長崎の優雅な文化、激動の歴史を大人の修学旅行で体感。おすすめスポット4選その0

長崎の優雅な文化、激動の歴史を大人の修学旅行で体感。おすすめスポット4選

2018-03-18
34694 Point

image source: tabiiro.jp

たくさんのことが学べる、知的好奇心を刺激される旅行をしませんか? 外国との玄関口であった長崎県は、歴史的に大きな意味を持つスポットがたくさんあります。
今回は、大人の修学旅行におすすめの長崎県のスポットを4つご紹介します。

大浦天主堂

大浦天主堂

tabiiro.jp

長崎市にある「大浦天主堂」は、在留外国人のためにつくられたゴシック調の教会で、現存しているなかでは国内最古。100年前の美しいステンドグラスが使われていたりと、壮麗な建築美が見どころです。

日本でキリスト教が禁止されていたころ、隠れキリシタンたちが信仰を告白し、世界中を感動させた「信徒発見」の舞台となった場所でもあります。

時代の激動を感じる教会で歴史に思いを馳せてみては。


◆大浦天主堂
住所:長崎県長崎市南山手町5-3
電話番号:095-823-2628
開館時間:通年 8:00~17:45(閉館18:00)
定休日:無休
料金:入場料=600円

※教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。
見学の際は教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。


グラバー園

グラバー園

tabiiro.jp

長崎の観光で欠かせない「グラバー園」は、長崎市内に点在していた明治期の6つの洋館を移築、復元した野外博物館です。
世界遺産の構成資産であるイギリス商人のグラバー邸や、旧オルト住宅、旧リンガー住宅などを見学することができ、明治期の文化を体感することができますよ。

立ち並ぶ洋館や四季折々の花を咲かせる庭園の美しさにも注目です。また、園内にあるハートストーンは恋愛成就のパワースポットとしても人気。

異国情緒を愉しむひと時を過ごしましょう。


◆グラバー園
住所:長崎県長崎市南山手町8-1
電話番号:095-822-8223
開館時間:通年 8:00~17:40(閉園18:00)、4月下旬~GW、7月中旬~10月上旬、クリスマス時期は延長あり
定休日:無休
料金:入園料=大人610円、高校生300円、小・中学生180円、小学生未満無料

軍艦島

軍艦島

tabiiro.jp

「軍艦島」は、近代化産業を担う炭鉱都市「端島炭鉱」として栄えた長崎市の島です。
最盛期の昭和には小学校や娯楽施設まであり約5,300人暮らしていましたが、現在は廃墟の無人島に。
明治日本の産業革命遺産を構成する資産のひとつとして、世界文化遺産にも登録されています。

ツアーガイドの説明を聞きながら島の一部を見学することができますが、それぞれのツアー会社が1日2便程度なうえ、天候にも左右されるので余裕をもった計画がおすすめです。

島全体が繁栄当時のまま残っている、不思議な空間を体験する旅へ。


◆軍艦島
住所:長崎県長崎市高島町端島
電話番号:095-822-8888

長崎原爆資料館

長崎原爆資料館

tabiiro.jp

1945年8月9日に長崎市へ落とされた原子爆弾による被ばくの惨状や、投下されるにいたった経緯、核開発の歴史や平和への願いが展示されているのが「長崎原爆資料館」です。
原爆落下中心地を含めた「平和公園」内にあり、有名な平和記念像や平和祈念館なども一緒に観ることができます。

何度でも訪れて、歴史に学び、平和のために何ができるか考えたいですね。


◆長崎原爆資料館
住所:長崎県長崎市平野町7-8
電話番号:095-844-1231
開館時間:通年 8:30~17:00(閉館17:30)、5~8月は~18:00(閉館18:30)、8月7~9日は~19:30(閉館20:00)
定休日:無休(12月29~31日は休み)
料金:大人200円、小・中・高校生100円
高齢者は健康手帳、障がい者は各種障がい者手帳持参で入館無料

長崎県 大人 スポット 旅行 国内 観光