【旅色アンバサダー通信】厳島神社を訪ねて広島へ。歴史と食文化を堪能したリンさんレポートその0

【旅色アンバサダー通信】厳島神社を訪ねて広島へ。歴史と食文化を堪能したリンさんレポート

2018-02-10
22609 Point
アウトドア中心にアクティブに活動している旅色アンバサダーの芳美リンさんが、かねてより行きたかったという厳島神社を訪ねて冬の広島旅行に。実は日本の歴史ある場所が大好きで、定期的に旅しているとのこと。さて、今回はどんな旅だったのでしょう?

「旅色アンバサダー」インスタグラムはこちら

日本三景のひとつ、宮島・厳島神社でパワーチャージ

日本三景のひとつ、宮島・厳島神社でパワーチャージ

tabiiro.jp

推古天皇元年(593)に創建されたと伝えられている厳島神社。当時原始宗教のなごりで、島全体が神の島として崇められ、陸地に建設するのは畏れ多いということから、潮の満ち引きのするところに建てられたとのこと。国宝・重要文化財を数多く有し、ユネスコ世界文化遺産に登録されています。

「海に囲まれている鳥居がすごく幻想的だと思い、厳島神社にずっと行ってみたいと思っていました。なので、今回の旅の一番の目的はこの神社です。寒かったですが、とても素敵な場所でした。島全体がパワースポットなので、エナジーチャージできました!」

「島に多くいる鹿が野生とは思えないほど人間に慣れていて、楽しかったです。鹿越しに鳥居を撮影すると、すごく絵になります」

思いがけず、鹿からもパワーをもらったようです。

ご当地グルメは牡蠣、お好み焼き、そしてウニホーレン!

【旅色アンバサダー通信】厳島神社を訪ねて広島へ。歴史と食文化を堪能したリンさんレポートその3
【旅色アンバサダー通信】厳島神社を訪ねて広島へ。歴史と食文化を堪能したリンさんレポートその4
広島のご当地グルメといえば、牡蠣とお好み焼きと思っていたら、ホテルの雑誌で「ウニホーレン」も名物と知り、それを食べられるお店を探して行ったそうです。

「ウニが大好物なので、絶対食べたい!と思い、このねぎ庵を選びました。ウニとほうれん草の組み合わせが絶妙で美味しかったです!牡蠣は、実は昨年末までアレルギーだと思っていたのですが違うことがわかり、最近食べられるようになりました。ぷりぷりで美味しい、新鮮な牡蠣が食べられたので、冬の広島を思いっきり堪能しました」

店名のとおり、牡蠣もお好み焼きもねぎたっぷり!ご当地グルメがすべて食べられるので、大人気のお店です。

施設情報
◆ねぎ庵
住所:広島県広島市安佐南区川内5-32-9
電話番号:082-831-7289
営業時間:平日11:00~14:30(L.O)、17:30~22:00(L.O)、土・日・祝11:00~22:00(L.O)
定休日:無休

大久野島はかわいいうさぎと悲しい歴史の島

うさぎ島として有名な大久野島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島。フェリーで約15分で渡れます。約700匹のうさぎと触れ合える場として、世界中から観光客が訪れる休暇村となっています。

「うさぎ島は、広島へ行ったら絶対に行きたいと思っていました。たくさんのうさぎちゃんに囲まれる、なかなかできない体験をしました。うさぎの可愛さはもちろん見所なのですが、毒ガスの島としての悲しい歴史を資料館で勉強しました。原爆ドームを訪れたときにも感じましたが、今の平和を皆で守って行きたいと再認識しました」

戦時中は、極秘に旧日本軍の毒ガスを作る島だったので、今も毒ガス貯蔵庫跡や砲台跡があるそうです。リンさんが言うように、過去の負の遺産を見て、悲劇を風化させないようにすることは大切ですね。

広島城でも歴史を振り返り、想いを馳せて

tabiiro.jp

歴史的な名所は必ず訪れるというリンさん、日本100名城に選定されている広島城に行きました。

「広島城を訪れた時、雪が舞っていて幻想的でした。やはりお城は旅先でおさえたい場所です」

原爆爆心地から約1キロメートルの距離にあり、一瞬にして倒壊、現在の城郭建築はすべて再建されたものです。今回の広島旅は、歴史の重みを感じる旅になりました。

おわりに

国内旅行に頻繁に出かけているリンさんに、その魅力を聞きました。

「日本にはまだまだ私の知らない魅力がたくさん!行ったことがない場所はもちろん、回数を重ねることで発見できる穴場など、これからも多くの場所を訪れたいです。そして日本の魅力をもっと海外の方にも紹介したいです」

SNSは世界中から見ることができるので、日本の魅力的な写真を積極的に発信したいものですね。投稿には「#旅色アンバサダー」のハッシュタグをお忘れなく!

「旅色アンバサダー」の情報ページはこちら

旅行 旅色アンバサダー 広島旅 旅色 インスタグラム アクティブ女子 食文化 女子旅 フォトジェニック