累計23万人動員!「ホテル雅叙園東京」で都内最大級のあかりアート展開催その0

累計23万人動員!「ホテル雅叙園東京」で都内最大級のあかりアート展開催

2018-06-16
35293 Point
創業90周年を迎える「ホテル雅叙園東京」内にある東京都指定有形文化財「百段階段」で、2018年7月7日(土)~9月2日(日)までの期間中「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」が開催されます。
第4回目となる今回は「青森ねぶた」をはじめ、日本各地からシリーズ最大、前回の約2倍の63団体、1,000点を超える作品が集結。初となる香りの演出が登場など、見どころが満載です。
累計23万人動員!「ホテル雅叙園東京」で都内最大級のあかりアート展開催その1
今回のために制作された青森ねぶた「竹取物語」/漁樵の間


会場である「百段階段」は、1935年に建てられ、雅叙園の歴史と共にさまざまな集いの場として多くの人々を迎えてきました。類稀な建築・美術による空間美から2009年には東京都指定有形文化財に認定されています。

2015年から毎年行われている本展の第1回目は、有形文化財である「百段階段」に無形文化財である「青森ねぶた」をコラボレーションするなど従来の企画展の概念を変える展示を展開。第2回目では過去最高となる9万人の来場者を数える人気企画となりました。

第4回目となる今回は、前回の参加団体・作家数 35団体の2倍近い、63の出展者による展示が実現。人の身長よりも大きな「青森ねぶた」から、手のひらにのる「江戸切子」まで、「祭り」「アート」「デザイン」「職人」「テクノロジー」をテーマに一堂に会し、全作品の写真撮影が可能となっています。

ねぶた界初。「3流派による完全新作の共同作品」を公開

今回は、ねぶた界初の試みとして現地青森では実現しない「3流派による完全新作の共同作品」を公開。青森ねぶた祭り最終日の海上運行の様に水面に浮かぶ「ねぶた」をイメージした幻想的な作品です。その昔、筍の産地として知られ竹林にあふれた目黒と、部屋のモチーフとして描かれている平安時代に誕生した「竹取物語」の世界を美しく創り上げています。

インスタレーションアート集団「ミラーボーラー」が新作を発表

インスタレーションアート集団「ミラーボーラー」が新作を発表
国宝「姫路城」や「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など数々の大舞台を沸かせてきた、光りの空間演出をするインスタレーションアート集団「ミラーボーラー」が日本画に囲まれた文化財を舞台に新作を発表します。

初の3部作同時展示

初の3部作同時展示
日本画家 間島秀徳氏が、6年の歳月をかけ、昨年末に完成させた3部作、幅6.8m 高さ2.2mにおよぶ大作を展示。今回が初の3部作同時展示となります。

文化財に光の落書き体験

「百段階段」の頂上にあたる第8の部屋を今年も特別開放し「光の屏風」を設置。特別な筆を用いて光の落書きを楽しめます。

和のあかり展初となる香りの演出が登場

「百段階段」史上初となる試みとして日本上陸10周年を迎えるイスラエル発のボディケアブランド「SABON」による香りの演出が実現しました。日本からインスピレーションを受けて作られた特別なコレクション「Decade」の香りを五感で感じられます。

イベント概要

◆和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~
開催期間:2018年7月7日(土)~9月2日(日)
定休日:会期中無休
開催時間:月~木10:00~17:00(最終入館16:30)、金・土・日・祝および8月13日~17日 10:00~20:00(最終入館19:30)
※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)
入場料:当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円7月6日まで)、学生 800円 ※要学生証呈示、小学生以下無料
会場:ホテル雅叙園東京
お問い合わせ:03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)
 

【関連記事】チームラボによる「下鴨神社」のイベントが今年も開催。世界遺産でアートを体感

世界遺産に認定されている「下鴨神社(賀茂御祖神社)」で、今年もteamLab(チームラボ)によ...


【関連記事】「紫陽花の押し花朱印」も。約5,000株が咲き誇る「あじさいウイーク」 開催

京都府長岡京市の柳谷観音では、2018年6月9日(土)から7月1日(日)まで、境内に京都最大規...

イベント 旅行 国内 ホテル 目黒 東京都 都内 観光 アート