水の都・大垣の老舗和菓子屋「つちや」の美色すぎるお菓子にうっとりその0

水の都・大垣の老舗和菓子屋「つちや」の美色すぎるお菓子にうっとり

2018-08-12
7605 Point
岐阜県大垣市は古くから「水の都」と呼ばれているように地下水が豊富な街として知られています。夏の涼をとるお菓子として「水まんじゅう」などが有名ですが、最近インスタを中心に話題になっているのが、大垣の菓子屋「御菓子つちや」の「みずのいろ」というお菓子です。透き通るような色とりどりのまるい「干錦玉(ほしきんぎょく)」と呼ばれる伝統的な和菓子は職人が一つひとつ手作りしたもの。

「みずのいろ」以外にも「御菓子つちや」は色や水にこだわった様々な商品を生み出しています。食べるのがもったいなくなるくらいきれいすぎるお菓子をご紹介!

文/各務ゆか

見た目の美しさに感嘆する「みずのいろ」

見た目の美しさに感嘆する「みずのいろ」
創業260余年の歴史を持つ「御菓子つちや」。「みずのいろ」は9代目が水の都・大垣をイメージしたお菓子を作りたいと生み出したお菓子。5つの色と風味が凝縮され、その美しさが多くの人の目をひく人気商品となっています。こちらは、「干錦玉(ほしきんぎょく)」という菓子で、寒天の弾力を中央部分に残した伝統的な製法で作られたものです。1枚1枚職人が丹念に手作りするため、製作には予約から12日ほどかかるそう。特に夏のシーズンは予約が殺到することもしばしば。先に電話でおおよその出荷日を確認することをおすすめします。

美しいガラス玉のような見た目は、インスタ映え必至!

美しいガラス玉のような見た目は、インスタ映え必至!
水滴のような形に一枚一枚仕上げられた干錦玉。フレーバーは5種類で、ハイビスカス&ローズヒップ、オレンジピール、カモミール、スペアミント、バタフライ・ピー。それぞれの色にはハーブを使用し、自然な色合いが出されています。これほど薄く仕上げられた干錦玉はめずらしく、職人の意気込みを感じられる逸品です。

「本生 みずのいろ たまつゆ」も美しい!

「本生 みずのいろ たまつゆ」も美しい!
「みずのいろ」に続いて2017年に発売されたのが「本生 みずのいろ たまつゆ」。こちらは葉の上でコロコロと転がる水滴をイメージしたお菓子です。大垣のみずまんじゅうの見た目と似ているので親しみを感じる方も多いのではないでしょうか。ツルっとした喉ごしは夏の暑い日にもぴったりです。梅・白桃・ミントの3種の味を楽しむことができます。
(販売は8月末まで・店頭販売のみ)

新発売「ほしのやどりー星宿ー」はシックな雰囲気が魅力

新発売「ほしのやどりー星宿ー」はシックな雰囲気が魅力
2018年新発売「ほしのやどりー星宿ー」もこれまた美しく大注目の逸品です。本生水羊羹の上に乗っているバタフライ・ピーというハーブから抽出した青色で色づけされたゼリーが、夏の夜空を表現しています。大人っぽい夏のシックさと美しさが両方表現されている様におもわずうっとりしてしまいます。
(販売は8月下旬まで・店頭販売のみ)

このように、水の都と言われる大垣で様々なお菓子を生み出してきた老舗菓子店「御菓子つちや」が生み出すお菓子は、見た目が美しく、人々の心を魅了します。特に夏のシーズンには多くの見た目に涼しいお菓子が勢ぞろいするので、大垣方面を訪れた方はぜひチェックしてみてください!

◆御菓子つちや(俵町本店)
住所:岐阜県大垣市俵町39
営業時間:8:30~19:00
定休日:元日
アクセス:JR大垣駅から徒歩15分

岐阜 旅色 お菓子 和菓子 つちや