【広島】複合施設+住居の新しい街「ミナガルテン」が始動開始その0

【広島】複合施設+住居の新しい街「ミナガルテン」が始動開始

2020-10-04
19207 Point
カフェ&ベーカリー、シェアキッチンなどが一体となった緑豊かな複合型コミュニティ施設「minagarten(ミナガルテン)」が、2020年10月から2021年初夏にかけて段階的にオープンしていきます!
10月16日(金)には料理講座、10月17日(土)と18日(日)には参加型アートイベントやライブコンサートなど、さまざまなイベントが企画されているほか、内覧会も開催されるので、ひと足早く体感してみませんか?

ミナガルテンとは

広島県広島市にある真屋農園跡地をリノベーションした「minagarten(ミナガルテン)」は、緑豊かな住宅エリア、シェアキッチンやカフェなどが一体となった、複合型コミュニティ施設からなる“新しい街”です。

“人と暮らしのウェルビーイング”をテーマに、幸せな暮らしについてみんなで考え、ともに創り出し、次世代につなげていこうという思いがこめられています。

2020年10月から2021年初夏にかけて段階的にオープンする予定で、10/17(土)、18(日)にはシェアキッチンオープン記念アートイベント「STAMP! STAMP! STAMP! 皆賀の庭に花が咲く」が開催されます。

ハウジング

ハウジング
「ミナガルテン」のハウジングエリアは、緑にあふれた14戸の分譲住宅と3戸の賃貸住宅となっています。

エリアの中央には四季を感じる多彩な植物が咲く「みんなの庭」があり、その周りを家が囲むという、住人同士が心地良く安心して暮らしていけるように配慮されたデザインです。あえて壁を立てないことで、隣近所が自然と顔なじみになり、防犯意識も高まる緩やかな地域コミュニティが育まれていくことを目指しています。

ハウジングエリアは2021年初夏、モデルハウスと賃貸住宅の完成で“街びらき”をする予定です。すでに問い合わせを受け付け中なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

コミュニティエリア

コミュニティエリア
「コミュニティエリア」は、園芸資材倉庫2棟をリノベーションして、さまざまな施設を一体化した複合施設になっています。ここでは、地域の人々の交流だけでなく、遠方から訪れる人との出会いや交流、つながりを楽しめる新しい暮らしを目指しています。

1階にカフェ&ベーカリーとブック&ギャラリー、2階にシェアキッチンなどがあり、3階は「民泊ルーム」としての展開が予定されています。また、シェアキッチン直結のガーデンには、ハーブや野菜・果物などが植えられ、その素材を使った料理教室なども実施していくようです。

先行オープン部分

先行オープン部分
2021年初夏に向けて段階的に始動するミナガルテン。この10月に先行オープンするのが、コミュニティエリアの2階シェアキッチン、ガーデン、レンタルスタジオです。

また、10月16日(金)に開催される料理教室のほか、園芸部、アート部、映像部、そしてすでに活動をしているDIY部など共通の趣味を持った仲間と学び合うコミュニティもあるので、興味がある方は問い合わせてみてください。


◆ minagarten
住所:広島県広島市佐伯区皆賀3-8-11

おわりに

広島にオープンする「ミナガルテン」は、地域の人や旅行者と交流しながら新しい暮らしを創出する“新しい街”です。
住宅、民泊、カフェの利用など、さまざまな形で関わることができるので、ぜひチェックしてみてください。

広島 民泊 オープン 旅行