旬の味を贅沢にいただく。サケ&イクラのお取り寄せをしようその0

旬の味を贅沢にいただく。サケ&イクラのお取り寄せをしよう

2018-10-26
11173 Point

image source: tabiiro.jp

ご飯のお供として、おかずとして。日本人が大好きなサケやイクラ。
秋に旬を迎えるサケとイクラを、ちょっと贅沢に、お取り寄せで味わってみませんか?

とろけるような口あたり「吾左衛門鮓 境港銀鮭」

とろけるような口あたり「吾左衛門鮓 境港銀鮭」

tabiiro.jp

鳥取県米子市にあり、100年の歴史を持つ「米吾 吾左衛門鮓」からのおすすめは「吾左衛門鮓 境港銀鮭」です。境港銀鮭は、運動量が多く、肉質がひきしまり、ほどよく脂がのっているのが特長。

刺身にしてもおいしいこの銀鮭を丁寧にさばき、小骨も取りのぞき、丹念に仕上げたのが「吾左衛門鮓 境港銀鮭」。熟成した刺身のような旨味と滋味をたっぷりと堪能できるこのお寿司は、さっぱりとしてまろやかな旨味がありながら、口の中に入れるととろけるような口あたりになるのが魅力です。家でゆっくりと、上等なお寿司を食べられるのは、お取り寄せの醍醐味ですね。

吾左衛門鮓 境港銀鮭

香ばしさが魅力の「吟鮭炙り焼」

香ばしさが魅力の「吟鮭炙り焼」

tabiiro.jp

北海道の新鮮な海の幸を中心に、何度も「水産省長官賞」を受賞したスモーク製品を扱っている「丸高水産」のおすすめは、「吟鮭炙り焼」です。

「吟鮭」とは、北海道のサケの中でも特別に吟味された、体の大きなオスのサケのこと。その「吟鮭」を両面から同時に焼き上げて旨味を閉じ込めた、炙り焼きの「吟鮭炙り焼」は、独特の香ばしさが魅力です。

吟鮭炙り焼

秘伝のドレッシングが味の決め手「フレッシュ 紅鮭マリーネ」

秘伝のドレッシングが味の決め手「フレッシュ 紅鮭マリーネ」

tabiiro.jp

北海道の新鮮な海の幸を扱う「丸高水産」のもう一つのおすすめが、「フレッシュ 紅鮭マリーネ」です。

丸高水産のマリーネの中でも一番人気を誇る商品で、コクのある紅鮭の味を引き立てるために、秘伝のドレッシングに漬け込んだ逸品となっています。ちょっとしたパーティのお洒落なおつまみや夕食時のさっぱりとしたサラダなど、使い勝手がいいのも魅力です。

フレッシュ 紅鮭マリーネ

ハリとツヤがたっぷりの「醤油漬け いくら」

ハリとツヤがたっぷりの「醤油漬け いくら」

tabiiro.jp

北海道の「牛渡水産」の「醤油漬け いくら」は、オホーツクの荒波に揉まれた、網走産の純粋な無添加イクラ。
天然の秋鮭だけからとれる、ハリがあって、まだ柔らかい卵のみを丁寧に手でほぐし、オリジナルの醤油を使って、漬け込んでいます。

保存料や着色料を使っていない貴重な無添加イクラは、ふっくらご飯との相性も抜群!

醤油漬け いくら

おわりに

食欲の秋は、旬のものを贅沢に食べてみたい! 
こだわりが詰まった、サケとイクラのお取り寄せを4品ご紹介しました。
旬だからこそ味わえる、素材そのものの美味しさを堪能しましょう。

サケ イクラ お取り寄せ 旅行