ゲストハウスでひとり旅を満喫!「HOSTEL&BAR Cuore倉敷」を選ぶ理由その0

ゲストハウスでひとり旅を満喫!「HOSTEL&BAR Cuore倉敷」を選ぶ理由

2017-03-10
85956 Point

image source: tabiiro.jp

人に合わせる必要もなく、自由気ままに新しい土地を観光できるひとり旅。時間を気にすることなくゆったりとすごす時間や、何のしがらみも無い場所での新しい出会いや景色も魅力ですよね。そんなリフレッシュのできるひとり旅の拠点に、お洒落なBARのあるゲストハウスはいかがでしょうか?
今回は美しい白壁の街並みや個性豊かな文化が楽しめる岡山県倉敷にある「HOSTEL&BAR Cuore倉敷」を紹介します。

リフレッシュするひとり旅におすすめ~倉敷とは~

リフレッシュするひとり旅におすすめ~倉敷とは~

pixabay.com

岡山県倉敷市は、江戸時代に江戸幕府の直轄領「天領」として栄えた、瀬戸内海沿岸に位置しています。塗屋造りの町家や白壁土蔵造りの町並みが川沿いに並んでいる倉敷美観地区が有名ですよね。またその周辺には、日本初の私立西洋近代美術館「大原美術館」や、倉敷の発展を支えた「倉敷紡績」の創業当時の原綿倉庫を利用した倉紡記念館がある「倉敷アイビースクエア」など文化的な観光名所がたくさん。
そして、テレビなどでもよく取り上げられる、四国と岡山を繋ぐ瀬戸大橋を望む壮大な景色も含めて、忙しい日々を忘れてリフレッシュするのにぴったりな観光地です。

リフレッシュするひとり旅におすすめ~ホテルの立地~

リフレッシュするひとり旅におすすめ~ホテルの立地~

www.photolibrary.jp

そんな倉敷の美観地区にある「HOSTEL&BAR Cuore倉敷」。
観光の際、ホテルから出る時も、帰ってくる時も、川沿いの美しい景色を堪能することができます。
実は美観地区の街並みは夜も魅力的なのを知っていましたか?レインボーブリッジや恵比寿ガーデンプレイス、大阪城などのライトアップを担当した有名な照明デザイナー石井幹子氏が手がけた夜の景観は、静かでロマンチックな美しさを持っています。
夕食の後に、ひとり物思いに耽りながら夜の散歩を楽しんでみてはいかがでしょう。

リフレッシュするひとり旅におすすめ~選べるスタイル~

リフレッシュするひとり旅におすすめ~選べるスタイル~
もともと結婚式場だった建物をスタッフが協力してリノベーションしたホテルで、訪れた人に楽しんでもらいたいという気持ちが詰まっています。
こだわりのアンティークルーム「Cuore room」や和室が楽しめる「Kurashiki room」でゆったり1人を満喫するのもよし、旅慣れた人は「Domitory room」で新しい旅の仲間との出会いを楽しんでみるのもいいかもしれません。「Domitory room」は複雑に組まれた遊び心の詰まった2段ベッドがあり、女性専用もあります。

どの部屋もリーズナブルな価格で泊まれるのも嬉しいポイントです。

リフレッシュするひとり旅におすすめ~カジュアルバー~

リフレッシュするひとり旅におすすめ~カジュアルバー~
地下1階には、24時まで営業しているカジュアルバーが併設されています。お酒を飲んだ後すぐ自分の部屋に戻れるのは嬉しいですよね。

お洒落な空間で、フランス産のシードルやバーテンダーの作るオリジナルカクテル、種類豊富なタパスが楽しめます。なんでも宿泊客のリビングとしても使えるので、県外だけでなく外国からの宿泊客も集まる交流の場にもなっているのだとか。夜の散歩の後にお洒落なバーでお酒を飲みながら、旅先での話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか?


◆HOSTEL&BAR Cuore倉敷
住所:岡山県倉敷市中央1-9-4
電話番号:086-486-3443
営業時間:11:00~24:00(LO23:30)
定休日:無休

 

【関連記事】旅行後の暮らしが変わりそう。岡山の「カフェリブロ」がおしゃれで素敵!

旅行で岡山県を訪れたら、定番観光スポットの津山城跡から車で11分ほどの「カフェリブロ」を...


【関連記事】見るものすべてが特別になる。「サンライズ出雲・瀬戸」でいく鉄道旅

「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」は、山陰エリアと四国エリアから東京までの間を走って...

旅行 ひとり旅 バー 倉敷 岡山県 リフレッシュ バー 夜景 国内 ゲストハウス