120万枚の桜の花びらに埋もれて日本酒でほろ酔い。表参道で体験型インドア花見その0

120万枚の桜の花びらに埋もれて日本酒でほろ酔い。表参道で体験型インドア花見

2019-03-17
90194 Point
2019年3月22日(金)〜31日(日)の10日間限定で、体験型インドア花見を楽しみながら佐賀のお酒とイチゴを楽しめるチルアウトバー「SAKURA CHILL BAR(サクラチルバー) by 佐賀」が、表参道「IKI-BA in commune 2nd」にオープンします! 桜の花びらに埋もれながら、日本酒でほろ酔い気分を味わいましょう。

去年も行われた大人気イベント

去年も行われた大人気イベント

prtimes.jp

「SAKURA CHILL BAR(サクラチルバー) by 佐賀」は、九州で随一の日本酒県という酒処・佐賀のお酒を楽しむ「桜の花が舞い散る」をコンセプトにしたチルアウトバーです。チルアウトとはゆったりとした、という意味で「桜散る」と「チルアウト」をかけた店名になっています。

店内には桜の木が設置され、120万枚もの花びらに埋もれながら佐賀の日本酒と佐賀の名産のおつまみ、話題の新ブランドイチゴ「いちごさん」が楽しめます。初開催となった去年は、連日1時間半という行列ができ、来店者のリピート意向が98%というかなりの満足度を記録したお店です。

インドア花見を楽しもう

インドア花見を楽しもう
店内は、桜をテーマにしたフォトジェニックな空間。大きな桜の木が設置され、120万枚の花びらを敷き詰めた「桜プール」があり、今話題の「インドア花見」に最適です。なかなか読めない満開具合や、まだ少し肌寒い天候に振り回されずにお花見ができるうえ、「桜プール」にうもれて写真を撮れば、思わず友人に自慢したくなる写真が撮れちゃいます。

桜モチーフの酒器でいただく佐賀のお酒

桜モチーフの酒器でいただく佐賀のお酒
佐賀のお酒は期間によって変わる23銘柄の中から3種類を選んで飲み比べできるセット。銘柄は桜の品種に見立てて4つに分類されているので、日本酒に詳しくなくても大丈夫。甘口系の「シダレザクラ」や辛口の「ヤマザクラ」、みずみずしい「ソメイヨシノ」、リッチな味わいの「ヤエザクラ」から選ぶことができます。専用にデザインされた酒器「桜升」で提供されるので、ここでも写真映えが叶います。

いちごさんを味わう

いちごさんを味わう
今年の注目は、話題の新ブランドイチゴの「いちごさん」と佐賀の日本酒のペアリングが楽しめることです。果汁のみずみずしさと優しい甘さが自慢の「いちごさん」は、日本酒3種の飲み比べと佐賀の名産おつまみのセットに「いちごさん」をトッピングする「いちごさんSET」として登場。味わう前に、お猪口にトッピングされた見た目が艶やかで美しいので、ここでも撮影必須ですね。


◆SAKURA CHILL BAR by 佐賀
場所:IKIBA in commune2nd  
   東京都港区南青山3-13
開催日:2019年3月22日(金)〜31日(日)
営業時間:平日 15:30〜21:45 
     土・日11:00〜21:45 
     ※最終入店時間21:15
天候に左右されず、フォトジェニックで気分が上がる今回のイベント、今注目の「インドア花見」のひとつとしても注目されています。今年のお花見はインドアがいい! という人は、全国で花見を楽しめるお店を紹介している特集もご覧ください。

旅色「インドア花見で春気分満開!」はこちら

おわりに

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」は、ここでしか体験できない特別なインドア花見と佐賀の日本酒、話題の「いちごさん」が楽しめるイベントです。フォトジェニックなお花見が希望なら、ぜひ足を運んでみてください。

日本酒 インドア花見 東京 旅行 イチゴ