「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のレタールームで宮崎旅の思い出を送るその0

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のレタールームで宮崎旅の思い出を送る

2018-07-24
138399 Point
宮崎県にあるホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」には、“レタールーム”という手紙を書くための専用スペースが用意されています。ここにはレタールームコンシェルジュとして山下茂男さんが在籍し、旅先での思い出をより深いものになるお手伝いや手紙を書く事の楽しさを教えています。

宿泊ゲスト専用のスペース

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」2階の宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」の一番奥に位置する「レタールーム」。シーガイアのあふれる魅力を表現した多彩なポストカードが揃い、万年筆や特別な色鉛筆などの上質なツールで、大切な誰かに旅の思い出を手紙で残し、伝えられるための空間です。

3つの投函口を持つアンティークなポストには、2016年8月1日のオープン以降、18,000通を超える手紙が投函されています。
「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のレタールームで宮崎旅の思い出を送るその2
パーカーの万年筆をはじめ、ドイツ・ファーバーカステルの色鉛筆、天然ゴムから作られた大阪・ゴービーのスタンプなど、手紙を書く気持ちが高まる上質なツールを用意。
「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のレタールームで宮崎旅の思い出を送るその3
英国調の内装のレタールームには、手紙を書くだけでなく“手紙そのもの”に関心や魅力を感じられる、手紙をテーマにした本が自由に閲覧となっています。
「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のレタールームで宮崎旅の思い出を送るその4
英国のアンティーク家具をリメイクしたポストには3つの投函口が用意され、“大切なひとへの手紙”と書かれた投函口に入れると切手代をホテルが負担し郵送。

“未来への手紙”に投函すれば最大20年間レタールームに保管され、将来の自分や生まれてくる子どもへ手紙を残すことができます。

そして“あてのない手紙”に投函された手紙は一定期間レタールームに飾られ、「大きくなったらまたパパとママとここにきたい」とお子様のかわいい字で書かれた手紙や、“本当はあなたと一緒に来たかった” という気持ちが溢れている儚いラブレターなど、様々なストーリーが残されています。

「風待ちテラス」

レタールームがある「風待ちテラス」は、リゾートでの滞在における、宮崎旅の“はじまり”と“息継ぎ”のためのテラスです。カフェやベーカリー、アクティビティーセンター、そしてレタールームなどのエリアで構成され、「旅」をテーマにブックディレクターの幅允孝氏によりセレクトされた本を自由に読めるなど、ホテルでの滞在をより豊かなものにする環境を用意した宿泊者専用のエリアです。

旅先だからこそ、今の旬な気持ちを誰かへ伝えたくなったり、自分の気持ちに向き合ったりと、それぞれ手紙という形でなにかを表現したくなるもの。上質な空間で紙に向き合えば、一瞬の大切な気持ちを大切な人や自分へ送ることができるはずです。

施設概要

◆シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
所在地:宮崎市山崎町浜山
 

【関連記事】夏にこそ行きたい宮崎の旅!癒しの滞在ができるおすすめホテル・旅館4選

宮崎県といえば、マンゴーやヤシの木がシンボルの日本の南国というイメージがあるので、これ...

宮崎県 旅行 国内 手紙 リゾート ホテル 宿 お土産