世界遺産・春日山原始林に囲まれた宿「奈良・春日奥山 月日亭」その0

世界遺産・春日山原始林に囲まれた宿「奈良・春日奥山 月日亭」

2017-10-26
42034 Point

image source: tabiiro.jp

「奈良・春日奥山 月日亭」は、6千年もの間、姿を変えずにきた世界遺産の春日山原始林にたたずむ一軒宿です。近鉄奈良駅から5分ほどというアクセスの良さがありながら、喧騒とは無縁の神聖な雰囲気に満たされた料理旅館で、心豊かなひとときを過ごしませんか?

3つの離れからなる宿

3つの離れからなる宿

tabiiro.jp

「奈良・春日奥山 月日亭」は、小さい宿ならではの心づくしのおもてなしが嬉しい一軒宿です。3部屋とも純和風の離れなので、外の緑を取り込める面積が大きく、自然に近い空間が魅力。

清々しい空気が漂う8帖の「柳」、一番奥にあり丸窓が風情のある「萩」、一番大きな造りでゆったりと過ごせる10帖の間と6帖の間のある「若葉」があります。
「柳」と「萩」にはお風呂がついていて「若葉」にはついていませんが、貸切風呂が2か所あるのでそちらを使うことができます。

本格和会席料理

本格和会席料理

tabiiro.jp

古都の旬の味覚が存分に味わえる本格派の和会席料理は、月替わりの献立で提供しています。宿泊者は「四季会席」か肉や新鮮な魚介を小さな陶板で焼く名物の陶板焼きがついてくる「陶板会席」かを選ぶことができます。

朝食には、奈良の郷土料理の「茶粥」を。優しい朝食で、旅の活力を得られるはずです。

式場としても利用される宿

式場としても利用される宿

tabiiro.jp

「奈良・春日奥山 月日亭」では、披露宴会場としても利用されることが多く、6年連続でミシュランガイドに掲載された料理と明治36年に竣工された格調高い大広間で特別な日を演出してくれます。春日山原始林を借景にした日本庭園も含め、和装、洋装ともにとても写真映えすると評判。思い出に残る一枚を撮影できます。

由緒ある宿

「奈良・春日奥山 月日亭」は、明治36年に奈良県知事が要人をおもてなしする場所として建てられました。「月日亭」という名前も、古都奈良の雰囲気を現代に伝えるためにという願いのこめられた由緒ある旅館です。

神聖な春日大社が近いことからそこかしこに厳かな雰囲気がありますが、奈良公園が近く、時には鹿も軒先に遊びに来て心を和ませてくれます。


◆奈良・春日奥山 月日亭
住所:奈良県奈良市春日野町158
電話番号:0742-26-2021


奈良・春日奥山月日亭 奈良県 旅行 世界遺産 国内 宿