天橋立に面した京都の旅館「文珠荘 松露亭」より「丹後とり貝」を扱った宿泊プランが登場その0

天橋立に面した京都の旅館「文珠荘 松露亭」より「丹後とり貝」を扱った宿泊プランが登場

2018-05-23
56436 Point
丹後大江天橋立国定公園の中にある、木造 総平屋建数寄屋造 全10室の旅館「文珠荘 松露亭」では、「京のブランド産品」でもある京都・丹後地方の初夏の風物詩のひとつ「丹後とり貝」を扱った宿泊プランの予約受付を2018年6月1日(金)より開始します。
多くの文化人が利用している老舗旅館で、京都の旬を味わってみませんか?

料理人が客室で調理

料理人が客室で調理
「丹後とり貝」は京都北部の内湾である宮津湾、舞鶴湾、栗田湾で約1年かけて丁寧に育成した、京都府を代表するブランドとり貝です。

「文珠荘 松露亭」が提供する宿泊プラン『「丹後とり貝」会席』では、京都・丹後地方の旬の天然の味覚料理の数々と共に、料理人がゲストの目の前で調理。最も美味しさを引き出した状態の「丹後とり貝」味わえる特別なプランです。
天橋立に面した京都の旅館「文珠荘 松露亭」より「丹後とり貝」を扱った宿泊プランが登場その2
天橋立に面した京都の旅館「文珠荘 松露亭」より「丹後とり貝」を扱った宿泊プランが登場その3
夕食・朝食ともに部屋食での提供となるため、京都・丹後の夏の味覚をプライベートな空間でゆっくりと楽しめるのも魅力。純和風の客室で贅沢なひとときをすごせます。


◆「丹後とり貝」会席
予約開始:2018年6月1日(金)
※「丹後とり貝」が無くなり次第終了。12才以下は利用不可。

「文珠荘 松露亭」とは?

「文珠荘 松露亭」とは?

tabiiro.jp

智恩寺文殊堂の裏手にあり、三方向を内海の阿蘇海に囲まれ、穏やかな波の音を聞きながらの滞在が叶う「文珠荘 松露亭」。“美肌の湯”といわれる温泉が楽しめるほか、時間ごとに違う表情を魅せる自然が一望できる点も魅力。

館内のさまざまな場所から「天橋立」が望め、日常の喧騒から離れた上質な時間を過ごせます。山口瞳氏「行きつけの店」にて「何もかも真ッ平で穏やか」と評されるなど、多くの文化人に利用されている、一度は宿泊したい憧れの宿です。


◆文珠荘 松露亭
所在地:京都府宮津市天橋立文珠堂岬
電話番号:0772-22-2151
アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」より徒歩約5分



 

【関連記事】食べるための旅をしよう。美食を味わえる京都のおすすめ旅館3選

京都といえば、美食の町でもあります。そんな京都では、京都の味を満喫したいですね。今回は...


【関連記事】SNSで話題のパフェや新作も!京都・伊藤久右衛門が“紫陽花フェア”開催

京都宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」では、紫陽花の季節に合わせ、2018年5月18日(金)より初と...

旅行 京都府 宿 旅館 宿泊