“おいしい!”にあふれた北海道。一度は食べてみたい「名物鍋」とはその0

“おいしい!”にあふれた北海道。一度は食べてみたい「名物鍋」とは

2017-02-08
160185 Point

image source: tabiiro.jp

寒い冬の定番料理といえば、準備も簡単で、体も温まる鍋ですよね!
でもちょっと飽きてきたという人は、北海道の名物鍋を参考にしてみてはいかがでしょうか。

モヨロ鍋

モヨロ鍋

tabiiro.jp

「モヨロ鍋」の「モヨロ」というのは具材などのことではないんです。網走で見つかった古代遺跡から、それまで知られていた先住民族のアイヌとは違う文化を持っていた人々がいたことがわかり、出土した土器などから「モヨロ人」「モヨロ文化」と名づけられました。オホーツクには「オホーツク文化人」が暮らしていたことがわかってきたんです。そこで、オホーツクの魚介類を使用し、オホーツク塩を使った塩味をベースにした「モヨロ鍋」が考案されました。謎の先住民「モヨロ」をイメージした、懐かしくて郷土愛のつまった網走のご当地鍋です。

石狩鍋

石狩鍋

tabiiro.jp

北海道の石狩市が発祥の「石狩鍋」はご当地鍋としても有名ですよね!
鮭の美味しさが引き立つよう、鮭のぶつ切り、あらを入れ、甘みを引き出すキャベツや玉ねぎといった野菜を投入。豆腐、こんにゃくといった具材も入った味噌ベースのお鍋となっています。

特徴は、最後に山椒を振りかけること。これにより、魚の臭みがおさえられ、味噌の生臭さもなくなり、うまみが引き立つそうですよ。

キンキ鍋

キンキ鍋

tabiiro.jp

「キンキ鍋」も網走のご当地鍋として有名ですね。キンキは煮つけなどでも使われる高級魚ですが、漁獲量は網走が一位。

キンキまるごと一尾を鍋に入れ、野菜やきのこ、豆腐と一緒に煮込んだ鍋は、キンキの脂や出汁、コラーゲンがよく出てコクのある味わいになります。地元ならではの新鮮な魚を使っているので、旨みが強いのが特徴です。冬の網走に行ったら、ぜひ食べておきたいメニューです。

カジカ鍋

tabiiro.jp

北海道の身近な魚を使った名物鍋が、「カジカ鍋」です。カジカとは魚の名前で、キモを食べたり唐揚げにしたりもできる、北海道ではお馴染みの魚です。ちょっと深海魚を思わせる外見ですが、とても美味しいそう。

カジカのアラからとった出汁と白味噌仕立ての鍋は、白菜、長ネギ、エノキなどの野菜とも相性抜群。北海道では居酒屋などでも注文できる定番メニューなので、旅行に行ったらぜひ試してみてくださいね。

名物 旅行 北海道 グルメ 飲食