「食べるアート」新スポット!チームラボが手掛けるピノとアートの融合その0

「食べるアート」新スポット!チームラボが手掛けるピノとアートの融合

2018-07-13
5677 Point
ひと口アイスのロングセラーブランド「ピノ」の体験型イベント、「pinofantasia(ピノファンタジア)」が2018年8月7日(火)から9月2日(日)の期間限定で開催されます。「ラフォーレミュージアム原宿」の6階に出現する「食べるアート」のひとつにチームラボが参加するなど、ピノ好きもアート好きも必見のイベントです。

「アート」×「食」×「空間」

「アート」×「食」×「空間」
期間限定オープンする「pinofantasia(ピノファンタジア)」は、発売から43年目を迎えるピノ初となる「アート」×「食」×「空間」を掛け合わせた新感覚の体験型イベントです。

“ピノでアートを楽しむ”というユニークな体験を通じて、おいしいだけではない、驚きのある空間を提供。「pinofantasia」内はroom‘イロ’とroom‘ヒカリ’で構成され、無限のカラーリングで自分だけのピノづくりが楽しめるroom‘イロ’内には、高さが3メートルある世界に一つだけのオリジナル「ピノチョコファウンテン」が登場します。room‘ヒカリ’では、「ピノ」がアート集団の「チームラボ」とコラボレーションし、食とデジタルが融合した体験を楽しめます。

オリジナルのアートを生み出せる「room‘イロ’」

オリジナルのアートを生み出せる「room‘イロ’」
8色のチョコレートソースから4色を選んで、自由に色を混ぜて、好きな模様をつくります。チョコレートソースにピノアイスをディップして、自分だけのピノをカラーリング。カラーリングしたピノをpinofantasia限定缶にセットし、6粒揃ったら完成です。
「食べるアート」新スポット!チームラボが手掛けるピノとアートの融合その3
▲pinofantasia限定缶は3種から1種選択。持ち帰って、小物入れなどに再利用するのもおすすめ。

チームラボが手掛けた「room‘ヒカリ’」

チームラボが手掛けた「room‘ヒカリ’」
美しくスプーンに盛り付けた特別メニューの「ピノ」がサーブされると、デジタルコンテンツがスタート。
ピノを乗せたままスプーンを動かしたり、置いたりすることで映像が反応する仕組みを用意。デジタルコンテンツを楽しみながら3種類のピノを使った特別メニューを味わえます。

3種の特別メニュー

ゼリーの上にピノバニラ、パッション味のフルーツピューレとココナッツファインを重ねた「フルーティーゼリーピノ」。フルーツの爽快感とゼリーの清涼感を合わせた夏を感じる一品です。
ストロベリークッキークリームとホイップクリームの層の上に、ピノチョコとストロベリーピューレ、ストロベリークランチを重ね、食感や素材のハーモニーの奥深さを楽しめる「ストロベリーショートピノ」。
「ティーフレーバーピノ」は、クッキークランチ、アーモンドクランチを敷き詰めた上に、クリスピーキャラメルクリーム、ピノアーモンド味、紅茶パウダーを重ね、ナッツとクッキーの香ばしさと豊かな風味が味わえる一品です。


ピノとチームラボが仕掛ける、みんなで楽しめる“食べるアート体験”。楽しさや驚き、ワクワクといった食に対する新しい価値観を与えてくれそうなイベントに、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

イベント情報

◆pinofantasia(ピノファンタジア)
期間:2018年8月7日(火)~9月2日(日) ※8月21日(火)、22日(水)はラフォーレ原宿が休館のため、当イベントも休業
営業時間 :11:00~20:00 
場所:ラフォーレミュージアム原宿 (東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F)
入場料:room ‘イロ’ 1,000円 ※room ‘ヒカリ’は別途500円
 

【関連記事】増田セバスチャン×クロード・モネ。「ポーラ美術館」で7月22日より企画展開催

2017年の夏、銀座の「POLA MUSEUM ANNEX」で開催され大好評で会期を終えた“Point-Rhythm Worl...

旅行 国内 アート 体験 観光 東京都 原宿