旅費を楽しく貯めるコツ。実はやっている人が多い500円貯金のメリットその0

旅費を楽しく貯めるコツ。実はやっている人が多い500円貯金のメリット

2017-01-17
163694 Point
月に決まった額を貯金しよう、と決めていても、なかなかうまくいかない人も多いのではないでしょうか?
そんなときには、初心に戻って、子どもの頃のように貯金箱を活用してみましょう!
500円玉貯金だと意外とうまくいくので注目です!

500円貯金のはじめかた

500円貯金のはじめかた
500円貯金をする際に必要なのは貯金をするための箱だけ。空き瓶でも容器でもなんでもOKです。ここで必要なのは、目標となることを記載しておくこと。例えば「石川県へ旅行に行く」「リゾートワンピースを買う」など、目標となる目印を目立つようにつけておきましょう。

ただし、注意したいのが大きすぎる目標を設定しないこと。あと3か月しかないのにヨーロッパ旅行費を貯めようとしたり、高級なトラベルバッグの代金を貯めようとしても達成は難しいかもしれませんよね。高すぎる目標は失敗のもと。手に届く範囲の目標を設定しましょう。

日々継続している達成感がないと、貯金はなかなか続けられないもの。事前にいくら貯めればいいのかを調べておき、その金額も合わせて記載しておくのがおすすめです。

やり方①毎日1枚ずつ集める

やり方①毎日1枚ずつ集める
簡単な500円貯金のやり方として、2つの方法があります。

ひとつは毎日1枚、など定期的に貯金していく方法です。この場合、買い物をしなかった日やお金が崩れていないときなど、500円玉がない場合に備えてあらかじめ500円玉を少し用意しておくといいでしょう。はじめは両替しておいて、あとは余計に500円玉があるときに集めておきましょう。

このやり方のメリットは、無理なくできることと、計画が見えやすいことです。毎日1枚貯めていけば、1か月では15,000円、半年で90,000円、と目標までの道が見えるので挫折しにくいのです。また、毎日1枚が無理なら1日で1枚、逆に余裕なら毎日2枚など、自分のペースに合わせて無理なく続けられます。

やり方②500円玉があったら貯金する

やり方②500円玉があったら貯金する
やり方のふたつめは、夜、家に帰ってきたときに財布の中に500円玉があったらそれをすべて貯金するという方法です。これだとできる日とできない日がありますが、長く500円貯金を続けている人にはこの方法をとっている人が多いようです。

メリットとしては、貯金そのものが楽しくなることが挙げられます。貯金するために、「500円玉を手に入れるにはどうしたらいいか?」と考えることで、ゲーム感覚の楽しさを味わいつつ生活するのがポイント。

たとえば、600円のものを買ったときに1,100円を出して500円のおつりをもらう、というように、レジでの小銭の出し方を工夫すれば500円玉を手に入れることができます。うまく500円玉が手に入ったときに爽快感が得られるようになってくるので、貯金がストレスになりにくいそうですよ。

目標金額が溜まったら銀行口座へ

目標金額が溜まったら銀行口座へ
目標を達成したら、すぐ銀行口座へお金を預けにいきましょう。無事貯金ができたという安心感から、ふとした瞬間につい貯金箱の中から取り出して使ってしまう危険性があるためです。

そのため、すぐ使う・使わないにかかわらず、まずは口座にまとめていれてしまうのが一番。自分は絶対に使わないと決意していても、なにかのタイミングで手を伸ばしてしまう可能性もあります。せっかく貯めたお金だからこそ、魔が差す前に手を打つのが正解ですよ。

おわりに

500円玉貯金は最終的に自分のペースでできますし、実感もわくので、心が折れにくい貯金方法のようです。挫折の心配もないくらいにハマる人が多い貯金方法ですが、それでも挫折してしまったときは、貯金をストップするだけにとどめるのがコツです。またいつでも続きを再開できるので、目標達成まで絶対に貯金箱からお金を取り出さないように注意しましょう!

【関連記事】やるだけでこんなに違う!旅費をできる限り安く抑える4つのテク

「バカンスのために働く」という国があるほど、旅行というのは一番のレジャーですよね。余裕...


【関連記事】体験してないなんてもったいない!自由な一人旅がもたらすメリットとは

おひとり様文化が浸透してきて、一人焼肉や一人カラオケなど最早スタンダードになりましたよ...

500円 貯金 メリット 旅行 おすすめ コツ 旅費 ライフスタイル リビング