幻想的な風景が目の前に。日本国内のおすすめ雲海スポットその0

幻想的な風景が目の前に。日本国内のおすすめ雲海スポット

2017-08-30
42474 Point

image source: tabiiro.jp

雲海とは、高いところから見下ろした雲が海のように見える現象を指します。季節や天候など、条件が揃わないと発生しない自然現象のため、なかなか見ることは難しいのですが、その分見れた時の感動はひとしお! この秋冬は、雲海を見にでかけてみてはいかがでしょうか。

国見ヶ丘

国見ヶ丘

tabiiro.jp

「国見ヶ丘」は、宮崎県にある標高513メートルの雲海の名所です。建磐龍命という神武天皇の孫がここから国見をしたという伝説が名前の由来で、民謡「正調刈干切唄」の発祥地でもあるなど歴史を感じられる場所です。

高千穂随一の眺望の良さを誇る「国見ヶ丘」の雲海は、高千穂盆地や山々をシルエットのみを残して浮かばせるので、墨絵のような景色になります。9月下旬から11月の早朝に、幻想的な風景を見に行きましょう。


◆国見ヶ丘
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町押方
電話番号:0982-73-1212


星野リゾート トマム

星野リゾート トマム

tabiiro.jp

高級リゾートホテルで知られる星野リゾート。あの「雲海テラス」が有名な「星野リゾート トマム」なら、早朝に雲の上でコーヒーを楽しめるという贅沢な体験ができます。「雲海テラス」は10月中旬までの営業ですが、宿泊客だけでなく、日帰り客でも利用が可能。
宿泊はしなくても、雲海を一度見てみたいという方は、こちらを訪れてみるのもおすすめです。


◆星野リゾート トマム
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム
電話番号:0167-58-1111


備中松山城

備中松山城

tabiiro.jp

岡山県にある「備中松山城」は、「天空の山城」としても知られています。これは、雲海の上に浮かぶ天守がとても幻想的に見えるため。国の重要文化財でもあり、現存する天守を持つ山城としても日本で最も高いところにあるので、雲海がなくても天空のお城らしい姿を見ることができます。

雲海に浮かぶ姿が見たければ、秋から春にかけての早朝と日中の寒暖差が大きい日を選びましょう。雲が厚すぎると逆にお城も隠れてしまうので、運よく見られた時にはぜひ目に焼き付けてください!


◆備中松山城
住所:岡山県高梁市内山下1-1
電話番号:0866-22-1487


竹田城跡

竹田城跡

tabiiro.jp

「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれている「竹田城跡」は、雲海に包まれている姿がまさに天空にあるお城のようで幻想的です。山城遺跡としては貴重な完存する遺構でもあり、直接訪れても歴史を感じさせてくれる城跡です。

雲海に浮かびあがる「天空の城」の姿を見られるのは、晩秋の季節のよく晴れた早朝。朝早くから登山をして見に行くことになりますが、忘れられない絶景が広がっていると絶賛されているスポットです。


◆竹田城跡
住所:兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169
電話番号:079-674-2120


雲海 スポット 旅行 国内 観光 絶景 宮崎県 熊本県 岡山県 兵庫県