テーマはベートーヴェン。世界最大級のクラシック音楽祭が東京国際フォーラムで開催その0

テーマはベートーヴェン。世界最大級のクラシック音楽祭が東京国際フォーラムで開催

2020-02-06
76841 Point
世界最大級のクラシック音楽祭、「ラ・フォル・ジュルネ 」が今年も開催されます! 今年は日本上陸15周年かつ、ベートーヴェン生誕250周年という記念の年。 この機会に、ベートーヴェンの音楽に触れてみませんか。

ラ・フォル・ジュルネとは

ラ・フォル・ジュルネとは
「ラ・フォル・ジュルネ」は、フランスのナントで年に1回開催されるフランス最大級のクラシック音楽の祭典で、2005年に日本に初上陸しました。それから毎年、ゴールデンウイーク頃に開催されています。今までに3万人以上のアーティストが参加、来場者は延べ866万人が訪れるほどの人気イベントです。

初心者にこそおすすめ

初心者にこそおすすめ
「ラ・フォル・ジュルネ 」はクラシックの音楽祭ですが、親しみやすく、クラシックコンサートに行ったことがない初心者にこそおすすめです。世界中から集った一流アーティストの演奏を、1公演約45分かつ低料金で朝から晩まで楽しめます。

有料公演のほかにも、誰でも気軽に演奏を楽しめるオープンプログラムや、子供向けプログラム、講演会やマスタークラスなどがあるほか、会場周辺ではミニコンサートも行われます。大人から子供まで、気軽に楽しめるクラシック音楽の祭典となっています。

テーマはベートーヴェン! ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020

テーマはベートーヴェン! ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020
今年開催される「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」の日程は、ゴールデンウイーク中の2020年5月2日(土)から5月4日(月)。場所は東京国際フォーラムを中心とした大手町・丸の内・有楽町エリアで、2020年5月1日(金)には前夜祭も開催されます。

今回のテーマは、生誕250周年を迎える「ベートーヴェン」。実は15年前に「ラ・フォル・ジュルネ」が日本に初上陸したときのテーマが「ベートーヴェンと仲間たち」でした。今年はその時の感動や驚きを引き継ぎつつも、新しいベートーヴェンに出会えるような日本最大のベートーヴェン・フェスとなりそうです。

ヒューマニズムにあふれた作品で、人類愛と思いやりを聴く人の心に届けてくれるベートーヴェン。その傑作や19~20世紀の作曲家たちによるベートーヴェンへのオマージュ作品も楽しめます。ぜひ足を運んでみてくださいね。


◆ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020
場所:東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町エリア 他
会期:2020年5月2日(土)~5月4日(月)
チケット発売:2020年2月中旬(予定)

おわりに

今年もゴールデンウイークを熱くしてくれる「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2020」をご紹介しました! クラシックに興味がある人も、まったく初めての人も、ぜひこの機会にコンサートを体験してみてください。

クラシック 音楽 東京 旅行