【2018年5月31日オープン】和食も洋食も楽しめる朝食バイキングが自慢の「スーパーホテル愛媛・大洲インター」その0

【2018年5月31日オープン】和食も洋食も楽しめる朝食バイキングが自慢の「スーパーホテル愛媛・大洲インター」

2018-05-31
31682 Point

image source: tabiiro.jp

「スーパーホテル愛媛・大洲インター」は、松山自動車道の大洲ICから車ですぐの場所にオープンした、国内126軒目となる「スーパーホテル」です。宿泊客への無料サービスである「健康朝食」が自慢で、地元の食材をふんだんに使用する和食・洋食がずらりと並び、健康に配慮された料理の数々は日によって内容が変わるので、連泊しても飽きません。ビジネスだけではなく、“伊予の小京都”と呼ばれる大洲市の観光にもおすすめの宿です。

宿自慢の「健康朝食」をたっぷりと

宿自慢の「健康朝食」をたっぷりと
栄養バランスなどが配慮された、和洋バイキングの朝食。地元業者と連携しているので、その土地の食材を使う料理や、郷土料理が毎朝提供されます。

料理の内容は仕入れによって変わり、焼きたてパンは数種類の中から選べます。契約農家から直接仕入れる旬の有機野菜は、保存料・化学調味料無添加のオリジナル・ドレッシングでどうぞ。また、挽きたてのコーヒーや果汁100%のジュースも美味しいですよ。
【2018年5月31日オープン】和食も洋食も楽しめる朝食バイキングが自慢の「スーパーホテル愛媛・大洲インター」その2

快適な客室、選べる8種類の枕

快適な客室、選べる8種類の枕
全室に150cm幅のダブルベッドを配置し、ホテルオリジナルのマットレスを使用しています。また、大型液晶テレビ、加湿器付空気清浄機、有線・無線LANなども完備なので快適です。

90cm幅のロフトベット付きの客室「スーパールーム」は子ども連れのゲストに人気で、2部屋つなげて「コネクティングルーム」として利用すれば、最大4名で宿泊できます。

「枕が変わるとよく眠れない」というゲストのために、8種類の枕から好みのものを選べるサービスがあります。一般的なポリエステルのほか、綿、低反発素材、高反発素材などの枕が揃っているのが嬉しいですね。
【2018年5月31日オープン】和食も洋食も楽しめる朝食バイキングが自慢の「スーパーホテル愛媛・大洲インター」その4

疲れを癒す男女別の天然温泉「朝霧の湯」

ホテル内にある男女別の湯処で、天然温泉を楽しめます。源泉は「大洲鉱泉」で、泉質は低張性の弱アルカリ性冷鉱泉。筋肉痛や関節痛、うちみ・くじき、冷え性、疲労回復などに効能があるそうです。男女入れ替えをしないので、15時から翌朝9時までいつでも入浴できます。観光や仕事でチェックインが遅くなっても利用できるので安心です。のんびりと湯に浸かって、疲れを癒しましょう。

“伊予の小京都”と呼ばれる大洲市

愛媛県大洲市は“伊予の小京都”と呼ばれ、日本城郭協会が選ぶ「日本100名城」のひとつである大洲城や、景勝地として知られる3,000坪の「臥龍山荘」などの観光名所も多数あります。

シーズン中であれば、鵜飼いも見学できます。また、宿から車で20~30分の八幡浜にある道の駅「アゴラマルシェ」は、お土産探しにおすすめの場所です。


全国展開している「スーパーホテル」は、ビジネスホテルのイメージが強いのですが、「スーパーホテル愛媛・大洲インター」は、観光の拠点にもぴったりな宿ですね。コインランドリーなどの長期滞在に便利な館内施設も揃っているので、小さな子ども連れの家族にも便利な宿ではないでしょうか。


◆スーパーホテル愛媛・大洲インター
住所:愛媛県大洲市東大洲1487
電話番号:0893-37-9000


 

【関連記事】朝食を制する者は旅を制す?!朝ごはんが魅力的なホテル4選

今度の旅のきっかけとして“朝ごはんが美味しそうなホテル選び”はいかがでしょう?朝ごはんが...


【関連記事】日本七霊山のひとつから東洋のマチュピチュまで!愛媛県内の景勝地4選

愛媛県には道後温泉やしまなみ海道などの有名な観光スポットのほかに、ぜひ足を運びたい景勝...

旅行 国内 ホテル オープン 大洲 愛媛県