【奈良県】新しい名所誕生!中川政七商店初の複合商業施設
「鹿猿狐ビルヂング」がグランドオープンその0

【奈良県】新しい名所誕生!中川政七商店初の複合商業施設 「鹿猿狐ビルヂング」がグランドオープン

2021-04-13
52285 Point
4月14日(水)、「中川政七商店」初となる複合商業施設が奈良県にオープンします。買い物や食事はもちろん、ワークショップなどの体験型コンテンツも揃った「鹿猿狐ビルヂング」は、奈良の新たな注目スポットですよ。

鹿猿狐ビルヂング

鹿猿狐ビルヂング
「中川政七商店」初となる複合商業施設「鹿猿狐ビルヂング」が、創業の地である奈良市元林院町(ならまちエリア)にオープンしました! 「中川政七商店」は江戸時代中期に創業して以来、日本の工芸をベースに生活雑貨の製作・販売をしてきましたが、「鹿猿狐ビルヂング」では“路地を巡り出会う、触れ、学び、味わう奈良”をコンセプトに、「中川政七商店」での買い物だけでなく、グルメやコワーキングスペース、ワークショップなどで、奈良の歴史や文化に触れられる体験を用意。奈良の魅力を発信するスポットとして注目されています。

日本を代表する建築家の内藤廣氏が手掛けた建物は、開放的なガラス窓と瓦屋根が印象的で“ならまち”の街並みによく溶け込んでいます。街並みと一体化した建物は居心地が良く、ついつい長居してしまいそうですね。

中川政七商店 奈良本店

中川政七商店 奈良本店
「鹿猿狐ビルヂング」の1階と2階に入るのは、「中川政七商店 奈良本店」です。創業の地にできた旗艦店として、ここでしか手に入らない限定品や奈良を訪れた記念になるような品、300年の歴史が紡いできた暮らしに寄り添う道具などを購入することができます。

「中川政七商店」は、もともと手績(う)み手織りの麻織物といった日本の工芸をベースとする生活雑貨を扱うお店ですが、「鹿猿狐ビルヂング」自体がその根底にある奈良という土地の価値観や美意識を感じられる施設となっています。

猿田彦珈琲と㐂つね

猿田彦珈琲と㐂つね
「鹿猿狐ビルヂング」の名前の由来は、「中川政七商店」のロゴにもなっている鹿、そして「猿田彦珈琲」の猿、「㐂(き)つね」の狐を合わせたものです。「鹿猿狐ビルヂング」の1階には、スペシャルティコーヒー専門店の「猿田彦珈琲」と東京・代々木上原のミシュラン一つ星掲載店「sio」によるすき焼きをメインにコースを楽しむレストラン「㐂つね」があります。

「猿田彦珈琲」は関西初出店、「㐂つね」は「sio」による新業態のすき焼きメインのレストラン。観光のお供に最適なお弁当のテイクアウトも可能ですよ。

体験コンテンツや周辺散策も

体験コンテンツや周辺散策も
「鹿猿狐ビルヂング」の3階には「中川政七商店」による初のコワーキングスペース「JIRIN」が入っています。BACHの幅允孝氏が選書したライブラリも用意され、「中川政七商店」が企画する経営講座やトークイベントなどのプログラムも開かれる予定です。そのほかに、奈良の工芸や文化に触れられるワークショップも開催されますよ。

また、近隣にある築100余年の町家を活かした施設もリニューアルされます。日本の染色技術を活かした服や小物が並ぶ「遊 中川 本店」や茶道の新たな楽しみ方を提案する「茶論 奈良町店」をはじめ、改装した町家の貯蔵庫には、「中川政七商店」の歴史に触れられる「時蔵」と“手績み手織り麻”のもの作り体験ができる「布蔵」を設置。こちらにも足を伸ばしてみたくなりますね。


◆鹿猿狐ビルヂング
住所:奈良県奈良市元林院町22番
営業時間:店舗により異なる
定休日:なし

おわりに

「鹿猿狐ビルヂング」は、奈良の歴史や趣を感じながら、ここならではのショッピングやグルメが楽しめる複合商業施設です。周辺の施設もリニューアルされるので、ならまち巡りも兼ねて足を運んでみては。

奈良 オープン ショッピング 旅行