伝統的な湯宿の文化を肌で感じる・岩手県「長栄館」その0

伝統的な湯宿の文化を肌で感じる・岩手県「長栄館」

2017-09-04
61250 Point

image source: tabiiro.jp

日本旅館の文化を丁寧に伝える「長栄館」。宿の自慢は、なんといっても湯量豊富で新鮮な天然温泉を100%源泉掛け流しで楽しめること。極上の湯に癒された後は、贅をつくしたお料理をゆったりとお部屋でいただきましょう。どこか懐かしく、思わず日本人でよかったと思う、そんな旅時間が待っています。

①窓からの眺めに癒される癒しのひと時

①窓からの眺めに癒される癒しのひと時

tabiiro.jp

「長栄館」は、緑豊かな自然の中にたたずむ大人のための隠れ宿です。窓を開ければ、四季折々の山里の風景や、川のせせらぎと湯けむりに情緒を感じる鶯宿温泉の景色が眺められ、しっとり心を癒してくれます。

新館の緑山亭は現代風数寄屋造りになっていて、華美になりすぎない落ちついた雰囲気が心地よい和室です。そのほか10畳の和室に2畳の広縁のついた広々とした客室や、ツインのベットルームとソファーを備えた和洋室もあり、グループ旅行や大人数の家族旅行にもぴったりです。

②何も手をいれない貴重な100%源泉掛け流し

②何も手をいれない貴重な100%源泉掛け流し

tabiiro.jp

1滴の水も混ぜていない100%源泉掛け流しの温泉は、国内の温泉でも珍しいとされています。そんななか、「長栄館」では毎分1000リットルという温泉が湧き出し、湯船に溢れるように注がれています。泉質は弱アルカリ性単純硫化水泉で、無加水、無加熱、無ろ過、無循環と、もちろん源泉100%。効能豊かな湯を存分に堪能してください。

源泉の証ともいえる湯の花が多く、肌あたりがとても柔らかいうえに、湯上りの肌はとても滑らかで美肌効果も期待できます。温度や色味がその時々で異なるのは、何も手をいれないからこそ。日本ならではの檜風呂は、さらに香りが高く、贅沢な気持ちになれること間違いありません。

③素材にこだわる贅をつくした料理の数々

③素材にこだわる贅をつくした料理の数々

tabiiro.jp

極上の温泉のあとは、料理長自慢の贅をつくした料理の数々。“本当に美味しいものを食べてほしい”という願いから、素材からこだわりが感じられます。ぜひ味わってほしいのは「牛すき焼き膳」。「長栄館」オリジナルのブランド牛「はつみのり」を、お肉本来の味が堪能できるすき焼きでいただきましょう。人気の会席膳「鶯月膳」では、アワビの中でも最高級とされ、身が引き締まり、旨みが凝縮された“三陸産天然活アワビ”がいただけます。春の時期は期間眼底の「河豚会席膳」もおすすめです。

④旅の疲れをほぐすアロマもおすすめ

④旅の疲れをほぐすアロマもおすすめ

tabiiro.jp

温泉宿ながら普通のマッサージだけでなくアロマエステも完備されているのが嬉しいところ。温泉で温まった体をさらにほぐして、旅の疲れを癒しましょう。良質なアロマオイルを使い、五感に働きかけて深いリラックス効果も得られるアロマエステは、気軽に受けれるリフレクソロジーや、本格的なボディマッサージ、エステが初めての人のための「お試しコース」、足がお疲れの人に人気の「フット基本コース」などメニューも充実しています。


◆長栄館
住所:岩手県岩手郡雫石町鶯宿6-7
電話番号:019-695-2121



岩手県 鶯宿温泉 長栄館 旅行 国内 温泉