科学館×美術館の体験型ミュージアム「AkeruE(アケルエ)」がオープン!その0

科学館×美術館の体験型ミュージアム「AkeruE(アケルエ)」がオープン!

2021-03-24
41939 Point
科学館と美術館の要素を併せ持つパナソニック クリエイティブミュージアム「AkeruE(アケルエ)」が4月3日(土)にオープンします!
モノ・コトづくりと”学び”を両方体験し、ひらめきを形にするための体験型ミュージアムです。

AkeruE

AkeruE
2021年4月3日(土)にオープンするパナソニック クリエイティブミュージアム「AkeruE」は、子どもたちの知的好奇心と「ひらめき力(ギリシャ語でEureka)」を育み、モノ・コトづくりと”学び”の双方を体験できるミュージアムです。


原理を学ぶ科学館の要素と美しさのなかに課題提起を見出す美術館の要素を兼ね備えた展示作品を見て学んだり、ワークショップやスペースでモノ・コトづくりに取り組んだりして、子どもたちのアイデアやひらめきを形にする場所になります。

2階エリア「TECHNITO」

2階エリア「TECHNITO」
「AkeruE」の2階エリアには、モノづくりが体験できる「TECHNITO(テクニート)」があります。


「TECHNITO」には3Dプリンターやレーザーカッタ―といった、データからさまざまなモノを作るデジタルファブリケーション機器が用意してあるので、本格的な機器を使ってのモノづくりを体験することができます。
また、プログラミングや電子工作などを組み合わせてモノづくりを体験するプログラムも開催される予定です。

「ASTRO」と「CHAOS」

「ASTRO」と「CHAOS」
2階には、さまざまなクリエイターが集って交流するである「CHAOS(カオス)」もあり、年齢や仕事、価値観などの違う人たちが集まってアイデアを交換し、立場を越えて協働作業ができる空間となっています。


3階の「ASTRO(アストロ)」はものごとを組み合わせたり掛け合わせたりしてモノづくりをすることの楽しさを知るためのエリアです。
ここには科学や技術と芸術を掛け合わせてできたアート作品と、作品の仕組みを分解して説明している原理の展示があり、これを交互に観察することでアート作品の成り立ちを理解し、何が表現されているかを想像することができます。

「COSMOS」と「PHOTON」

「COSMOS」と「PHOTON」
3階には「ASTRO」のほか、「COSMOS(コスモス)」と「PHOTON(フォトン)」があります。
「COSMOS」はテーマをもとにして自分のひらめきを形にして遊べるエリアで、好きな素材を使って自分の作品を作り、ステージに並べます。
ステージに並べると、他の人の作品と比較したり、全体の調和を見ることで自分の考えたことを振り返ることができます。


「PHOTON」では自分の発想をストーリーに組み立て、映像や写真、アニメーションで表現することができます。


◆パナソニック クリエイティブミュージアム「AkeruE」
住所:東京都江東区有明3-5-1 パナソニックセンター東京 2~3階
電話番号:03-3599-2600
営業時間:10:00~17:00(新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当面の間短縮営業中)
定休日:毎週月曜日
入場料:一般700円(オープン初期は200円割引適応)、団体300円(15名以上、60分コース)

おわりに

2021年4月にオープンする「AkeruE」は、美術館と科学館の要素が融合した体験型ミュージアムです。
学んだり、体験したりが同時にできるのでぜひ足を運んでみてください。

ミュージアム オープン 科学 旅行