「星野リゾート 界 長門」がオープン! 「藩主の御茶屋屋敷」がテーマの宿で洗練された山口を感じる その0

「星野リゾート 界 長門」がオープン! 「藩主の御茶屋屋敷」がテーマの宿で洗練された山口を感じる

2020-03-05
61560 Point
山口県・長門湯本温泉に、「星野リゾート 界 長門」が2020年3月12日(木)にオープンします!
地域の文化や食を体験でき、同ブランド初の宿泊客以外も利用できるカフェも登場します。

星野リゾート 界 長門

星野リゾート 界 長門
山口県・長門湯本温泉に2020年3月12日(木)オープンする「星野リゾート 界 長門」は、星野リゾートが全国に展開している温泉旅館ブランド「界」の16番目の宿泊施設となります。山口県北部にある温泉地である長門湯本温泉の、中心に流れる音信川(おとずれがわ)にかかる橋、曙橋のたもとに開業されるので、川のせせらぎや風景など、自然と調和した時間が過ごせます。

星野リゾート「界」は、地域の食や文化を体験できる旅行ブランドなので、ただ温泉に泊まるだけではない体験ができます。

テーマは御茶屋屋敷

テーマは御茶屋屋敷
「星野リゾート 界 長門」のテーマは、「御茶屋屋敷」です。長門の湯は江戸時代に歴代の藩主が湯治に訪れていたとされる温泉地でもあるので、藩主が参勤交代をするときに本陣として使ったとされている「御茶屋屋敷」を現代に融合させた建築となっています。

客室は山口県の武家文化を反映させた藩主が泊まる部屋をイメージし、寝台を1段高くしたり、高貴さを感じさせる格子状の囲いを採用しています。山口県の無形文化財に指定されている室町時代から800年も続く華やかな「徳地和紙」や、茶の湯の陶器として使われていた焼き物の「萩焼」なども取り入れられています。

山口の美食を堪能

山口の美食を堪能
「星野リゾート 界 長門」の食事は、地域の素材や食文化を取り入れている温泉旅館ブランド「界」ならではの山口の食材を使った会席料理となっています。山口県はイカの摂取量が全国第2位なので、肉厚で柔らかく、甘みが強い活きイカを先付やお造りで堪能できます。

器にも意匠が凝らされていて、酢の物、お造りを盛り合わせた華やかで目にも嬉しい宝楽盛り、八寸には萩焼の器と桶が使用されています。半個室の食事処で、旬の食材を使った会席料理を楽しみましょう。

宿泊客以外でも利用できるカフェ

宿泊客以外でも利用できるカフェ
「星野リゾート 界 長門」には、「界」ブランド初となる宿泊客以外も利用できるショップとして、「あけぼのカフェ」が併設されます。カフェでは、海外から持ち込まれ、日本では山口県が最初に栽培したと言われる「夏みかん」や、山口県オリジナルの柑橘「長門ゆずきち」を使ったジャム、ほのかな酸味を感じられるどら焼き、カフェラテなどが販売されます。

「星野リゾート 界 長門」は、「長門湯本温泉マスタープラン」の一部としてオープンします。
温泉街には、川床や川沿いのテラス、夜間照明なども設置される予定です。


◆星野リゾート 界 長門
住所:山口県長門市深川湯本2229-1
電話番号:0570-073-011
オープン:2020年3月12日(木)

おわりに

山口県の武家文化を体感できる「星野リゾート 界 長門」は、2020年3月12日(木)にオープンします! 宿泊利用はもちろん、界ブランド初となる宿泊客以外も利用できるカフェにもぜひ行ってみてください。

星野リゾート 山口 オープン 旅行