世界初!今春「大阪国際空港」内にワイン醸造所・ワインバルが登場その0

世界初!今春「大阪国際空港」内にワイン醸造所・ワインバルが登場

2018-02-04
68713 Point
2018年4月18日(水)に大阪国際空港(伊丹空港)内に、新たにワイン醸造所「大阪エアポートワイナリー」と醸造風景を眺めながら南イタリア料理中心の食事とできたてのワインを楽しむワインバルが開業します。
空港に居ながらにして、ワイナリー観光している気分に浸れる、注目の新スポットです!

小さな小さな「空飛ぶ葡萄のワイナリー」

小さな小さな「空飛ぶ葡萄のワイナリー」
ガラス越しにワインの醸造タンクが並び、併設のワインバルでは醸造風景を眺めながら実際にその場で醸造したワインを楽しめる「大阪エアポートワイナリー」。生ビールのようにタップから注がれるワインは全8種類。大阪エアポートワインの出来立てのワインはもちろんのこと、日本各地の選りすぐりのワイナリーからシーズン毎にワインを提供します。
その他、100種類を超えるソムリエ厳選のヨーロッパ主体のワインもボトルで用意する予定となっています。
世界初!今春「大阪国際空港」内にワイン醸造所・ワインバルが登場その2
地元の食材を用いた南イタリア料理を提供
世界初!今春「大阪国際空港」内にワイン醸造所・ワインバルが登場その3
※エチケットデザインはイメージ
世界初!今春「大阪国際空港」内にワイン醸造所・ワインバルが登場その4
「いいだこのゼッポリーニ 関西たこ焼き風 」
「瀬戸内レモンを使ったローストレモンチキン」
「サルディーニャ産のカラスミパスタ」


料理は気取らず、手間暇をかけた飾らない無骨な南イタリア料理を提供。大阪国際空港から半径50マイル内の地産地消の食材をメインに、イタリアから空輸した食材とマリアージュした料理が並びます。
「大阪エアポートワイナリー」は、ランチには本気のパスタ、夜はもちろん昼から軽く1杯とおつまみ、またはゆっくり腰を落ち着けてワインと料理を楽しむなど、様々なシーンで楽しめる気軽なワインバルです。

常駐する醸造歴20年以上の醸造家・照屋賀弘氏による、ワイン醸造体験やオリジナルワインづくりなど「モノ造り」だけではない「コト創り」を提案。ワイン醸造をもっと身近に感じられる、世界初の空港内ワイナリー&ワインバルは2018年4月18日(水)オープン予定です。


◆大阪エアポートワイナリー
所在地:大阪府豊中市蛍池西町3丁目555番地(大阪国際空港(伊丹空港)内中央3階エリア)
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休


【関連記事】女子ひとり旅でも気軽に食べ歩き&ハシゴ酒。ルクア大阪が拡大オープン!

大阪駅から直結していてアクセス便利な商業施設、ルクア大阪。このB2にあるグルメフロア「バ...


【関連記事】“泊まれる立ち飲み”って? 屋台カルチャーの発信地・福岡ならでは新発想

カフェやバーなどを設けたプラスアルファの魅力を持つゲストハウスが増えるなか、立ち飲みス...

空港 大阪府 ワイン ワイナリー 体験 観光 旅行 国内 グルメ レストラン バル