都心から近くて便利! 新鮮食材でバーベキューを楽しめる牧場その0

都心から近くて便利! 新鮮食材でバーベキューを楽しめる牧場

2018-10-28
11027 Point

image source: tabiiro.jp

すっかり秋を感じる過ごしやすい気候になりました。バーベキューの季節です。都内からのアクセスもよく、大自然の中新鮮な食材でバーベキューを楽しめる牧場をご紹介します。

まかいの牧場

まかいの牧場

tabiiro.jp

静岡県にある「まかいの牧場」は、動物とのふれあいや農園、お花畑、体験教室、アスレチックなどがある、遊べる牧場です。

この秋おすすめなのが、日帰りのグランピングやバーベキューのプランです。富士山を一望できる自慢のウッドデッキで、地元のお肉や野菜などが食べられます。予約をしておけば、都内の高級店でも人気の地元富士宮のブランド牛「岡村牛」や、ブランド豚「幸寿豚」、幸寿豚のソーセージ、デザート、自家製パン、野菜串などがセットになっているプランを利用できます。
グランピングのプランでは、薪に火をつけてマシュマロを焼いたり、岡村牛のステーキを堪能することもできます。


◆まかいの牧場
住所:静岡県富士宮市内野1327
電話番号:0544-54-0342
営業時間:9:00~17:00(閉園18:00、時期により異なる)
定休日:無休(12月1日~翌3月20日は水曜)
    ※臨時休あり、年末年始等は要問い合わせ
料金:入場料大人800円、小人500円
   入場券は1か月間有効、以後は1割引券として使用可

伊香保グリーン牧場

伊香保グリーン牧場

tabiiro.jp

群馬県の「伊香保グリーン牧場」は、1日中のんびりと過ごせる観光牧場です。ヒツジやポニーへの餌やり体験、ウサギとの散歩、乗馬など、動物と触れ合えるのが魅力のひとつ。とくに、馬車で牧場内を巡る馬車体験や、ニュージーランド仕込みのイヌが羊たちを追ってまとめる「シープドッグショー」が目玉です。また、春には1,500本の桜が咲くなど四季折々の自然も楽しめます。

バーベキューは、歴史あるレストランか、屋外の鉄板を囲むテーブル席で楽しめます。60分食べ放題のバイキングや、ラム肉コース、もち豚コース、上州牛肉コースといったコースがあり、入場料がセットのお得なプランもあるので要チェックです。春から秋にはファミリーキャンプも人気。さらに、レストランやカフェ、濃厚さが人気のソフトクリームなど飲食店も充実しています。


◆伊香保グリーン牧場
住所:群馬県渋川市金井2844-1
電話番号:0279-24-5335
営業時間:9:00~16:00(入場受付15:00まで)
     ※ゴールデンウィーク、サマーフェア期間は9:00~17:00(入場受付16:00まで)、
     冬季(12月1日~2月末)は10:00~16:00(入場受付15:00まで)
定休日:1月上旬~2月末までの平日
    ※正月・祝日は営業
料金:3歳~小学生600円、中学生以上1,200円

成田ゆめ牧場

成田ゆめ牧場

tabiiro.jp

千葉県にあり、夏には約11万2,000本のヒマワリが咲き誇る「成田ゆめ牧場」。ヤギやヒツジの餌やり体験、乗馬、牛の乳しぼりなどが体験できるほか、アスレチックや栗拾いなど、体を動かして遊ぶこともできる牧場です。

バーベキューハウスは、特注のコンロと鉄板を使っており本格的。肉は国産で、バーベキューに適した部位を選んで仕入れているという、こだわりの食材が食べられます。キャンプ場もあり、秋の日をのびのびと過ごすにはぴったりの場所です。


◆成田ゆめ牧場
住所:千葉県成田市名木730
電話番号:0476-96-1001
営業時間:9:00~16:00(閉園17:00、時期により異なる)
定休日:なし
料金:入場料=大人1,400円、小人700円、小・中型犬1,000円、大型犬1,500円

おわりに

都内からのアクセスもいい、バーベキューのできる牧場を3つご紹介しました。過ごしやすいこの季節、自然をめいっぱい満喫できる牧場で、こだわり食材を楽しみませんか?

都心 バーベキュー 牧場 旅行 グルメ