《体験レポ》池袋に国際空港!?「FIRST AIRLINES」に乗ってきた!その0

《体験レポ》池袋に国際空港!?「FIRST AIRLINES」に乗ってきた!

2016-12-08
549841 Point
本日12月8日(木)搭乗開始した池袋国際空港「FIRST AIRLINES」……といっても、本物の空港ではありません。夢のファーストクラスやVRによる海外旅行が体験できる、疑似体験型エンタテイメント施設です。
今回は旅色プラス編集部員が、一足お先に搭乗体験をしてきましたので、その模様をお伝えします!

こんなところに本当に空港が……?

こんなところに本当に空港が……?
池袋駅から歩くこと約6分。空港の入り口は、気をつけていないと通り過ぎてしまいそうなビルの8階にありました。若干の不安を覚えつつエレベーターを降りると、早速搭乗口が見えてきます。素敵な笑顔のクルーにほっとひと安心。航空機内を再現した室内設備に一気にテンションが上がります。

広々ファーストクラスでNYへ!

広々ファーストクラスでNYへ!
入り口で搭乗券をもらい、さっそくファーストクラスのシートへ! Airbus 310で実際に使用されていた最高級のシートなだけあって、座り心地は抜群。本当のフライトならぐっすり眠ってしまいそうなゆったりシートです。
窓に見立てたシート横のモニターには滑走路が映し出され、離陸に向かってどんどんスピードが上がっていきます。なにより臨場感があるのはゴゴゴゴゴ……という飛行機ならではの離陸音。思わず「飛んだ……!」とつぶやいてしまいました。

ドリンクサービスやキャビンアテンダントによるデモンストレーションも実際の機内同様に行ってくれますよ。

VRによる海外都市体験

VRによる海外都市体験
お楽しみのVRではNYの街並みを360度体験!パラシュート気分で上空から街を見下ろしたり、人々が行き交うNYのど真ん中を歩いてみたりと、VRでしか体験できない視点が新鮮でした。今回は約4分間のプチ体験でしたが、実際には100分のフライトの中に組み込まれているので、ここで一気に旅行気分が高まりそうです。

渡航都市に合わせた機内食をワインとともに

渡航都市に合わせた機内食をワインとともに
その後はNYの街並みの映像とジャズをBGMに、機内食をいただきます。今回は渡航先のNYに合わせたオリジナルコース。ハミングバードテーブル代表でフードデザイナーの田中淳子さんが監修を手がけています。
前菜の盛り合わせに始まり、ケールとブロッコリーのスープ、ローストポークのリゾット添え、食後にはチーズケーキとコーヒー(or紅茶)と、優雅なディナーがつづきます。お皿への盛り付けは高級レストランさながら。ビール、ワイン、日本酒、ソフトドリンクと飲み物の種類が豊富なのも嬉しいところですね(2杯目以降は有料)。
その他フランス料理はアートフードを手がける寺脇加恵さん、イタリア料理は料理研究家の石井秀代さんが担当しているとのこと。
今後は子ども向けのメニューも検討中だそうなので、飛行機未体験のお子さんを連れていくのもいいのかもしれません。

現地中継でNYとつながる!

食事中には機内のモニターで渡航先との“中継映像”が流れます。リアルタイムではありませんが、時事ネタを絡ませて、よりリアルに演出していました。この日はアメリカ大統領選やクリスマスが話題に上がっていましたよ。

フライト後はラウンジで搭乗者とコミュニケーションも

フライト後はミニラウンジで歓談しながらお酒を楽しむことも。「月刊エアライン」や「エアステージ」など飛行機好きや航空業界を目指す人向けの雑誌も置いてありました。共通の趣味を持つもの同士の交流の場としても使えそうです。

各種サービスを提供してくれるクルー達は、元ファーストクラスのクルーによる身だしなみ、マナー、アナウンス、料理の盛り付けなどの訓練を約2ヶ月間にわたって受けています。常に笑顔で接客し、帰り際には一人ひとりにメッセージカードを配ってくれるなど、気配りもファーストクラス級。

「カップルから家族まで、たくさんの方に来てほしいですね! 飛行機が苦手な方や乗れない方にとっても新鮮な体験になると思います。まだまだ反省することもありますが、みなさんに気持ちよく過ごしてもらえるよう、オープンまで身が引きしまる思いです」(チーフ澤木さん)。

「目の前の1名のワクワク感を最大化したい!」

「FIRST AIRLINES」代表の阿部宏晃氏はフリーランスエンジニアとして活動するなか、このプロジェクトを立ち上げたそう。「規模ではなく、“目の前の1名のワクワク感をどこまで最大化できるか”を指標にしました。単なるレストランではなく“体験”を提供する新しいジャンルだと思っています」(阿部氏)。確かに、他に例えられるサービスがないので、体験してみないとわからない! というのが正直な感想でした。また、サービスを受ける側がどこまでこのシチュエーションに乗っていけるかも大切なところ。ワクワクする気持ちを持ってぜひフライトを楽しんでみてください。

本日12月8日(木)オープン!搭乗口のご案内

搭乗体験には公式サイトから事前の予約が必要です。予約受付後はグループチャットにて一緒に搭乗するメンバーやクルーと事前に交流を深めることも。渡航先は曜日ごとにアメリカ・NY便(火・金)、イタリア・ローマ便(水・土)、フランス・パリ便(木・日)から選ぶことができます。
現時点の予約は女性が7、8割とのことでしたが、個人的にはお洒落なレストランディナーは気恥ずかしい!というカップルにおすすめしたいところ。隣り合わせの適度な距離感なうえ、話題のネタには尽きない気がします。ただ、VR体験中はどうしても挙動不審な動きになってしまうので、そこはお互いこっそり覗くなんてことはしないようにしましょうね。

◆FIRST AIRLINES JAPAN
住所:東京都豊島区西池袋3-31-5 パークハイムウエストビル8F
電話番号:03-6907-0981
営業時間:平日17:30〜23:00、土日祝日15:00〜23:00
基本料金:First Class 6,600円→オープニング価格5,980円/100分程度
     Business Class 6,200円→オープニング価格5,500円/100分程度
     体験後のラウンジ利用 無料 ※80分まで
座席数:12席

FIRST AIRLINES JAPAN公式サイトはこちら

 

【関連記事】《体験レポ》渋谷に6/24オープン!ハウステンボスのVR施設に行ってきた!

日本最大のVR(バーチャル・リアリティ)アトラクション数を誇る「ハウステンボス」の人気コ...


【関連記事】《体験レポ》空の博物館!? 無料の観光スポット第1位の”JAL工場見学”とは

「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」をご存じですか?トリップアドバイザーの「行ってよかった!無...

旅行 FIRSTAIRLINES 池袋 空港 ファーストクラス 体験