【台湾情報】花蓮きっての景勝地・七星潭に爆誕! バロック&ロココ調の豪奢なホテルが話題その0

【台湾情報】花蓮きっての景勝地・七星潭に爆誕! バロック&ロココ調の豪奢なホテルが話題

2022-02-19
39008 Point
花蓮県を代表する名所・七星潭。断層によって形成された海峡で、太平洋に面した海岸は美しい弧を描いており、その様子から月牙灣とも呼ばれています。透明度の高い海はどこまでも青く、辺り一帯は七星潭風景区として整備され、サイクリングも楽しめる人気スポットとなっています。この地に2022年1月末に正式オープンしたホテル「七星潭水上明月海景渡假旅店Hotel Moon」は、17世紀のヨーロッパのお城を彷彿とさせる外観、非日常的なゴージャスな内装で早くも話題。ロイヤル気分が体験可能なホテルの全貌に迫ります。

荘厳にして優美。眩いばかりの調度品で飾られたロビーは圧巻!

荘厳にして優美。眩いばかりの調度品で飾られたロビーは圧巻!
「美しきものにはほとんど上限がなく、また錬磨にも時間を要する」というコンセプトのもと、7年という時間をかけて厳格に建造された「七星潭水上明月海景渡假旅店」。バロックの建築様式を取り入れた、優雅で華のある外観がひときわ目を引きます。「水」の文字をデザインしたエントランス、ステンドグラス、1000kg超の重量がある鋳造鉄による門枠など、門構えだけでも荘厳。そしてロビーに足を踏み入れたなら、8本の鋳造製の大柱で支えられた大型ドーム、そこにメリーゴーランドのように描かれた躍動感ある馬の姿にしばし見とれ、また至るところに施されたロココ調の豪華絢爛な装飾に目を見張ることでしょう。
【台湾情報】花蓮きっての景勝地・七星潭に爆誕! バロック&ロココ調の豪奢なホテルが話題その2
【台湾情報】花蓮きっての景勝地・七星潭に爆誕! バロック&ロココ調の豪奢なホテルが話題その3
一階のロビーの内装の華やかさはそれだけではありません。ギリシャの女神をモチーフにした噴水はアメリカから輸入、金色に輝く大型のボンボン時計はオーナーが所蔵していたアンティーク。はるか遠くのドバイから海を渡ってきた貝殻のソファセット、まばゆいばかりの大型シャンデリア、クラシカルなグランドピアノなど、さまざまな文化の豪奢なエッセンスが一堂に会したかのような、またアニメの『美女と野獣』を彷彿とさせる世界観が広がっていて、じっくり見て味わうに値する空間が造られています。

時代も国も超越した非日常感。細部にまで施された装飾にうっとり。

時代も国も超越した非日常感。細部にまで施された装飾にうっとり。
この豪華な雰囲気はエレベーターホール、廊下、客室へも続いていきます。9階建ての本館の客室は全25室あり、10数坪から30坪とさまざま。ロココ調、ネオクラシック調、ロマン調など、ドアを開けた瞬間、驚かずにはいられない空間が広がっています。部屋ごとに特色ある内装となっていて、天井板、壁紙、手描きの絵画、ベッドのヘッドボードの壁装飾、ベッドフレームの彫刻、シャンデリア、重厚感ある家具等々、いずれも繊細を極めた造り。どこをどう切り取ってもフォトジェニックです。また、独立したバルコニーを備えていて、美しい月牙灣のオーシャンビューを堪能できるのも特筆すべき魅力といえるでしょう。

ホテルが最も胸を張る自慢の客室は、その名も「文藝復興國王房(ルネッサンス・キングルーム)」と「巴洛克風情皇后房(バロック・クイーンルーム)」。250年という時空間を跨ぐ王と女王の気分に浸れる究極の贅沢を体験してください。

豪華な造りに相応しい本物志向。ベッドスプリングはシモンズ社製。

内装の素晴らしさに違わず、設えも高級志向が貫かれています。ベッドは“一度寝たら起きられない”と称されるシモンズのスプリング、リネンはミラノの人気ブランドKUANをチョイス。ドライヤーは柔らかな風が特徴のダイソン製…と各国の名品に囲まれたひとときを過ごせます。

フランスの老舗ブランドのアメニティの香りに包まれ、ジェットバスでリラックス。

全室とも、洗面台や鏡にも彫刻が施されるなど、細部にまでその世界観が息づいています。バスルームの設備には、輸入品の温水洗浄便座やジェットバスを採用。七色に変わるライティングはドリーミーな雰囲気を演出してくれます。バスアメニティは、1926年創業のフランスの老舗パフューマリー「フラゴナール」。パリの「ホテル デュ ループル」にも置かれているブランドのアイテムで、芳しい香りがバスルームに広がり、優雅なひとときが過ごせます。

館内レストランは、西洋&中華の2軒。ご当地食材を使った創作料理に舌鼓。

食へのこだわりも忘れていません。洋式レストラン「豐香創意料理」でいただけるのは、視覚と味覚の交響楽といえる創作料理の数々。花蓮の四季と風土を感じられるご当地食材を使い、ヨーロッパのクラッシックとモダンを融合させたメニューに仕立てています。シェフ渾身の料理は、ポーランド製のハンドメイドの陶器に盛り付け。時代や場所を自由に行き来するかのような、華やかで希少、そして満足度の高い食体験を提供しています。館内には、他に中華レストラン「團圓」もあり、美食三昧の滞在となること間違いなしです。

屋上レストランやSPAを独り占めできる特別プランも登場。

プレオープン期間中から好評を博しているのが「一泊二食」プラン。ゲストは館内レストランで自由に飲食ができるのが特徴です。また、屋上にはガラス張りのペントハウス・レストランがあり、VIPとして貸し切ることが可能。この屋上にはSPAプールもあり、何にも遮られることのない山海風景を楽しみながら、プライスレスなくつろぎを堪能できます。

おわりに

「水上には情が満ち、月明かりはあなたの心をほぐす」。山と海と空の間に佇む「七星潭水上明月海景渡假旅店」が招待するのは、太平洋の青い海、月牙灣の潮の満ち引き、遠くにのぞむ清水断崖と濃緑の山脈などを眺め、俗世間での疲れや汚れを洗い流す空間です。ロビーで不定期に開催される音楽会や饗宴も見逃せません。非日常的な空間と献身的なサービス…忘れがたい特別なリゾート体験をぜひ。

◆七星潭水上明月海景渡假旅店Hotel Moon
住所:花蓮縣新城鄉七星街58號
電話:+886-3-823-0600

旅色 海外 台湾 宿泊 ホテル