節約女子旅!意外と知らない、旅行で節約できるポイント10選その0

節約女子旅!意外と知らない、旅行で節約できるポイント10選

2015-12-27
944969 Point
国内であれ、海外であれ、色んな所に旅行したい気持ちはあっても、なかなかお金がなくて難しい……。
旅行はお金がかかるものですが、節約するコツを押さえれば、意外と安く済ませる方法があるんです。
節約してたくさん旅をする方法10個をご紹介します。

節約女子旅!意外と節約できるポイント①パッケージツアーを予約

節約女子旅!意外と節約できるポイント①パッケージツアーを予約

pixabay.com

飛行機や新幹線を使って国内旅行をするなら、交通手段(飛行機もしくは新幹線)と宿泊先(さらにレンタカーも)のパッケージツアーがある場合は、パッケージツアーを予約しましょう。

値段が高騰してしまうゴールデンウィークやお正月、お盆などのハイシーズン以外では、それぞれ
個別に予約をすると、パッケージツアーの価格を下回ることはまずありません。

しっかりお得なツアーを探すのも楽しいものです。細めにチェックしてみましょう!

節約女子旅!意外と節約できるポイント②飛行機の予約

パッケージツアーで良いものがなかった場合は、個別に予約をする必要があり、またそれぞれに節約旅のポイントがあります。

まず、飛行機は時間帯によって大きく価格が変動し、始発前や終電後などはかなり安くなる場合があります。ただし、土日祝前日は始発・終電に人気が集中するので早めのゲットがオススメです。

飛行機の価格比較サイトなどを利用すると、調べやすくなりますので、ぜひ利用して、より安い便を見つけましょう!

節約女子旅!意外と節約できるポイント③新幹線の予約

新幹線は飛行機に比べ、価格変動はほとんどしませんが、それでもより安く乗るための方法がいくつかありますので、下記にご紹介します。

①EX-IC:年会費が1,050円かかるものですが、東京から大阪間一回で元が取れる割引が受けられます。
②早割りきっぷ:ひかりなど、一部の新幹線は早く予約することで割引になります。
③ぷらっとこだま:少し時間のかかる各駅停車の新幹線だと運賃が安くなります。事前予約をするとさらに割安になります。
④金券ショップでチケット購入:数百円程度ですが、安く乗車券を買うことができます。
⑤自由席に乗る:数百円ですが、指定席よりも安くなるので、始発駅から乗る方は自由席でも良いでしょう。

全て小ワザですが、チリも積もれば山となる♪楽しみながら節約にもチャレンジ!

節約女子旅!意外と節約できるポイント④長距離バスを利用する

激安や学生旅行のイメージがある長距離バスですが、最近ではラグジュアリーなサービスも増えて快適にすごせるようになっています。

例えば、座席が2~3列で各シートが独立していたり、カーテン等が付いていて隣の人が気にならないようになっていたりします。

さらに、水平近くまでリクライニングを倒せるシートもあり、かなり快適になっています。

女性だけのバスや、後部は女性だけのゾーンなど、安全面も整っているので安心。そんな夜行バスで移動すれば、お金だけでなく、時間も節約できるので便利ですね。
 

節約女子旅!意外と節約できるポイント⑤レンタカーの価格を徹底的に比較する

レンタカーで周遊旅行をする場合は、事前にネットで予約をする方法が賢い方法です。

クレジットカードの特典などで割引が利く所もありますが、カードの割引より、事前にインターネットで予約した方が安くなる場合が多いので、積極的に活用するとお得になります。

また、レンタカーの会社は多くあるので、幾つかの会社をまとめて比較してみましょう。比較サイトもあるので賢く利用して節約につなげたいですね!

節約女子旅!意外と節約できるポイント⑥宿泊先のホームページから予約

ハイシーズンは旅行代理店のサイトだと、どこも満室になってしまっていて、高いホテルしか取れない……という残念な経験はありませんか?

そこであきらめて高いホテルを取ってしまうのではなく、ホテルのホームページへ直接アクセスしてみると、意外にも空室のある場合があります。

このカラクリは、「旅行代理店用の部屋数が決まっている」ということです。その分に関しては満席でも、それ以外の部屋自体は空いていることがあるのです。

また、ホテルのホームページ限定のプランがある場合もありますので、直接ホテルのホームページもチェックしてみましょう!

節約女子旅!意外と節約できるポイント⑦直接電話する

事前に準備をして安心したい派の方にはおすすめできませんが、当日に直接宿泊先へ電話をすると、部屋が空いていることがあります。

ビジネスホテル等はトラブルがあった時の対応用に、全ての部屋を埋めることはしていません。

どうしても宿泊先がネットでは見つからなかった、という場合は、当日チャレンジしてみるのもアリですよ♪

節約女子旅!意外と節約できるポイント⑧持ち物を確認する

「旅行先で買えばいいかな〜?」と思って、持ち物を準備しないと、細かい金額とはいえ、それが積もり積もって、大きな出費になることがあります。

例えば、温泉の日帰り入浴などで使うタオルや、急な天候の変化の時の傘、化粧品やコンタクトレンズケースなどのアメニティ類、冬であれば防寒具など、特に国内旅行であれば、旅先で簡単に買えるものではありますが、細々と買いすぎると最終的に残念なことに…!

節約旅行では、はじめに持ち物チェックリストを作り、小さな出費が積み重ならないように気を付けましょう。

節約女子旅!意外と節約できるポイント⑨大きめのリュックで旅をする

旅行かばんは、スーツケースやショルダーバックだと、つい邪魔になって、駅のコインロッカーに荷物を預けたりする機会が多いかと思います。

1回で300~700円くらいと少額ですが、何度も繰り返すと、無駄遣いにもなりますよね。

リュックとして背負って移動できるのがベスト!それが難しい場合でも、大きめのバックで荷物をひとつにまとめて持ち運べることができれば、無駄な出費とはさよならです♪

旅行前に色々なサイトで調べたり、ロフトなどの旅行グッズコーナーに出向いてはいかがでしょうか。

節約女子旅!意外と節約できるポイント⑩移動中のお菓子や飲み物など

移動中のお菓子や飲み物などは、金額が少額なものの、旅先の移動中や宿では、飲み食いする機会が普段より多くなりがちです。

普段はスーパーで安く手に入れているものも、旅行先だと気が緩んだり、お店が少なかったりして、コンビニや売店で定価買いしてしまうことも多くなります。

ちょっと荷物になってしまいますが、事前に安く購入して持って行ったり、お茶などであれば、市販のお茶パックを利用して自家製お茶ティーバッグを作って持って行きましょう。宿泊先のお湯を利用して作ってしまえば、ちょっとした節約になりますよ。

おわりに

せっかくの旅行なので、お財布を気にせず旅行したくなるかと思いますが、後でお金を使いすぎたな~、なんて後悔しないようにするのも、旅行を楽しむ方法のひとつです。
ぜひ、これらアイディアを参考にして、節約旅行を楽しんでくださいね!

節約 方法