魅惑の鉱物の世界広がる!石の博物館「玄武洞ミュージアム」が3月24日オープンその0

魅惑の鉱物の世界広がる!石の博物館「玄武洞ミュージアム」が3月24日オープン

2018-03-03
47125 Point
兵庫県最大の石の博物館「玄武洞ミュージアム」が、2018年3月24日(土)にグランドオープンを迎えます。1971年に開館して以来、これまで世界中から集めた珍しい石を中心におよそ4,000点余りを収蔵した博物館として営業していましたが、この度総工費8億円をかけた新ミュージアムに。
かご編みや石のペンダント作りの体験も楽しめるスポットとして、より魅力的に生まれ変わります。

テーマは「ジオミュージアム」

テーマは「ジオミュージアム」
これまで世界の石の花・華の博物館として、世界中から集めた珍しい石を中心におよそ4,000点余りを収蔵し、併設する国の伝統工芸品、豊岡杞柳細工を展示する「豊岡杞柳細工ミュージアム」とともに多くの人々が来館してきました。

リニューアルに伴い、博物館コンテンツの更なる充実とホスピタリティをパワーアップしたサービス施設棟を新設。
魅惑の鉱物の世界広がる!石の博物館「玄武洞ミュージアム」が3月24日オープンその2
1階では「玄武洞と玄武岩・山陰海岸ジオパークと人々の暮らし(伝統工芸の杞柳細工など)」、2階では「鉱物の美しく不思議な世界・化石で見る生命の歴史」をわかりやすく体感できるようになっています。

さらに、光る石のコーナーやカンカン石の楽器などの人気展示に加えて、アジアゾウやティラノサウルス・翼竜ほか大型化石や楽しいハンズオンも加わります。また、かご編みや石のペンダント作りの体験も楽しめます。

オリジナルメニューを提供

オリジナルメニューを提供
さらに、飲食・物販棟も充実させ、全く新しいオリジナルメニューが登場します。
魅惑の鉱物の世界広がる!石の博物館「玄武洞ミュージアム」が3月24日オープンその4
こちらは但馬牛と季節の地元食材を使用したランチプレート「玄武洞かご手まりむすび膳」。玄武岩をかたどった六角形のプレートにおかずが、豊岡特産品の行李には“ひとくちおむすび”が入っています。


玄武洞にまつわる“石の展示”をメインに、“地質の歴史”から“生物、生命の歴史”へと解説の幅を広げ、訪れる来館者の様々な目的に応えられる展示構築を行った「玄武洞ミュージアム」。大迫力のティラノサウルスと生命の歴史を語る数々の化石たちの展示も予定されているので、家族や友人と訪れたいスポットです。

施設概要

◆玄武洞ミュージアム
所在地:兵庫県豊岡市赤石1362番地
電話番号:0796-23-3821
開業:2018年3月24日(土)
サービス設備:駐車場70台、バス5台、レストラン52席(展望テラス席あり)
入場料:大人800円(中学生以上)、小人400円(小学生以上)、幼児300円(5歳以上の未就学児童)
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜日 ※祝日、春・夏休み期間、GW、SWは休まず営業
その他施設:ミュージアムショップ


【関連記事】絶景とともに過ごすゆるやかな時間。癒されたいときに泊まりたい宿

兵庫県の日和山温泉に位置する「ホテル金波楼」は、日本海に面していて眺望も良く、新鮮な魚...


【関連記事】「トヨオカ カバン アルチザン アベニュー」林健太さんに聞く“鞄のまち”兵庫県豊岡市の魅力

兵庫県豊岡市は“鞄のまち”だって知っていますか?実は、国産の鞄の7割が、豊岡市で生産されて...

兵庫県 旅行 国内 博物館 オープン 観光