将棋のまち・天童市で贅沢ステイ。もてなしに溢れた「天童荘」へその0

将棋のまち・天童市で贅沢ステイ。もてなしに溢れた「天童荘」へ

2018-05-13
28773 Point

image source: tabiiro.jp

明治初期にうなぎ屋を前身として生まれた「天童荘」は、古き良き日本ならではの風情やおもてなしに溢れた宿です。日本の美意識に囲まれた大人の休日を、ぜひ堪能してみてください!

伝統的な離れと、モダンな東亭

伝統的な離れと、モダンな東亭

tabiiro.jp

「天童荘」の客室は、数寄屋造りの離れと、現代のライフスタイルも取り入れた東亭の2種類があります。
離れは7部屋あり、数寄屋造りの総平屋という昔ながらの情緒ある建物に庭を望める広縁、坪庭の眺められる温泉が張られた内風呂、露天風呂、半露天風呂付きなど、どれも日本の伝統文化を感じられる造りが特徴です。

東亭の8部屋は、日本の伝統美を残しつつ、今のライフスタイルに合わせ、快適さを追求。ベッド、ダイニングがついていたり、温泉の内風呂や半露天風呂付きなど広さも設備も様々に揃っている客室となっています。

開放感のある大浴場

開放感のある大浴場

tabiiro.jp

離れのすべての客室に温泉が引かれ、いつでも好きな時に天童温泉を満喫できるのもうれしいポイント。

一方、大浴場は広々としていて、開放感たっぷり。木造りの浴場なので心からくつろげ、温泉にじっくり温まればほっと癒しのひとときに。
緑がまぶしい中庭を眺めながらの入浴ができるので、明るいうちに入浴するといっそう「天童荘」の温泉の魅力が堪能できますよ。

伝統の逸品を堪能

伝統の逸品を堪能

tabiiro.jp

「天童荘」は、明治初期にうなぎ屋を前身として誕生しました。夕食では、その伝統を受け継いだ一子相伝、創業から五代続く逸品「うなぎのかば焼き」を提供してくれます。うなぎ屋ならではの贅沢な味を、歴史に思いを馳せながら味わってみてください。

ほかにも、天童荘懐石では米沢牛や旬の山菜と、山形ならではの旬の味覚を盛り込んだ一品が並びます。美味の極みの懐石は、山形の美食を堪能したい方におすすめです。

二十四節気のもてなし

二十四節気のもてなし

tabiiro.jp

二十四節気とは、1年を24等分して季節それぞれの移り変わりをより細かくした考え方のこと。「天童荘」では、古き良き日本の伝統を感じるために、この二十四節気のもてなしをしています。

また、現代のライフスタイルも取り入れているのが特徴で、シックで洗練されたラウンジではコーヒーやケーキを楽しみながら中庭を眺めるという、ゆったりとした時間が過ごせるのも魅力。時間を気にせず、思う存分羽をのばす滞在をしたいときに、ぜひ選んでみてください。


◆天童荘
住所:山形県天童市鎌田2-2-18
電話番号:023-653-2033


おわりに

昔ながらの伝統美を感じることのできる老舗宿「天童荘」。温泉を堪能し、代々続いている技術を継承した逸品を味わいつつ、風情ある旅をしませんか?

旅行 宿 天童荘 山形県 国内