【旅色コンシェルジュが提案】女子の「好き」がつまった1泊2日の岡山女子旅~1日目~その0

【旅色コンシェルジュが提案】女子の「好き」がつまった1泊2日の岡山女子旅~1日目~

2017-12-09
59988 Point

image source: tabiiro.jp

トラベルウェブマガジン「旅色」が提供する、ひとりひとりの要望に合わせた旅行プランを無料で作成する「旅色コンシェルジュ」。数々の旅程を提案してきた“旅行プランナー”が今回ご紹介するのは、岡山県。フルーツやデニムはもちろんのこと……実はマスキングテープも有名。そんな女子の「好き!」が詰まった1泊2日の旅行をご案内します。

1日目:岡山駅に到着

1日目:岡山駅に到着

www.photolibrary.jp

東京駅から新幹線で3時間20分、新大阪駅から45分で岡山駅に到着。バスや電車の便も多く、公共交通で観光が楽しめます。

まずは岡山駅前駅から岡山電軌東山線で約4分、城下駅で下車し「岡山城」を目指します。

1日目:「岡山城」観光

1日目:「岡山城」観光

tabiiro.jp

天下人となった豊臣秀吉に厚遇されて大名となった宇喜多秀家が、秀吉の指導を受けて築城した「岡山城」。外観が黒いため、別名「烏城(うじょう)」とも呼ばれています。

城内には建築の特徴や歴史を学べる展示エリアを設けているほか、備前焼体験と着付け体験が楽しめるスポットとなっています。着付けは天守閣2階で開催され、無料で体験可能。ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。


◆岡山城
住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
電話番号:086-225-2096


1日目「豚蒲焼専門店 かばくろ北長瀬店」で昼食

1日目「豚蒲焼専門店 かばくろ北長瀬店」で昼食

tabiiro.jp

「岡山城」から徒歩約15分でバスターミナルの「天満屋BC」に到着。中庄線で約12分で「岡山ドーム入口」で下車してすぐの場所に、岡山名物・豚蒲焼、通称“ぶたかば”発祥の店「かばくろ」の北長瀬店があります。

炭火でじっくり焼き上げた“ぶたかば”と、タレが染み込んだご飯の相性が絶妙な一品です。また、そのまま薬味と一緒にダシをかけて茶漬でと、3種の味が楽しめる「ひつまぶた」も人気です。


◆豚蒲焼専門店 かばくろ北長瀬店
住所:岡山県岡山市北区今1-9-27
電話番号:086-250-4896





お腹がいっぱいになったら、次の観光スポットへ向かいます。まずは岡山駅に戻るため、お店から徒歩で約15分の「北長瀬駅」へ。山陽本線で約5分で岡山駅に到着です。

1日目:「吉備津神社」を参拝

1日目:「吉備津神社」を参拝

tabiiro.jp

岡山駅から吉備線で約20分。「吉備津駅」で下車し、徒歩約10分の「吉備津神社」に到着。

tabiiro.jp

桃太郎ゆかりの神社として知られる「吉備津神社」は、なんと温羅(鬼)の首が埋められたと伝わる御釜殿がある不思議な神社です。

重要文化財に指定されている社殿3棟も必見ですが、特に360メートルにもおよぶ大廻廊は圧巻の眺めが広がります。大廻廊が後ろのほうまで映る構図にすると、雰囲気のある一枚が撮影できます。


◆吉備津神社
住所:岡山県岡山市北区吉備津931
電話番号:086-287-4111


1日目:「はこきび」でひとやすみ

たっぷり観光を楽しんだら、吉備津彦神社近くの「はこきび」でひとやすみを。吉備津神社参道口からバスで約5分、「小松橋」で下車し、徒歩約3分の場所にある古民家カフェです。

アンティークな家具や小物がノスタルジックな雰囲気を演出している店内は、ほっと心落ち着く空間が広がっています。どれも温かなメニューが揃っていますが、優しい味わいと定評のあるパンケーキセットがおすすめです。


◆はこきび
住所:岡山県岡山市北区一宮572
電話番号:086-259-2888

1日目:「センチュリオンホテル&スパ倉敷」に宿泊

tabiiro.jp

2017年7月にオープンしたばかりの「センチュリオンホテル&スパ倉敷」は、遊び心がちりばめられたスタイリッシュなデザイナーズホテルで、居心地のよさも追求されています。
また、サウナが併設されたラジウム温泉の大浴場も併設され、旅の疲れを癒すにはもってこいの場所です。


◆センチュリオンホテル&スパ倉敷
住所:岡山県倉敷市阿知2-4-6
電話番号:086-436-6631


旅行 岡山県 国内 観光 女子旅 旅色コンシェルジュ プロ プラン