【旅色コンシェルジュが提案】グルメ・歴史・温泉を仙台市内で楽しむ1泊2日旅行プランその0

【旅色コンシェルジュが提案】グルメ・歴史・温泉を仙台市内で楽しむ1泊2日旅行プラン

2018-03-17
44414 Point

image source: tabiiro.jp

トラベルウェブマガジン「旅色」が提供する、ひとりひとりの要望に合わせた旅行プランを無料で作成する「旅色コンシェルジュ」。数々の旅程を提案してきた“旅行プランナー”が今回ご紹介するのは、杜の都・仙台。市街地に緑が多くのんびりとした雰囲気でグルメや歴史・温泉すべてを「仙台市内」で楽しめるのも魅力です。

1日目:「阿部蒲鉾店 本店」で手焼き笹かま体験

東京駅から新幹線で1時間半で仙台駅に到着。まずは仙台駅から徒歩約10分の場所にある「阿部蒲鉾店 本店」で手焼き笹かま体験に挑戦! 創業以来、こだわりの笹かまぼこを提供し続けてきたお店で、観光客だけでなく、地元の方からも高い支持を得ています。

こちらで実施している「手焼き笹かま体験」は、所要時間は10分ほど、1回210円(税込)と気軽に体験できるのが魅力。仙台の名産品ともいえる笹かまぼこを焼きたてでいただきましょう!


◆阿部蒲鉾店 本店
所在地:宮城県仙台市青葉区中央2-3-18
電話番号:022-221-7121

1日目:仙台名物・牛タン焼発祥の名店「味太助本店」で昼食

仙台名物・牛タン焼発祥の名店「味太助本店」の牛タン

tabiiro.jp

手焼き笹かま体験が終わったら、徒歩10分の場所にある「味太助本店」でランチを。こちらは1948年に初代店主が仙台市中心部に牛タン焼の専門店を開業し、現在3代目が腕をふるっている牛タン焼発祥の名店です。長年愛される牛タンの味は、下ごしらえに本場ならではの技が光り、噛むほどにジューシーな旨味が口に広がります。


◆味太助本店
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-4-13
電話番号:022-225-4641
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:火曜日






お昼を食べたら、伊達政宗を祀る「瑞鳳殿」へ向かいます。徒歩約3分のバス停「定禅寺通市役所前」で約22分、「向山二丁目」で下車し、徒歩約6分です。

1日目:「瑞鳳殿」を見学

1日目:「瑞鳳殿」を見学

concierge.tabiiro.jp

奥州地方を統一した伊達政宗が眠る「瑞鳳殿」は、政宗公の威風を伝える御廟色彩鮮やかで絢爛豪華な霊廟。瑞鳳殿見学後は資料館に立ち寄り、歴史文化の関係資料などを見て回りましょう。仙台の歴史に触れ、学びある旅になりますよ。


◆瑞鳳殿
住所:宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
開館時間:2月1日~11月30日 9:00~16:30(最終入館時間)、12月1日~1月31日 9:00~16:00(最終入館時間)
休館日:12月31日(資料館 1月1日)

1日目:「壱弐参(いろは)横丁」をぶらり歩き

再び「向山二丁目」からバスに乗車し、約11分。「青葉通一番町駅」で下車し、徒歩約2分の場所にある「壱弐参(いろは)横丁」へ。

誕生から70年以上経ち、飲食店や衣料品、物販店など130店以上のお店が軒を連ねている、ぶらり歩きするにはもってこいのスポットです。レトロな雰囲気を楽しみつつ、休憩をするならマクロビオテックを基本にしたスイーツや食事を提供している「オーク・カフェ」がおすすめ。ヘルシーで健康的な一品で、ほっと一息つきましょう。


◆ふれあい百店街・壱弐参(いろは)横丁
所在地:仙台市青葉区一番町2-3-28

1日目:秋保温泉「ホテルニュー水戸屋」にチェックイン

tabiiro.jp

「壱弐参(いろは)横丁」での散策を楽しんだら、歩いて10分ほど先にある仙台駅へ戻ります。本日宿泊する「ホテルニュー水戸屋」では、事前予約制で仙台駅からの送迎を行っています。15時、または16時発のバスが運行しているので、事前予約を忘れずにしておきましょう。

tabiiro.jp

宿自慢の「薬師の湯」には、趣の異なる3つの大浴場「水心鏡」「月宮殿」「梅の粧」があり、全16種の湯めぐりを楽しめます。旅の疲れをゆっくりと温泉で癒しましょう。


◆ホテルニュー水戸屋
住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師102
電話番号:022-398-2301
チェックイン/チェックアウト:14:30/11:00


2日目:「磊々峡(らいらいきょう)」を散策

www.photolibrary.jp

2日目、ホテルをチェックアウトしたら徒歩約12分の場所にある「磊々峡(らいらいきょう)」へ。秋保温泉の入口にかかる覗橋を中心に、奇岩が重なってる峡谷が約1km続くスポットです。遊歩道があるので、巨岩の形の違いを比べながら散策してみてください。


◆磊々峡
所在地:宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原


散策が終わったら、続いて「二ッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸溜所」へ。磊々峡から徒歩約12分の「湯向」バス停から乗車し、約20分で愛子駅に到着します。バスの本数が少ないため、出発の曜日に合わせて時刻表を必ず確認しましょう。平日であれば10時52分発、土曜日は11時2分発、日祝であれば10時7分発のバスがおすすめです。 

さらに、愛子駅から仙山線で約10分、作並駅に到着。「作並駅前」停留所から仙台駅行きのバスに乗車し、「ニッカ橋」停留所で下車します。「二ッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸溜所」は、停留所から徒歩すぐの場所にあります。
仙台駅行きのバスの本数も少ないため、出発の曜日に合わせて時刻表の確認を。平日は12時5分発の仙台市営バス、土・日・祝であれば「二ッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸溜所」が運行している無料シャトルバスを利用するのがおすすめです。

2日目:「二ッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸溜所」を見学

concierge.tabiiro.jp

深い森の中にあり、厳粛な雰囲気を感じることができる「二ッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸溜所」。緑豊かな自然景観をそのまま活かした工場内には蒸溜棟やキルン塔、赤煉瓦の貯蔵庫、ゲストホールなどが存在しています。

こちらで行っている見学ツアーは、ガイドを受けながら製造工程の見学ができ 最後に試飲のサービスがあります。二ッカウヰスキーの魅力を五感で感じた後は、施設内のギフトショップへ仙台工場限定のウィスキーや、まろやかな甘さアップルワインまで、様々な種類のお酒が揃います。プレゼントしたい相手の顔を思い浮かべながらの買い物も、楽しいひとときです。


◆二ッカウヰスキー 仙台工場 宮城峡蒸溜所
所在地:宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
電話番号:022-395-2865
営業時間:9:00~11:30、12:30~15:30(ガイド付き蒸溜所見学)
定休日:公式HPで確認
※案内係のガイド付き蒸溜所見学は要事前予約


好みのお土産を購入したら、バスで作並駅まで戻り、仙山線で約40分で仙台駅に到着。新幹線で東京へと帰りましょう。
以上で仙台旅行の全行程が終了。東京から新幹線で約1時間半と、意外とアクセスが良いのも仙台の魅力です。春めいてきた今の時期にグルメ・歴史・温泉を満喫する旅へでかけてみませんか。

旅行プラン作成のプロ!「旅色コンシェルジュ」って?

今回、一泊二日の仙台旅行プランを提案してくれた「旅色コンシェルジュ」は、トラベルウェブマガジン「旅色」による旅の要望や希望に合わせて宿泊施設などを紹介してくれる無料のサービスです。

電話やネットで検討中の旅行先、日時、予算などを伝えるだけで、最大3つの旅行プランを提案してくれます。必要に応じて宿泊先の予約代行も対応してくれるので、旅行に行きたいけれども旅行プランを計画している時間がない方にはぴったり!

サービス利用料・代行料は一切かかりません。ぜひこの機会に、旅のプロに旅行プランを作成してもらってみてはいかがでしょうか?

旅色コンシェルジュの詳細はこちら

 

【関連記事】【旅色コンシェルジュが提案】群馬で春のリフレッシュ旅!日帰りいちご狩りプラン

いちご狩りのシーズン到来! だんだんと暖かくなってきて、春の訪れが感じられるこの季節。...


【関連記事】【旅行プランナー・旅色コンシェルジュが提案】日本酒・温泉・酒蔵見学!夫婦二人で行く1泊2日の新潟旅

トラベルウェブマガジン「旅色」が提供する、ひとりひとりの要望に合わせた旅行プランを無料...

旅行 宮城県 スポット プロ 旅色コンシェルジュ 国内 旅色 プラン 観光 温泉 歴史