500円で3時間の極上体験。あの「睡眠カフェ」が更に進化して登場その0

500円で3時間の極上体験。あの「睡眠カフェ」が更に進化して登場

2017-08-25
55087 Point
9月3日は睡眠の日ということで、「ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ」が銀座「CHAIRS」に2017年8月31日(木)から9月9日(土)の期間限定でオープンします!3月には原宿で開催されて話題を読んだ「睡眠カフェ」、行ったことのない人はぜひ足を運んでみてください!

睡眠カフェとは?

睡眠カフェとは?
「ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ」は、社会的問題となっている日本人の慢性的な睡眠不足に注目して、良質な睡眠を体験したり、「コーヒーナップ」を提案することを目的としているイベントです。

全日本ベッド工業会に加盟している8社のベッドを使用し、さらに睡眠にぴったりの明るさや色をカスタマイズできるIoT照明、安眠ミュージックが準備されているので、スムーズに眠りにつけるだけでなく、上質な睡眠が体験できるようになっています。また、脳波センサーとアプリを使用した眠気を把握できる脳波計や、光目覚まし機能がついた「起こしてくれるアイマスク」を利用することも可能です。

コーヒーナップとは?

コーヒーナップとは?
「ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ」で体験できるのは、「コーヒーナップ」という新しく提案されている仮眠のスタイルです。カフェインが作用するまでに時間がかかることを利用して、コーヒーを飲んでから15分ほど仮眠します。起きたころにカフェインが作用するため、目が冴えてパフォーマンス向上にも役に立つ……とされています。

日中に眠気が襲った場合、長時間の仮眠をとってしまうと逆に眠気が残ってしまうことも……。そのため、短い仮眠をとれる「コーヒーナップ」は眠気対策に有効な手段だと言われています。

ぐっすりコース

「ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ」では2つのコースが用意されています。ひとつは最長3時間の睡眠が体験できる「ぐっすりコース」。こちらは仮眠でなく、上質な睡眠を体験するのが目的です。眠る前に「ネスカフェ ゴールドブレンドカフェインレス」を飲み、リラックスした状態をつくります。

そして全日本ベッド工業会に加盟している8社が厳選したマットレスで眠ったあとには、カフェイン入りの「ネスカフェ ゴールドブレンド」で快適な寝起きを実現。質の良い眠りを体験できる、というわけなんです。

お昼寝コース

一方、お昼寝コースは「コーヒーナップ」を体験するコースです。日中に起こった眠気対策としての短い仮眠を体験するコースで、体験時間は最長30分。まず、眠る前にカフェイン入りの「ネスカフェ ゴールドブレンド」を飲み、自由自在に形を変えられるフランスベッド社のドーナツ状のクッション「スリープバンテージ フルール」を使って、椅子での仮眠をとります。

「睡眠カフェ」ではぐっすり眠るか仮眠をとるかによって、その目的に合わせたコーヒーを飲むスタイルを提案しています。質の良い睡眠とコーヒーの組み合わせを体感しに、ぜひおでかけしてみてはいかがでしょうか。


◆ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ
場所:東京都中央区銀座8‐9‐13 2F(銀座「CHAIRS」)
期間:2017年8月31日(木)~9月9日(土)11:00~21:00(ラストオーダー20:30)※8月31日のみ15:00からオープン
電話番号:ネスレ お客様相談室0120-00-5916(受付時間:年中無休)
全日本ベッド工業会03-3832-7833 (受付時間:平日10:00~16:00)
体験料金:ぐっすりコースは最長3時間の睡眠体験、利用料金500円。お昼寝コースは最長30分の仮眠体験、利用料金200円。

睡眠カフェ 銀座 オープン カフェ 東京都 都内 期間限定 睡眠 観光 イベント