思いたったら楽しい一人旅へ。おひとりさま歓迎の島根県の宿4選その0

思いたったら楽しい一人旅へ。おひとりさま歓迎の島根県の宿4選

2018-02-03
43979 Point

image source: tabiiro.jp

出雲大社もあり、縁結びの聖地として知られている島根県は女子ひとり旅として訪れる人が多い県。今回は、島根県でおひとりさま歓迎で、寛げる宿を4軒ご紹介します。観光スポットとして常に人気の神秘の地へ、心赴くままに出かけてみませんか?

湯元 湯の川

湯元 湯の川

tabiiro.jp

明治10年創業の老舗旅館「湯元 湯の川」は出雲大社へのアクセスも良く、おひとりさま向けのプランも充実。女性限定で色浴衣の無料貸出サービスを行っているので気ままにステイを満喫できます。
お風呂は”日本三大美人の湯”に数えられている「湯の川温泉」を100%源泉掛け流し。石、タイル、檜の3種類の貸切風呂を24時間無料で使うことができますよ。

料理は地産地消をコンセプトにした地のものが個室かお部屋でいただけます。日本海や宍道湖(しんじこ)で獲れた新鮮な魚介や山陰のブランド牛、しまね和牛が愉しめますよ。

お肌ツルツル効果も期待できる湯浴みと、豪華な地元の食材を使った料理で大満足の旅へ。


◆湯元 湯の川
住所:島根県出雲市斐川町学頭1329-1
電話番号:0853-72-0333


THE STRUCTURE HOSTEL & CAFE BAR

THE STRUCTURE HOSTEL & CAFE BAR

tabiiro.jp

「THE STRUCTURE HOSTEL & CAFE BAR」は、JR山陰線の出雲市駅から徒歩4分という好立地な場所にあるデザイナーズゲストハウスです。“オトナの非日常”をコンセプトにしたモダンでお洒落な空間は、ゲストハウスの概念が変わりそう。

ドミトリータイプの半個室があるので女性でも安心して宿泊できますよ。写真のドミトリータイプの半個室「D-TYPE」は1泊2,800円。アートな壁紙やカーテンでの間仕切りで快適に過ごせそうです。1階には朝食や夕食を食べれるオープンなスペースがあり、午前はカフェ、夜はバーになっているので他の宿泊客との交流もできるのが魅力。

手軽に旅に出て、旅先ならでの人々の出合いを楽しみたい方、必見です。


◆THE STRUCTURE HOSTEL & CAFE BAR
住所:島根県出雲市今市町702
電話番号:0853-25-8350


さぎの湯荘

さぎの湯荘

tabiiro.jp

山陰の名湯として知られる「さぎの湯温泉」にある老舗旅館が「さぎの湯荘」です。アメリカの日本庭園専門誌ランキングで世界レベルに選ばれた日本庭園を有する「足立美術館」近くにあり、美術館観賞後に宿泊する一人旅女性も多いようです。
そんな女性たちを応援する宿泊プランが多く、地元の食材がたっぷり使われた郷土料理はお部屋か個室でいただけるので、気兼ねなく愉しめますよ。

露天風呂、大浴場、貸切風呂のすべてが源泉かけ流しで、豊富な湯量での湯浴みが堪能できます。自然を感じられる岩風呂の露天風呂は眺めもいいので、何度でも入りたくなりますね。

田舎時間を体感できる落ち着いた宿で、ゆったりと日常を忘れる滞在を愉しみましょう。


◆さぎの湯荘
住所:島根県安来市古川町478-1
電話番号:0854-28-6211


津和野のお宿 よしのや

津和野のお宿 よしのや

tabiiro.jp

”小京都”とも呼ばれる津和野にある老舗旅館「津和野のお宿 よしのや」は、古き良き日本の伝統が感じられるおもてなし自慢の宿です。
全館畳敷きというくつろげる館内や色浴衣といった風流な雰囲気は、肩の力を抜いた大人の女性にぴったり。一人旅プランもさまざまあり、加湿器や空気清浄機などのアイテムの貸し出しサービスも充実しています。

料理は地元の郷土料理がいただけるけ、津和野の”おふくろ味”とされるうずめ飯はぜひいただきたいところ。

風情ある宿のかゆいところに手が届くようなサービスで、心ほどける旅を。


◆津和野のお宿 よしのや
住所:島根県鹿足郡津和野町後田口185-3
電話番号:0856-72-4039


島根県 一人旅 宿 旅行 国内 温泉