【台湾情報】山形県観光大使のCEOが“山形閣”と命名した温泉リゾート。大きな内風呂で美人の湯を心ゆくまでその0

【台湾情報】山形県観光大使のCEOが“山形閣”と命名した温泉リゾート。大きな内風呂で美人の湯を心ゆくまで

2018-08-15
28714 Point
台北駅から特急電車で約1時間。ここ宜蘭は『孤独のグルメ』の台湾編で紹介されたことから、日本での認知度が一気に高まった、台湾北東の沿岸地域です。宜蘭を訪れる目的は、サーファーでないなら、礁溪温泉でゆるむこと。台湾ローカルなら日帰り温泉もアリですが、わざわざ出向くなら、近年充実してきたリゾートホテルで一泊を。オープン間もない「礁溪山形閣溫泉飯店(YAMAGATA KAKU HOTEL&SPA)」は、アクセスの良さが魅力です。

山をモチーフにした個性的な外観

山をモチーフにした個性的な外観
「礁溪山形閣溫泉飯店」は、若い世代に人気の「柑子商旅ORANGE HOTEL」を台北市内に続々とオープンさせ、躍進中の福泰飯店集團(フォルテホテルグループ)が手がけた自信作。台湾鉄道の宜蘭駅、礁溪バスターミナルから徒歩約3分と立地は抜群。さらに観光路線バス「宜蘭勁好行」の礁溪線を利用すれば、フィトンチッドに癒されるハイキングコース「林美石磐步道」や「跑馬古道」、マイナスイオン溢れる滝「五峰旗瀑布」といった名所めぐりもラクラク。もちろん、市内の繁華街も徒歩で回れる便利な立地です。

ホテル名の「山形閣」は、宜蘭県の雪山山脈と中央山脈の稜線にちなんだもの。外観も山のイメージを取り入れたモダンかつ優美なデザインで、ひときわ目を引く佇まいです。そしてもうひとつ。なんと日本の山形県に由来しているそう。美人の湯をはじめとした豊かな温泉があり、農業が盛んで、山形にはさくらんぼ、宜蘭にはキンカンという、とびきりの名産がある……宜蘭と山形には共通点が多いことから縁がうまれ、フォルテホテルグループのCEO寥東漢氏は山形県の「やまがた特命観光・つや姫大使」にも就任。そうした経緯から、ホテル名に麗しき“山形”の名称を冠したといいます。

木の温もりを活かしたナチュラルテイストのインテリア

木の温もりを活かしたナチュラルテイストのインテリア
ホテルは12階あり、客室は7タイプ、全122室。自然を意識した内装で、全室にフローリングを採用。また、壁面にも木材を多用し、大地や稲穂などをイメージしたアースカラーでまとめています。そこに山、河、海、平野といった宜蘭らしいモチーフ、原住民の噶瑪蘭族(クヴァラン族)特有のバナナ繊維の織物を取り入れ、この土地のぬくもりを演出しています。

1トンの美人の湯に浸かる贅沢体験

1トンの美人の湯に浸かる贅沢体験
どのタイプの部屋にも独立した大きなバスタブがあり、なんと1トンものお湯を溜めることができるのだそう。泉質は、美人の湯といわれる炭酸水素塩泉(重曹泉)。たっぷりのお湯を溜めたなら、ゆっくり浸かって、旅の疲れを癒しましょう。

ガラス窓に面したバスタブのある部屋では、間近には礁溪地区、その先には蘭陽平野、天気が良ければ東海岸の龜山島を望むことも。昼と夜とでは景色の趣が異なるので、朝風呂に入って、緑あふれる眺望も楽しんで。サウナ好きなら、2階にある大浴場へ。ヒノキのサウナルームで存分にリフレッシュして。

異国で出会う畳部屋。その素晴らしさを再認識

異国で出会う畳部屋。その素晴らしさを再認識
また、台湾ローカルに人気なのが、和室スペースがある「豪華雙人房」。実は、台湾には少数ながら畳屋さんが残っており(街で「塌塌米」の看板を見かけたら、それが畳屋さんです)、この部屋の畳は、宜蘭で三代続いている畳職人さんが手作業で仕上げたもの。新しい畳の爽やかな香りは、癒し効果満点。日本人ですら非日常のものになりつつある畳の部屋……もしかすると、私たちこそ、こういう機会に大いに利用すべきなのかもしれません。窓には障子、座卓と座布団が置かれていて、これが海外のホテルだと思うと、何だかほっこりしてしまいます。

もちろん、お子様連れの宿泊もOK。予約時に申し出れば、ベビーベッド、ベビーバス、哺乳瓶の消毒器を準備してもらえます。館内にはキッズスペースも完備。ママに優しい温泉リゾートホテルです。

抜群の開放感! パノラマビューのレストラン

最上階の景観レストラン「米澤廳」は、19卓での宴会が開けるほど広々としたスペース。窓からは蘭陽平野が一望でき、季節によって緑から金色へと変わる水田の彩りを楽しめます。風にそよぐ稲穂にこの先の豊かな実りを想像し、安堵を覚えるのは、私たちがお米を主食とする日本人だからでしょうか。

その日仕入れた食材で、一期一会の一皿を

シェフの陳興旺氏は、国際的ホテルで35年の経験を持つ大ベテラン。料理人の方々は自ら漁港に出向き、漁師と交渉して最良の魚介を仕入れ、その日のうちに調理。だから決まったメニューはありません。とれたての食材で作った、一期一会の創作料理……滋味あふれる旬の料理は、最高の贅沢といえるでしょう。また、山形との縁が深いことから、おそば、和牛といった日本食材も積極的に取り入れています。

また、1階には日本式ラーメン店があり、濃厚なスープ&歯ごたえある麺の豚骨ラーメンのほか、揚げ物や串焼きなどを提供しています。20時から23時半までは、深夜食堂兼居酒屋として営業。夜食をいただくもよし、お風呂上がりの一杯をこちらでいただくのもよし!
初めての郊外でも、駅近ホテルなら、迷う心配もなく安心。しかもオープンから間もないので、すべての施設がピッカピカ。宜蘭の人々の温かなおもてなしと礁溪の自然に触れる旅。日頃の緊張がゆったりとほぐれていくのを実感するはず。


◆礁溪山形閣溫泉飯店
住所:宜蘭縣礁溪郷中山路二段187號
電話:+886-3-987-2323
 

【関連記事】【台湾情報】日系ならではの安心感と抜群のホスピタリティで根強い人気のホテルがリニューアル!

台北滞在をより快適にするポイント、それはホテル選びに他なりません。台北のホテルはこの数...


台湾 旅行 国内 宜蘭 ホテル 山形県 宿 温泉