる朝日酒造の直営店「佳肴 あさひ山」。日本酒もさることながら、新潟の郷土料理である「へぎそば」や「のっぺ」などが味わえます。食後のデザートには、酒造の清酒を使った「地酒ケーキ」や「地酒ようかん」がおすすめです。


◆佳肴 あさひ山
住所:新潟県新潟市中央区天神1丁目12-7 LEXN1 1-1
電話番号:025-278-8230
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:元日


腹ごしらえが済んだら、今晩宿泊するホテルがある月岡温泉へ向かいましょう。新潟駅から豊栄駅まで電車で約20分、月岡温泉シャトルバスに乗車し、約20分で月岡温泉に到着します。

1日目②:「新潟米菓 premium SENBEI 田 DEN」で手焼き体験

月岡温泉に到着したら、チェックインまで時間があるので煎餅作りを体験しましょう。「新潟米菓 premium SENBEI 田 DEN」では、店内中央に焼き台が設置され、醤油でオリジナルの絵や文字を書いた世界で1枚だけのオリジナル煎餅を作ることができます。また、工場直送の割れせんべいを特価で購入することができ、4つまとめ買いならなんと1,000円!お土産として大量に買って帰りたい安さです。

新潟米菓 premium SENBEI 田 DEN

1日目③:「新潟地物 premium SELECTION 旨」で試食三昧

「新潟米菓 premium SENBEI 田 DEN」から徒歩1分ほどの場所に、姉妹店「新潟地物 premium SELECTION 旨」があります。こちらは新潟県ならではのお土産を取り揃えたお店です。店頭にはオリジナルの干物や海産物、味噌やダシ、漬物、糀ドリンクなどが並んでいますが、一番の特徴は無料のあつあつご飯を片手に、試食を楽しみながらお買いものを楽しめること。入店後に白いご飯をよそい、海産物コーナーや漬物コーナーを巡ります。ご飯のお供にぴったりの商品を探せる、まさに「試食三昧」のお店です。

1日目④:「新潟地酒 premium SAKE 蔵」で日本酒試飲

お土産を購入したら、次は大本命の日本酒を!
「新潟地物 premium SELECTION 旨」から徒歩1分の場所にプレミアム日本酒やなつかしのお土産・雑貨、さらには限定スイーツを販売している「新潟地酒 premium SAKE 蔵」があります。500円で好きな銘柄をおちょこで3杯試飲でき、気に入ったお酒はもちろんお土産として購入可能。「鶴齢」「越乃景虎」「〆張鶴」をはじめ、なんと92もの銘柄をセレクトしてあります。新潟の全酒造の銘柄が揃っているので、ここまで種類豊富だとついつい飲みすぎてしまいそうです。

新潟地酒 premium SAKE 蔵

1日目⑤:「月岡温泉 摩周」にチェックイン

tabiiro.jp

「新潟地酒 premium SAKE 蔵」から徒歩5分ほどの場所にある「月岡温泉 摩周」が今晩の宿。エメラルドグリーンの湯が特長の月岡温泉を4つの露天風呂、2つの貸切風呂で堪能でき、2016年にリニューアルした客室には寛ぎの空間が広がっています。

tabiiro.jp

すべての湯船には加水を一切行っていない源泉100%のお湯が満ちています。美人になれる温泉として名高い月岡温泉は全国でも屈指の硫黄成分含有量を誇り、入浴後は肌がつるつるになると評判。その効能から“美人の湯”“不老長寿の湯”として県内外から多くの人に親しまれているお湯です。

tabiiro.jp

温泉をじっくり堪能したら、お楽しみの夕食を。「A4ランク黒毛和牛 すき焼き」と「のどぐろ藻塩焼き」がメイン料理の月岡美人会席は、量より質に拘ったオリジナルの会席料理。このほかに、創業者夫婦が北海道で働いていたことから「ズワイガニ」と「いくら丼」がメイン料理の北海道海鮮会席も用意されています。

おいしい料理で満腹になったら、落ち着きのある客室で思い思いの時間を過ごしましょう。お土産として購入した日本酒を二人で飲むのもいいですね。


◆月岡温泉 摩周
住所:新潟県新発田市月岡温泉654-1
電話番号:0254-32-2131
チェックイン:15:00(最終チェックイン18:00)


2日目①:チェックアウト後「今代司酒造」で酒蔵見学

二日目の朝、宿をチェックアウトしたら酒蔵見学をするために新潟駅へ向かいます。
駅からバスで10分ほどの場所にある創業1767年の「今代司酒造」は、1~5名なら予約せずに酒蔵見学が可能です。この蔵の特徴は、とにかくスタイリッシュであること。建物はもちろん、商品や展示品のディスプレイをはじめ、説明用のパネルや日本酒のラベル、紙袋に至るまで、思わず足を止めて見入ってしまうほどデザイン性が高いものばかり。
見学の最後には10種類以上の純米酒をテイスティングできます。気にいったお酒は、厨をリノベーションした売店でお土産用に購入することができます。


◆今代司酒造
住所:新潟県新潟市中央区鏡が岡1番1号
電話番号:025-245-3231
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休(年末年始除く)


◆酒蔵見学ツアー詳細
見学料金:無料
定休日:年中無休(ただし12月31日~1月3日のみ休業)
人数:1名から見学可能 / 定員40名
所要時間:約30分
予約:1~5名は予約不要・スタート時間に来店。6~40名の場合は事前申し込みが必要。
見学時間:9:00~/10:00~/11:00~/13:00~/14:00~/15:00~/16:00~

2日目②:「魚沼釜蔵 ぽんしゅ館」で昼食

tabiiro.jp

大満足の酒蔵見学の後、帰路につく前に新潟駅近くでお昼ご飯。新潟駅直結のビル内にある「魚沼釜蔵 ぽんしゅ館」は、コシヒカリのなかで最も美味しいとされる「塩沢産のコシヒカリ」を使用した釜炊きご飯を食べられる御膳メニューが多数揃っています。また併設の「ぽんしゅ館新潟駅店」は、新潟県内の全ての酒蔵の代表銘柄を利き酒できる「利き酒コーナー」をはじめ、名物爆弾おにぎりや、県内の物産品や地酒を集めたお土産処となっています。


◆魚沼釜蔵 ぽんしゅ館
住所:新潟県新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo西館1F
電話番号:025-240-7092
営業時間:モーニング6:30~10:00、昼11:00~14:00、カフェタイム14:00~17:00、夜17:00~23:00
定休日:不定休


帰路へ

これで1泊2日の旅の全工程が終了。米どころである新潟県は、おいしい日本酒も多く製造されています。お酒だけでなく食にも恵まれた土地なので、グルメな夫婦にぜひおすすめしたい旅行先ですよ。

理想の旅をしたいなら「旅行のプロ」に相談!

concierge.tabiiro.jp

グルメな旅をしたいと思っても、いざ宿や飲食店の情報を探すのはちょっと大変ですよね。

トラベルウェブマガジン「旅色」では、無料で旅行プランを作成する「旅色コンシェルジュ」サービスを提供中。様々な希望をもとに、あなたにぴったりの旅行プランを提案してくれます。サービス利用料・代行料は一切かかりません。ぜひこの機会に、旅のプロに旅行プランを作成してもらってみてはいかがでしょうか?

「旅色コンシェルジュ」の詳細はこちら

 

【関連記事】【旅行プランナー・旅色コンシェルジュが提案】一泊三食付き“おこもりステイ”プラン

今、旅行先の宿でチェックインからチェックアウトまで、すべての時間を宿で過ごすおこもりス...


【関連記事】【旅行プランナー・旅色コンシェルジュが提案】一泊二日の金沢満喫プラン・前編

トラベルウェブマガジン「旅色」が提供する、ひとりひとりの要望に合わせた旅行プランを作成...

旅行 宿 新潟県 日本酒 プロ 旅色コンシェルジュ 国内 旅色 プラン 体験 温泉