気軽な日帰り入浴も可能。“美肌の湯”を堪能できる宿4選その0

気軽な日帰り入浴も可能。“美肌の湯”を堪能できる宿4選

2018-04-30
35482 Point

image source: tabiiro.jp

日頃の疲れを癒すリフレッシュ旅ならやっぱり温泉へ。宿泊するほどスケジュールに余裕がない人も大丈夫。“美肌の湯”が堪能でき、日帰りでも利用できる温泉宿を4軒ご紹介します。

椎葉山荘(佐賀県・嬉野温泉)

椎葉山荘(佐賀県・嬉野温泉)
湯上がりに肌がすべすべになると定評のある、“日本三大美肌の湯”に数えられる嬉野温泉。高温で無色透明の湯は、ナトリウムを多く含む希少な泉質です。

嬉野温泉を心ゆくまで堪能するなら、全国各地にリピーターがいる名宿「椎葉山荘」へ。
館内の「山の湯」は、開放感に満ちた渓流沿いの露天風呂と、山の緑を目の前で満喫できる屋内風呂が男女それぞれに設けられています。
また、宿から少し離れた場所にある大露天風呂「しいばの湯」は、嬉野温泉随一の広さで、日帰り温泉としても人気。大きな岩と豊かな木々に囲まれ、まるで森の中で湯浴みをしているような贅沢な気分を味わえます。


◆椎葉山荘
住所:佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内字椎葉
電話番号:0954-42-3600


ホテル シルク温泉やまびこ(兵庫県・シルク温泉)

ホテル シルク温泉やまびこ(兵庫県・シルク温泉)

tabiiro.jp

「山陰海岸ジオパークエリア」内に位置し、4億5000万年前の蛇紋岩と7000万年前の花崗岩の間から湧いている「シルク温泉」を堪能できる宿「ホテル シルク温泉やまびこ」。

とろりとした泉質で、重曹泉と硫酸塩泉の双方の効能により不要な角質が落ちるといわれ、保湿効果も感じられることから“美肌の湯”と言われています。入浴後のシルクのようなすべすべ肌には思わずうっとり。化粧水や乳液のなじみもアップするそう。
日帰り温泉としても利用できるので、地元や関西エリアの日帰り客も多く、遠方から訪れるリピーターの宿泊客も多い人気の温泉です。


◆ホテル シルク温泉やまびこ
住所:兵庫県豊岡市但東町正法寺165
電話番号:0796-54-0141


伊東 緑涌(静岡県・伊東温泉)

伊東 緑涌(静岡県・伊東温泉)

tabiiro.jp

伊豆のなかでも屈指の湯量を誇る伊東温泉の宿「伊東 緑涌」。肌の汚れや古い角質を落とすクレンジング効果があると言われるpH8.6のアルカリ性単純温泉が堪能できます。趣の異なる全7室の客室は、好きな時に好きなだけ湯浴みができる源泉掛け流しの庭園露天風呂付き。
隣接している本館「伊東小涌園」の浴場も使うことができ、こちらは日帰りでの利用も可能。「あつ湯」と「ぬる湯」の湯船がある大浴場と、四季折々の景色が楽しめる露天風呂はどちらも魅力的です。

また、めずらしい“飲める温泉”も名物。温泉の成分を体の中に取り入れることで、よりも温泉パワーを吸収できるとか。まずは湯船にゆったりと浸かって癒され、一息ついたら飲泉にもチャレンジを。


◆伊東 緑涌
住所:静岡県伊東市広野2-2-5
電話番号:0465-20-0027(予約センター)


ホテル翔峰(長野県・美ヶ原温泉)

ホテル翔峰(長野県・美ヶ原温泉)

tabiiro.jp

美ヶ原温泉の高台に佇み、全客室から雄大な北アルプスと松本の市街地を一望する「ホテル翔峰」。敷地内に湧く弱アルカリ性単純温泉の“美肌の湯”を、開放的な大浴場の内湯や、庭園の露天風呂、貸切風呂、足湯などで堪能できます。また、きめ細かな泡と超音波で体を芯からほぐしてくれる、露天風呂に併設されたジャグジーは、すっきりリフレッシュできると女性に好評だそう。

天気のよい日には、美しい北アルプスの峰々を一望できる絶景の足湯をぜひ。開放感抜群の環境で、足元からじんわり体があたたまっていくのを感じながら、清々しい空気を胸いっぱいに吸い込みましょう。食事と入浴がセットになった日帰りプランを利用するのもおすすめです。


◆ホテル翔峰
住所:長野県松本市里山辺527
電話番号:0263-38-7755


温泉 旅行 国内 宿 旅館