旅先を“したいこと”から選んでみよう。福岡旅行で体験したい4つのことその0

旅先を“したいこと”から選んでみよう。福岡旅行で体験したい4つのこと

2017-06-08
52781 Point

image source: tabiiro.jp

豚骨ラーメンをはじめ、水炊きや中州の屋台など、ならではの食文化が発展している博多。今回は、定番の屋台めぐりをおさえつつ、福岡旅行で挑戦してほしい4つの体験をご紹介いたします。

学問の神「太宰府天満宮」に参拝

学問の神「太宰府天満宮」に参拝

tabiiro.jp

福岡県太宰府市にある「太宰府天満宮」は、菅原道真を祀り、京都にある北野天満宮と併せて全国天満宮の総本社とされています。毎年初詣は全国から約200万人以上もの参拝客が訪れる一大スポット。元々は菅原道真の亡骸を牛車で運んでいたところ、ここで牛が伏して動かなくなったために、そこ祠を建てて祀ったのが太宰府天満宮の起源だそう。境内には、藤原道真を偲んで都から飛んできたという伝説の梅の花もあり、その梅の花の焼き印の入った「梅ケ谷餅」もぜひ食べてみてくださいね。


◆太宰府天満宮
住所:福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
電話番号:092-922-8225
営業時間:6:30~19:00 ※閉門、時期により異なる
定休日:無休


桜井二見ヶ浦で夕陽を見よう

桜井二見ヶ浦で夕陽を見よう

tabiiro.jp

福岡県糸島市にある志摩サンセットロード沿いにある「桜井二見ヶ浦」。「日本の渚100選」や「日本の夕陽100選」に選ばれているスポットで、美しい日本海を眺められます。海だけでなく、夫婦岩と言われる巨大な2つの岩と鳥居が建ち、イザナギとイザナミを祀っているパワースポットとしても有名。
毎年夏至の時期になると、夫婦岩の間を夕陽がゆっくりと沈んでいく幻想的な姿を見ることができます。この素晴らしい夕焼け目当てに博多を訪れるのもおすすめですよ。


◆桜井二見ヶ浦
住所:福岡県糸島市志摩桜井4433-1~3
電話番号:092-322-2098


中州で屋台めぐり!

中州で屋台めぐり!

www.photolibrary.jp

博多の食文化を象徴する「屋台」。スタンダードなラーメンからおでん、中華にイタリアン、フレンチ、アジア料理など様々な料理が並びます。100軒を超える屋台がひしめきあい、どの屋台も多くの人でにぎわっています。屋台ビギナーの方はちょっと尻込みしてしまうかもしれませんが、気になる屋台がある場合は思い切って飛び込んでみましょう!
入るときは店主に「営業中ですか?」「3人ですが入れますか?」などと一言声をかけるとスムーズ。中には準備中の屋台もあるため注意しましょう。席に座ったらメニューの値段をチェック! 値段が書いていない屋台だと会計時にいくら請求されるか分からないため、初心者にはあまりおすすめできません。
メニューチェックが終わったら、頼みすぎないような品数でオーダーし、追加は店主の手が空いた時を見計らって。隣の人や店主との会話を楽しむのが屋台の醍醐味です。積極的にコミュニケーションをとってみましょう!


◆中州の屋台
住所:福岡市博多区
営業時間:店舗により異なる

原鶴温泉を楽しむ

原鶴温泉を楽しむ

tabiiro.jp

福岡県内でも屈指の歴史を持つ原鶴温泉。原鶴温泉の近くを流れる築後川では鵜飼が行われ、四季の情緒を感じることができるエリアです。そんな原鶴温泉にある明治18年創業の「六峰舘」は、「ゆとり」「ここち」、そして「やさしさ」を程よく感じることができる宿です。美肌の湯として有名な原鶴温泉を源泉かけ流しで堪能でき、九州各地から取り寄せたこだわりの高級食材や、福岡県産の旬の食材を使用した料理はまさに絶品。落ち着いた和の佇まいの歴史ある宿で、極上の大人の寛ぎの時間を過ごしましょう。


◆六峰舘
住所:福岡県朝倉市杷木久喜宮1840
電話番号:0946-62-1047


福岡県 旅行 体験 観光 スポット 国内 博多 中州 屋台 グルメ