自分へのご褒美にも!淡路島の特産品をウィンターギフトにする賢い方法その0

自分へのご褒美にも!淡路島の特産品をウィンターギフトにする賢い方法

2017-12-06
13777 Point
LCCを利用すれば東京ー大阪間が約5,000円~。さらに関西国際空港から直行船も運行していてアクセス良好と、いま女性の間で人気の島旅スポットが淡路島です。かつては「御食国(みけつくに)」として食材を天皇に献上していたほどグルメの宝庫。旅先でのお土産はもちろんのこと、お取り寄せしたい特産品がずらりと揃っているんです!

【淡路島 特産品①】あの有名銘柄牛のルーツとなった肉

【淡路島 特産品①】あの有名銘柄牛のルーツとなった肉
まずご紹介したい特産品のひとつが「淡路ビーフ」。実は松坂牛や神戸牛のルーツがこの「淡路ビーフ」なんです。さすが有名ブランド牛の祖先種だけあって、脂肪と赤身のバランスが絶妙! 口にした瞬間に程よく甘味が広がり、噛むほどに適度な赤身肉の弾力と濃厚な旨味を楽しめます。

写真のような極上の肉厚ステーキで味わうもよし。お取り寄せではしゃぶしゃぶ、すき焼きのセットも販売しています。珍しいところでは「淡路牛バーガー」のセットも。

【淡路島 特産品②】淡路島限定のクラフトビール

【淡路島 特産品②】淡路島限定のクラフトビール
淡路島の名産といえば、玉ねぎや魚介類が有名ですが、最近ではお歳暮など冬の贈り物に最適なビールも人気です。写真のカラフルで可愛らしいパッケージデザイン「あわぢびーる」は、淡路島を代表するクラフトビール。"生きた酵母"をウリにビール本来の風味を活かした味わいがたまりません。

ピルスナー、レッドエール、ヴァイツェン、アルト、淡路米仕込ピルスナーのほか、写真右の淡路島の天然レモンを使用したフレーバービール「島レモン」もおすすめですよ。

【淡路島 特産品③】淡路といえばやっぱり「淡路島たまねぎ」

【淡路島 特産品③】淡路といえばやっぱり「淡路島たまねぎ」
最後におすすめしたい特産品が「淡路島たまねぎ」。肥沃な大地の恵みを受けて育った淡路島の玉ねぎは、程良い甘さと適度な柔らかさで、「煮てよし、焼いてよし、生でもよし」と言われるほど全国でも有名。

お取り寄せするなら「淡路島たまねぎ」を含め四季折々の野菜を届けてくるセットが便利。「淡路島たまねぎ」を使用した玉ねぎスープ、炒め玉ねぎ、玉ねぎ皮茶が詰め合わせになったお得な商品もあるので、ぜひ注文してみて。

淡路島の特産品をお取り寄せするなら「ふるさと納税」がベスト!

淡路島の特産品をお取り寄せするなら「ふるさと納税」がベスト!
淡路島の特産品を気軽に自宅で味わうなら、「ふるさと納税」を活用したいところ。「ふるさと納税」とは、自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、税金の一定額が還付・控除されるシステム。寄附した感謝の気持ちとして、自治体から名産品など「お礼の品」を受け取ることができます。

もちろん、今回ご紹介した「淡路牛」や「あわぢびーる」「淡路島たまねぎ」も、もれなく「ふるさと納税」の返礼品としてラインナップしています。友人・知人へのウィンターギフトに、自分へのご褒美に、ぜひ利用してみてはいかがでしょう。気になる方はふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」をチェックしてみて。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」公式ホームページはこちら

 

【関連記事】淡路島から出航する、渦潮とカモメに出会う船旅。冬季限定のうずしおクルーズへ

兵庫県・淡路島から出航しているうずしおクルーズでは、現在野生のカモメとのふれあえるクル...


【関連記事】瀬戸内海最大の島・淡路島のおすすめ湯宿3選

瀬戸内海最大の島、淡路島は鳴門海峡のうず潮や沼島をはじめとする自然、淡路ビーフやたまね...

旅行 淡路島 兵庫 ギフト お歳暮 特産品 ふるさと納税